じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2018.01.24更新

線維筋痛症であれ、咬合がおかしいという患者であれ筋肉の活動性が上手くいかないのだろうなって思う時があります。

ここいらに、大きなカギがあるのだろうなって思う日々です。ですが、ここを共有してもらう事が中々むずかじい。

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2018.01.23更新

雪が降りました。

沢山積もりました。

そういえば、咬合の不安定さを安静位空隙から見出せないかと考え、どうやら!って現症を自分なりには

確認できる方策を見いだせたのかなって思う今日この頃でした。

 

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2018.01.17更新

新年も始まりました。新年が始まるから特別な事が始まる訳でもないです。

学年が変わるとか、受験とか、明らかに何かが変わる人達と違い、あっしらは年が変わり

そして、また仕事が始まる。そんな所と言えば良いのでしょうか?

 

それが、多分正しい形なのだと思います。

心機一転とか、今年からとか。そんな滅相な意識は、どうやら生まれないようです。

 

むしろ自然に滞りなく進んでいきたいとやはり思います。

 

そういえば感動したのですが空間認知という言葉(頭の中では過りながらも)があります。

そんな話を、あっしは業界の人にした事がありません。いえ、30代は必死に何かを伝えたくて

大学の方に話していたように思います。

 

40代の何時からか、心の中では呟くも一切、使わなくなります。

 

それが、患者の会の主催者の方からこんな言葉を言われます。経緯は割愛しますが、驚きます、そして嬉しくもなります。

 

でも、この位置覚にせよ、空間認知にせよ、臨床では曲者です。

この曲者の存在が、実際は疎かにされていると個人のアッシは思っています。

 

これとどう対峙するのか。これが大事なのだろうなと言う呟きから、今年のブログは始めたく思うのです。

おしまい

 

 

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約