東京都府中市 京王線府中駅前【顎関節症に詳しい医院】

10:00~18:30(土曜17:30まで)
日曜・木曜・祝祭日 休診

ご予約
ご相談
042-352-1551

じっくりと事を進め、
急がず、確実に。

顎関節症に詳しい歯科医院

このサイトでは、顎関節症、噛み合わせなどの問題について、当院の考えや取り組みを紹介しています。

このホームページは、事、咬合(噛み合わせ)という世界を、とことん掘り下げて紹介していこうという、そんなエネルギーで、書いております。

別に、全ての項目を読まれる必要は無いかと思います。
知りたい、あるいは、面白そうじゃない、そんな興味をもたれた方には、頑張って、是非読破されてください。

どの章も、一話完結になるよう、工夫しております。

ですので、決して、全部読まれようとはされないでください。
それよりかは、ご自身が、興味あるいは、必要性を感じられた部分を読んでいただければ、良いと思うのです。
そして、知りたい分野だけ、読まれて欲しいと思うのです。

また、私自身、成長するホームページでありたいと思う想いがありますので、定期的にをしている側面もあります。

そして、書いている私自身が、ある種楽しんでいる側面すらあります。
そう簡単には読破されるものかと…だから、決して、全部を読まれる必要性は感じておりません。

楽しみたい方がいれば、是非読破されてください。

特集

新シリーズ

『歯科と医科の盲点』
最終更新 2018.04.13
私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥ってしまいました。いえ、正確に言うと必要に迫られました。

このシリーズを読む

  • NEW

    最終更新 2019/05/24
    頸部
    頸部と咬合の捉え方と言えばいいのでしょうか?ずーっと悩んできたように思います。歯科医ですから、歯科医の勝手な悩み事と思います。ですが、う~む。何か捉え方を見出した気がします。
    押して駄目なら引いてみな。こんな言葉にヒントがあると気が付けた時、ちょと嬉しい。
    そんな日があってもいい。

    個人の感想文でした。
    おしまい
    カテゴリ
    ブログ

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/05/11
    C線維に対峙するというべきか…
    連休も終わり、気がつくと令和が始まっていました。あっさりと慣れるものだから、耳で最初に捉えた違和感などあっさりしたものでした。

    ただ、一部のメディアなのでしょうか?皇室制を天皇制と言い換えがお約束通り始まっていると表現すべきか?彼らが得意の言語の質を変換させる行動にひそかに眉を顰める立場を取っています。ま、あっしの独り言という事で。
    めでたい時期に、ま、色々とはやし立てる事が好きなようで…何か違うけど、幻想主義の時間で生きている方々には仕方ないのだろうなと、合掌でもしないとどうにもならないのだろうと思っている次第です。静かに心で噛みしめるという事は、この輩は出来ないのでしょうね?一体、こいつらはどこに所属しているんだろうと、嫌になります。

    ま、さておき。

    痛みというのもお勉強をしていくとAδ、C線維が結構厄介なのねと、知るようになります。もしかしたらあっしも、幻想に生きているだけかもしれないので惑わされないでほしく思います。

    ところで、このC線維。こいつは、本当に厄介な代物と臨床では思っている次第です。何が厄介かと?

    あっしら歯科医が、ライセンス者として徹底的にトレーニングを受けるのはAδに対する痛み。考えるとC線維に対し何と対応が弱いものか…そんな事を、お勉強するにつけ思うこともあります。

    見えてくると、これもさらに厄介で…細かい事は省きますがC線維,交感神経の抹消に連なっていやがる。いやがると、嫌がりながらも知らないといけなくなる。
    で、口にもC線維がある。これが、身体にメッセージを与える事があるとすれば…

    ま、幻想家なのかもしれません。

    このC線維の闘い。結構、臨床家にとっては相当に知れば知るほど厄介なものとあっしは思っています。幻想家ではありません。

    5年越しで戦った元線維筋痛症?総合失調症?あっしには、診断権があるか分かりませんから、お医者先生が診断されたある病名と別に、歯科治療後発症という事で引き受けました。歯科治療の取り残しがあったもので。
    患者から、あの当時、横になって眠れなかった。テーブルに肘を立ててうたた寝するしかなかった。深夜治療もあったし(これは、幻想家の面目躍如というご理解で)、帰る事を諦めて眠る事を忘れて次の日を迎えたこともあったかもしれない。(歯科です。幻聴や幻想が今更ながら見えているのでしょう。左の嘘と同じとしたくありませんが、仕方ない)

    笑いながら今日、そんな会話をさせていただきました。

    筋肉の問題にC線維と気がつき納得し、対峙する。これには、きっと歴史があったような気もします。

    あ、幻想主義の歴史ですと、モリカケの犯罪は暴かれていて逮捕されたのでしたっけ。あ、軍靴が闊歩しているのでしたっけ。結構、垂れ流しているようにあっしには感じますが、報道の自由が侵されていたのでした。でも、ジャーナリストの誰一人検閲にも、行方不明になっていないのですが、きっと、気のせいですよね。行方不明者を、早く左は紹介してほしいと願っていますがね。

    本当の拉致の同胞には冷たいと捉えてもいます。

    そういえば、今日歯科治療後***という患者が来ます。
    ありゃりゃ、C線維だと、幻想病に陥ります。

    ま、反射確認を(多分)行い、(多分)身体が変わった。で、口腔の悩みが結構、消えるじゃん(多分)という事を確認してもらいます(多分)

    さて、何に問題があるのか。多分、ここからがあっしの仕事の域なのでしょう。

    ま、C線維という存在は厄介かもという幻想のお話でした。

    真実より、書きたいことだけを手を変え品を変え出される(このように感じる)報道の自由が無いと嘆く方々を前に、あっしは一人幻想家に所属した方が良い気もしています。

    おしまい






    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/04/27
    朝貢ね・・・あっしには兆候というか、そんな匂いを感じる方が大事だけど
    朝貢っていう言葉をメディア方が言葉を投げかけて驚いた。あまりに無責任な言葉と思うけれど、多分この人らには適切な表現なのでしょうね。あっしは国が強くならなければ、社会が強くなれないし。社会が強くなければ、個人は強くなれない。個人が強くなれば、人に優しくなれる。人に優しくなれば、個人は強くなりと、好循環が生まれやすいと捉えています。

    ここで、問題表現は国が強くという所になるのでしょう。メディアの方は国が強くなる=戦争。という発想を必ず持たれるようですが、この法則は日本にだけあてはめられる。いつも違和感と不思議という感覚を覚える次第ですが…

    そういえば、メディアの方が大好きな平等。
    これに対しても、違和感だらけです。
    そもそも平等になれば、人に優しくなれるという方があっしには無理があるよなって思います。

    みんな平等に病気になれば、治す人がいなくなるじゃん。(治す人=強い人というよりが元気な人って事なんでしょうね)
    みんあ平等に失業すれば、保証を担保する人がいなくなる。(担保する人=強いというよりは経済力というのでしょうね

    平等に給料を上げれば、皆豊かになる。と、一見、理想的な事を行われている国もあるようですが、実際は、無理を相当強いるのだろうな。そんな風にあっしには思えてなりません。実際、逆に失業者が増えているようです。ま、他所の国のお話なのでこれぐらいにして。

    競争があって、良い人材を確保するために、良い人材が頑張るように必要に応じて給料が上がる社会の方が健全のように思えますが、平等にあこがれるメディアの方々には気に入らないようで。でも、民主党時代は不景気で自殺者は増えて、弱者にやさしい社会を目指すと言いながら、弱者にとても厳しい結果しかなかったように今もって思います。他所の国は、今まさに、日本のあの頃の政策をさらに激しくした政策を行っているようです。ですので、実際には相当に厳しい運営をそれぞれの事業所単位でされているのではと想像するに容易いですし、苦しまれているのではと妙に思う時もあります。

    ま、日本より民主主義は成熟しているそうですし、政府批判は出来づらくても報道の自由度は高いようですし…
    この国のメディアの方々は、政府批判から与党政治家の個人批判は相当と感じますが、報道を管制されているそうです。その挙句が朝貢をしていると事らしい。なんのこっちゃと、書いていて意味が分からない。

    公平や公正の方が大事と思いますが、これだときっと調子悪いのでしょう。夜盗は、審議1分でおさぼり。公正・公平の視点で見ると問題です。
    ですが、平等の視点で見ると参加している事実がある限り、不問。

    平等と言えば便利にさぼれる。実社会でさぼれば、全てを失う。この劣化ぶり発揮の夜盗は平等で守られ、社会はこの劣化に侵される。それでも、報道の自由がないそうです。いっその事、サンゴに傷つけても平気なのですから、吉田調書が出るまで原発では全員逃げたと嘘を言うのも屁とも思わない。日本人は性奴隷制を大事にしていると偏見を出すのも平気なのですから、自由がない証拠として自社の社員が国に強制連行されたと何時もの分かりやすい屁理屈を作り出せばいいのに。そんな事を考えたりもします。そこまでしてこそ、反日メディアの真骨頂と思います。その下で、朝貢と報道されれば完璧と思いますが。何かが足りない。もっと、激しくなければ君ら朝日ではない。そんな事を感じます。

    チマチマ書くのではなく、いつもの分かりやすい反日から始めればいいのに。ちょっと、物足りない。

    そういえば、あっしの仕事は多分、兆候を見抜くことが要求されていると感じる時があります。うまく言えませんが。

    良い兆候、やばい兆候。いろいろとありますが…

    C線維を調べると、出てくる。出てくる。関連痛という奴が。この関連痛がまずい。これを対峙するモビライゼーションもようやく落ち着きを見せている気もしますが、中々といった所です。でも、同時に、幾何ばかりの感覚表現ですが、朝陽を感じる時もあります。朝日を明確に感じる時、少しうれしいのかもしれません。この素敵な言葉がいち早く回復する事を願ってやみません。

    関連痛の激しい患者の痛みが取れる時はホットします。でも、関連痛がまだ読み切れない患者は、本当に臨床家として苦しい。兆候を見逃してはいけない。

    少しばかり連休を過ごしたく思います。

    関連痛の発生原因を論文化すべく纏めてみたく思っています。
    おしまい


    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/04/27
    滅菌
    滅菌の新しい機器を入れる事になりました。明日から稼働させますが、システムはゆっくりと作っていかなないといけないのだろうなと、思っております。水も精製させ、作業が始まっていく。はぁ~。面倒な作業が入ると、治療とは別に仕事が増える事を意味します。ただでさえ、ぎりぎりの人数でやっているのに(募集しても中々、衛生士は集まらないし。何とか4人体制は維持していますが)仕事が増える。
    経営者の顔に戻る時、申し訳ないという気持ちと感謝で一杯です。
    安全の為と、一つの大事な事と思っていますが、複雑な心情は相変わらずです。

    消費税が上がらないと良いなって思っても、メディアの方々はそんな風を吹かす事は全体にされない。むしろ、そんな事を述べる政治家が問題と張り切られる。なんだかな~。
    消費税に対してはメディアの方が動かないと野党の方々は(夜盗という表現で示す方もおられるみたいですね)、戦争法案を廃止する事に張り切られる。でもね、仕事はおさぼりをされる。なんだかな~。

    意味が分からない。そう思いつつも、あすから新システムの稼働です。滅菌の体系化をゆっくりと進めていかねばならないという所でしょうか?
    薬液を使う頻度が減ることは良いのかと思う事とします。

    凹まず歯科をやらないとね。それ以外、何も出来ないし。

    ファイト!

    おしまい
    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/04/23
    滅菌レベルは上げるけれど、しっくりこない・・・だよな
    1)滅菌レベルを上げる事しました。パンデミックというのでしたっけ?
     上手い表現ではないですが滅菌のレベルを上げる事としました。どうやら、お国も滅菌に対し本格的に水準を上げる気構えを見せられているのかなって理解したもので。
     感染症が流行らないようクリニックレベルでも万全を図る事にしたいのでしょう。勝手ながらにそのように個人のあっしは受け止めています。そして、動機はともあれしぶしぶ受け入れる事としました。その準備という位置づけです。アウトブレイクという映画のサブタイトルではありませんが、ここが発症起点に為る訳にも行くまいと個人の経営者として考え直します。
     感染対策という起点で、保険点数が少し変わります。果たしてこの点数が、設備投資に対し妥当なのかというと甚だ疑問です。ですが、国家試験では感染の捉え方は相当に変わってきているようです。表現を変えればあっしらが学んだ基準は化石という表現が妥当の様です。ただね…と、個人のあっしは星を見たくなります。

    2)一部のメディアは定期的に滅菌の事を取り上げられます。
     定期的に一部のメディアが歯科の滅菌対策について取り上げている事は知っていました。気に食わない事は、如何に遅れているか。この視点で表現する。個人としてはこれが気に入らない。次に、定期的に院内感染を徹底的に起こした病院を取り上げる。これは致し方ないのかもしれませんが、パンデミックにヒステリーに為られる事が一番気に入らない。気に入らないでは仕方ないので、どうしてそんな事が起きているのだろうと”しぶしぶ”調べる真似事をします。国の政策に密接に絡んで起きていると捉える方が良いのだろうと思ったのが個人の感想です。あくまでも個人の感想ですから、調べられご自身の意見としてまとめられると良い気もします。そうそう、一番気に食わないのは日本のモラルが最低とか、先進国ではないという根拠が曖昧(とあっしには思える)の中、この視点で取り上げられているように感じるからでしょう。

    移民を受け入れるかどうか、あっしは疑問を持つ立場でいます。しかし、それが国の政策であれば選挙で自分の意思を出す以外ないのだろうと捉えてもいます。

    ですが「この移民と言われる他所の国の人に問題がある。」これがあっしが納得した一つ目。けれど、人権という言葉が大好きな人が聞いたら早速”いただきます”と弄られるのでしょう。

    一時期、院内感染の発生に於いて抗生剤が効かないという問題が紹介されたことがあります。この抗生剤が効かない菌(医学視点では誤りですが)ウィルスが登場してきた。ここで、国内の抗生剤よりも強い耐性を持ったよその国の人が来たとする。仮に、この方が何かの病気を持っていたら、地域流行の引き金を引く可能性がある。耐性が強くて(その国ではーどこの国と名指しはすべきでないと思います)薬自体も日本より過激な場合もある。国内でも効かないと問題になっていたのに、海外産はもっと怖い場合もあるでしょう。

    国は(多分この表現が妥当と個人的には思っています)移民政策に舵を切りだしている。強制に帰国させる事も出来ない。それは、平等が大好きな人権派がお認めに為る訳がない。そうなると,従来の滅菌システムでは耐えられない可能性がある。そう考えると、国は流石ですね。教育レベルでは特に状況を変えられている。これを防ぐという作戦と考えれば滅菌について政策を舵取られるのは適切なのでしょう。でも、個人は罹病者に関してはパンデミックを防ぐ為には強制帰国もある一つの姿と思います。これを言おうものなら、情報の方々は命懸けで日本は日本人だけの物で無いと反対をされるからどうにもならないのでしょうが…

    性病がという感染率の高まりを何気に注意していました。この数字関係も正直に捉えると、素直に対策を取ろうと考えるようになります。でも、それを専ら移すと言われている国を調べると、勘弁してくれよなって、個人のあっしは思ったりもします。

    そうそう、日本はシナや儒教より滅菌は遅れているんだって。

    3)日本は下流の国になっているそうですが…
    滅菌システムはヨーロッパやアメリカはクラスBという方策を取っているそうです。そもそも、移民をウェルカムとされていたのはどこでしたっけ?と問いかけたくなります。水までも管理する。それが滅菌上大事とこれは否定しません。でもね。生水が飲めない事実をどこかに置かれて情報の方々はあおる。日本の上水下水の管理は生水まで担保する力があるのに、片方はそれがない。
    水を飲める状況を作れる方が上流という捉え方もありますが、下流だそうです。水を飲めるシステムを持つ方が、先進性が高いと思いますが下流扱い。
    日本のシステムが仮に、飲むレベルまで保証できるものであるなら、クラスBという発想も向こうに置かれる気がします。
    水が汚いから、診療機関で滅菌に耐えうる水を精製し滅菌をする。水が奇麗だから、滅菌をする。どちらに先進性があるというべきなのか。あっしは、水が奇麗な方に先進性があると思うのですが、どうにも情報の方には気に入らない。

    ま、戦争法案と(いつこの名前になったのか分かりませんが)煽りまくった情報の方は、一副幹事長が消費税は状況によっては中止するというと、法律を守らないのかと煽る。意味は分かりません。消費税は上がらないに越したことはない。100年大丈夫と言われた年金制です。その為の消費税アップでした。これ以上何を求めるのか。というのが、あっしの個人の感想。消費税を上げないとう点に賛美ではなく、法に対して煽りまくる。8パーセントで十分でしょう。下げて欲しいぐらいです。

    そうそう、エイズという感染症があります。一時は(個人的にはアメリカのニュースからこの存在を知ります)人類を滅亡させる感染症と言われていたように思います。今は、エボラウィルスにその地位を譲りますが。これが、世界に広まったらどうにもならないようです。

    アメリカにもモラルが壊れた歯医者がいたようですね。自らがエイズに感染しました。自分の体液を針なり歯科用具につけて患者の治療にあたった。そして患者が見事に発症をした。歯医者は消息不明になります。結果、滅菌に対する法体系が出来上がります。この法体系を作る政治哲学は凄いと感心したりもします。

    ところ変わって、あっしのの国。戦争法案と煽った野党の人。今度は、安保法案と名称を戻して廃案法案を出されるようです。それよりやる事あるだろう。よその国の人まで管理するとなれば、マイナンバーを上手に利用するとか。でも、こう言うことは人権と平等の前にダメらしい。この管理をさせない努力をする連中のお陰で、パンデミックになる可能性の水際を今回の保険点数改変で狙っているように個人としては感じるようになります。

    どこかが違うと思うのですが、憲法改正は国民の権利と称しながら、永遠に権利を認めない人々がいる限り真正面から問題にあたる事が出来ないのではないかと危惧を覚えます。


    4)滅菌レベルを上げると決めました
    煽られるのではなく、事実を積み上げて滅菌システムを向上する道をあっしは選びました。新聞の方々も、もっと精査されれば情報として相当にインパクトあるものに為るでしょうに。煽る以外難しいのでしょうかね。
    個人としては個々の医療機関の見えざる努力を、遅れているという分かりやすい上から目線ではなく、対応しようという評価で気持ちよく賛歌していただいても時には良いのではないかと思うのですよね。個人規模と言えファミリカー1台か2台購入する決断は結構重いものです。(下手すれば3台分)機器が安いものであるならさっさと行います。そんな額でないから、上から目線が相当に頭にくるのでしょう。個人規模でなければ、もっと高い負担だと思います。
    国はインフレターゲット2パーセントを目標にしているようです。日銀の総裁はギブアップと息は絶え絶えの様ですが、なんか違うよねと思います。消費しまくる感じです。借財の見通しが立ったので決断をしましたが、借財の見通しが出来なければ今も苦しんだでしょう。国が決めたことに対し選挙以外対抗手段がない側としては、受け入れざるを得ないと思っています。でも、移民政策を取らなければこの投資はなかったのだろうと思うと妙に複雑です。

    それだけ国からライセンスを貰った側は、国の狙いを時に怯えながら考える以外ないようです。

    10パーセントはないかも。と個人の所感を述べられた政治家の言葉は本当に、あっしは嬉しかった。それを、おかしいと煽る情報の方々は、豆腐の角に頭をぶつけてしまえと心から願掛けをしましたよ。でも、不思議。モリカケ共闘の野党の方々は、今回は乗りませんでした。何故?代わりに、戦争法案の廃止を出すみたい。この言葉から受けると、戦争をあたかもしているようですが、仕掛けられているの間違いなのではと個人のあっしは思ったりもします。

    長くなりました。もし、読んでくださる方がおられたら感謝します。

    消費税アップは断念が、本当に願いです。さて、どうなることやら。

    あっしも言ってみたい。気がつかなかった。だから、問題ないとね。
    おしまい




    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/04/20
    ゴールデウィークだ
    ゴールデンウィークが始まりますね。平成から令和に変わるその時体験できるから、素晴らしい事なのでしょう。始めて”れいわ”という音を聞いた時、妙な違和感を覚えました。平成と言う音を聞いた時も、違和感を覚えたから、そんなもんなのでしょう。こんな風に受け止めています。いずれ、慣れると思っています。
    しかし、3つの時代をまたぐという経験も、見方を変えれば面白い風景を体験できると感謝したい。そんな素直な気持ちを持っています。

    ただ、9連休はいろいろな意味で痛い。一経営者という側面、日銭商売の側面。正直、9連休は経営という顔を表に出すと頭が痛い現実もあります。スタッフの日頃にご苦労や、張っている日々の気持ちを鑑みると、ご先祖様から連なる一風景。それぞれが御代替わりを受け止める時間があっても、良いのかな。国体の大ごとです。それぞれの静かな受け止め方を尊重する。それもありかなって思うことにしました。

    でも、歯科医として個人の出来る事は別です。技工士と打ち合わせ。難症例の方の治療はやろうと決めこみました。

    ホント、口から派生する問題は厄介です。これをアクセプトされるか分かりませんが論文化に挑戦してみようと思います。何かの役に立つなどと大それたことなど狙っていません。一歯科医の経験から、私らが抑えている価値観ではこの口から派生する問題は、時にまったくもって対峙出来ない場合がある。この理由を多分、自分になりに出したいのでしょう。

    そういえば、滅菌システムの更なる向上を図ろうと準備に入る予定です。詳細は、いずれ紹介したく思いますが結構大変な思いもしています。

    国体の出来事を横に茶化すような文体は、文才のない私には調子悪そうです。

    驚くニュースが個人の目に入ります。
    天皇制は不平等でしたっけ?人権問題でしたっけ?それが大好きな共産党が公安対象組織というのは何となく知っていました。が、朝日新聞も公安対象という情報が目に飛び込んできたときは驚きでした。

    でも納得。性奴隷制を広めた彼ら。対象でなければおかしいと妙に納得します。

    そうそう、駐車場のコインパーキング。お金を払わない努力はご立派と思いました。こんなせこい事で公安対象とは、どうしたの?と、妙に思いました。共産党の方は、気がつかなかった。というのが言い分の様でした。きっと、そうなのでしょう。

    この2つの組織。
    もりかけ。戦争法。徴兵制、軍靴の音。と、一生懸命訴えられていました。そろそろ街に影響があってもよさそうですが?

    ま、公安対象という事で、あっしは距離を置く方が適当なのだろうと思いました。
    明日は選挙です。投票に行かなきゃね。

    おしまい



    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/03/15
    週刊ポ〇トで、歯科特集をやっていました
    そういえば、週刊ポ〇トで、歯科特集をやっていました。職業柄なのでしょうか。
    内容はご興味がある方がおられたら、是非お手に。

    唯、思った感想を。
    ひと昔の特集は、想像力が逞しいのねと、苦笑いをしつつも今回のスタートは結構調べられたのねと、感心しました。

    でも、アッシは幾つかで疑問を感じもしました。
    取材された記者の立ち位置が、いまいち不明確と感じたからだと捉えたからでしょうか?

    どっちつかずの立ち位置と言えば良いのでしょうか?
    国が悪いのか?不正を行う歯科医が悪いのか?あるいは、生きるために不正を選ぶ歯科医が哀れなのか?

    背景の歯科材料を起点に詳細に調べられた事は感服しました。その対応策としてノンメタルで出来る手法が保険でもあると紹介もされていました。但し、このシステムはあまり採用されていない。偉い先生が接着性を有効活用しないからだと方法論を反証に使用されておられるようですが。

    併せてノンメタルに関し歯科医は保険で行える手法を積極的に使うべきとはっきりと書かれないのか?
    (アッシは、保険のノンメタルは相当に慎重な立場を取っていますが)

    自信なさげに書かれているように手前勝手に思います。

    材料の選択権は歯科医サイドにあるとアッシは承知しています。

    金属アレルギーを起こす事が問題と捉えるならば、金属に対する問題を正々堂々と書かれればいいでしょうに。
    選択される金属が問題なら、理想はこうだと書かれればいいでしょに。
    国の政策が問題とするなら、その見地で正々堂々書かれれば良いでしょうに。


    専権事項を問題視されているのか、不正請求を問題視されているのか。あるいは、金属を使う事自体を問題視されているか?

    保険でモーラ出来切らない事を問題視されているのか?


    仮に保険で全てをと纏めるとなれば、そこに対する突っ込みは満載でしょうが。
    (世界中、歯科治療をこの国ほど保険制度で守ろうとしている国はない現実がある)

    何を相手に伝えたいのか?

    なんか、ひたすら主体性が無い中問題を主張して、この主張が正しいと書かれているようで。立ち位置が分からないよな、っと、国語力がないアッシは思いました。

    でも、似ている気がします。
    憲法9条があるから、憲法9条は正しい。
    問題を見つけたから、このスクープは正しい。

    押しつけ憲法と歴史から紐解かれていて、それ自体主体性が無いのに、憲法9条は正しい。
    保険で不正をする歯科医がいるから、金属は問題だ。

    その金属をコントロールする国に問題がある。
    9条をおかしいと思うと、戦争をしたいに違いない。

    金属であればもっといい金属を使ってもいい筈だ。
    拉致を無かったことにすれば、拉致は無いと言っていい筈だ。
    そうだ、同胞は死んだことにしちゃえ。

    嫌駄目なら、そうでない方法もある。
    双方悪いのだから、日本が歩み寄る事が出来ると思う。


    全く、立ち位置が分からない主張を聞かされるから、国語力が弱いアッシにはこの手のきらいのスクープについていけないのだろうな。

    ま、楽しみに読まさせて頂こうと思います。

    おしまい



    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

  • NEW

    最終更新 2019/03/13
    歯の顔は大事だよな。といい加減が許される奴ら
    歯を支える組織に歯周組織という存在があります。これが、やられるとどうなるのか?
    こんな事を考え、臨床に立つ事もあります。

    きっと、それが歯科という仕事だから考えるのでしょう。

    その一環で歯の顔というか、歯の存在感のややこしさを感じる時もあります。

    補綴という歯の顔を変える作業があります。

    この顔が、或は存在が歯周組織に与える影響が大きい場合、身体はどうなるのか?

    手の血流が回ってきました。
    今日はそんな報告を受けます。
    ま、色々な報告を臨床で受けるのですが、アッシ的には当たり前の事しかしていない感覚しかないのですが。

    でも、この顔を作る作業はだてに出来る訳ではない。
    でも、仕事だから受け入れていますが。

    対して、情報の方や、情報の方が僕と使えたいと思われる半島や、崇拝するシナには彼らが喜ぶ事だけを
    忠心されているようで嫌。
    政治を司る方にもそんな輩もいる気がします。

    元号を無くせ!
    9条を守れ!

    まだまだありますが、9条を守れと言うのが、戦争を拒むリトマス紙。誰一人、戦争をしたがる人間なんていませんよ。
    でも、9条!が全て。

    あっしには屁理屈にしか聞こえない物の、左巻きのフィルターを通るとそれに社会が合わせないとおかしいという展開を作られようとする。なんで、いい加減な奴らに気を使うのか、正直分かりません。

    元号を無くせ!国体や伝統をどこに置くのか。結局、歴史を断絶する事に燃える行為ですら左巻のフィルターでは、受け入れる事をあたかも強要させられるように感じます。

    何、このいい加減さ。

    怒りの感情を覚えますが、左巻きが闊歩する限りどうにもならない。

    北の核が問題で、拉致が問題でも、こいつらは双方悪いと話の展開を変えようと試みる。登場人物がコロコロ変えて、あたかも多数のように演出する。こいつらの顔は、曇って見える分いい顔でない事が分かる事がせめての救い。

    自分が出来る事をただ、進める。ここに、きっと、こんないい加減な奴らと一線を引く方法は無いのだろうと考えるようになっています。

    落ち切らない所で、お終い。

    歯の顔は大事ですよって、思う今日この頃でした。


    カテゴリ
    いわゆる発信事(風)

    MORE

ブログ・記事一覧