じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2017.10.17更新

学識を自分の頭から断ち切らねば。

そう思ったのは、頚椎アライメントを絶対視出来ないと決めた瞬間でした。

 

この葛藤は並ではない。

 

それが、計測という発想を極めようと思った時だったのでしょうか。

 

ま、この程度で。

 

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2017.10.16更新

静に始まり、静かに帰る。そんな感じで学会を終えます。ま、こんな物と思いつつ、一人何かを感じた感じでした。

筋骨格系の変化をお医者というライセンス者が、お認めになるにはそう簡単な物で無いのだなって合点がいった瞬間でもありました。

 

頚椎のアライメントの変化をお見せすれば感じられるのか→分かりません。タイでは、それで・・・

→こんな反応だときっと、大したことはないのだろうと当時思ったりもしました。

 

反射という観点では、と思いましたが、存在を試されない限りどうにもならない。敗北感でも無いのですが、参ったな。

そんな事を思いました。

 

アッシとしては頚椎のアライメントが揃う理由を知りたく、これを狙って出来ないと行けないと、当時思って

一旦、頚椎をレントゲンで追う事を絶対視しなくなったのですがね。

 

というのも、実際は、線維筋痛症患者頚椎のアライメントが一見揃ったように思えても、

治らない方が出られました。これが一番のショックだったです。振り返れば、

絶対評価にはこの手法は成立しないと理解した時でもありました。

 

器質障害であるが器質障害部位不明という視点を、ここら辺は?という考え方もやはり受け入れてもらえませんでした。

 

仕方ない。

 

試してみれば・・・と思いつつも試さない限りはどうにもなりません。

 

仕方ない。

 

モリカケと情報の方の騒がれますが、50回以上も野党が知恵を結集しても何も出ないという事実はどうしても出てこない。

出てこないと、首相が隠しているという展開にはめ込まれようとする。

50回以上もおやりになって出てこない事実よりも、首相が怪しいという事に収める。

 

何故だろうと違和感を持ったりもします。

 

この理由を理解するよりも思い込みで解決が図られるという展開が違和感なのだと思います。

 

多分、国を愛するとか、公益とか、公という意識から離れれば離れるほど、思い込めるのではないかと

思うようになり始めている今日この頃です。

 

質問された先生が、蝋を置く。は、やられないだろうなって思います。

私は脳外です。

学識の壁は、中々大変だろうなって思うこの頃です。

 

アッシの捉え方なら、実際に蝋を貼ってみてどうなのだろうとチャレンジしても良いように

思いますが、多分、違う何か受け入れられない何かがあるのでしょうね。

 

中々、難しいのだと思いました。

 

仕方ない。

 

次は全身咬合学会。

 

テーマは静に終わり静かに去る。ここら辺なのでしょうね。

 

何時かは、変わる時もあるでしょう。それだけをずっと先の未来に期待をすると言った所でしょうか。

ずっと先の未来はアッシは生きておりませんので、その時の方にお任せする以外無いと思うのです。

 

でも、出来る事はやる以外ないのだろうと思う次第です。

おしまい

 

投稿者: こすが歯科医院

2017.10.09更新

連休という物の、結局クリニックで計測をし続ける

仕方ないけど、何時かはブラック状態から離脱できると良いなって思います

 

学会まで1週間を切ってしまった。

やっぱ発表するんだよね・・・

 

休みたい所です。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2017.10.07更新

変な出だしですが、線維筋痛症学会で発表する機会を頂戴出来ました。最後まで、個人としてはプログラムが

来るまでは、どういう訳か本当に発表できるのか?そんな事を考えていました。

 

で、プログラムが来たときに納得。

やはり、名前がありました。

 

静(しじま)に静かに終わると知ったのが去年の経験。

そんな感情が蘇ったのでしょうか?

 

名前が書かれていないと良いなて自分からお願いして、ずっと、思っていました。

 

でも、淡々とやる以外ないのだろうと自らに言い聞かせています。

 

昨年は舌反射を主体に口から身体に波及する反射があるのではないかと手前勝手に提起しました。

一次医療機関が動かれると良いなって思いまして。

 

今回は***これは、また発表後気が向いたら書きたく思います。

 

自らが決めた時期まで一次医療機関が研究として着目して頂けると良いなって思って行動をしようと思っています。

 

そういえば、選挙が始まるようです。

オリンピック間に合うのかよと思い苦々しく思いながら東京の知事さんも何気に必死さを感じるようになります。

何故、そこまで知事業務より必死になられるのかいまいち、アッシには分かりません。

 

足元の都民ファーストからは離脱者も出られたようです。

 

意思があるという見方もすれば、蒼いよなって思う自分がいたり、結構、優柔不断な自分もいます。

当時の石原都知事を百条委員会で追及され、公にこだわる。でも、議事録が残っている限り、結果何も出てこられなかったようでした。

ご自身が信望された都知事の記録は、何もない。

このギャップと、移転が遅れた事。アッシには同じ穴の狢に感じてなりません。

 

これを命がけでどこまで出来るのか、やって頂かないと困ります。

それもされずに、只、留まれている限りどうにもならないのでしょうね。

 

政党が出来る過程の中、締め付けもあるようにも思います。内容は事実なら同情する物も感覚的には多分にあります。

 

でも、組織を選ぶ以上そんな世界もあるのだろうと、歳を取ったのか考えたりもします。

 

側近政治は良くないと言い、しがらみを否定すれば側近すらおかない独断になられる。この言葉を否定され続けた報道の方は

どうされるのでしょう。この国の首相が自らの名前を経済政策におけば、相当に叩かれるでしょう。でも、都知事の名前はスルー

されるようです。何か違和感を覚えます。相当に自意識が高いのかと勘繰ってしまいます。

 

今となっては頼る以外ない安保法制を戦争法と煽り、モリカケと政局を頑張った政党の方は3つに分かれる。

分党も出来ず、結果、3つに分裂をされる。

本心はどこかは分かりませんが、よすがにする以外ないかもしれない安保法にも、今日から賛成。

憲法の改正も今日から賛成。

 

仲間に入れてもらえなかった方は、自信が無いかと思える方は今日から立憲の党に生まれるという。

でも、真偽は憲法でも安保でもなくモリカケという事のようですから、立憲という言葉自体を、感覚的には

汚して欲しくないと思うようにもなっています。

 

相当な危機が前にあるようだと、アッシは勝手に感じています。杞憂と願いつつも、危機と感じる方が良いのか

と思うようにもなっています。

 

情報の方は、もう一度モリカケなのか、都知事の行動に真偽があるかのように重点を置かれているようですが、そんな時なのか。

ふと、思う様にもなっています。

 

アッシの出来る事はやはり選挙に行く事。

18歳の諸君も必死に明日の日本を考え、反映されるのでしょう。

 

それよりも歳を取った側が、ドキドキしていても仕方あるまい。出来る事を、淡々とやる以外ないだろうと

そんな事を思い始めています。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2017.10.03更新

東京都知事は国政選挙には出ないという事らしい。

アッシは、仕事をして頂けるなら何でも良いという立ち場なのですが、

仕事もされていない内に、都政よりも国政という行動には正直、痛すぎて

嫌になります。

 

この行動はどんなエネルギーなのだろうと考える訳です。

 

きっと、知的な行動というジャンルになるのでしょうが、何か欠けている気がしてなりません。

誠実さという言葉をそこに入れると、一切、そこには無い気がするのです。

 

希望に乗られようとされる方も、きっとジャンルにすれば知的な行動なのでしょうが、

其処にも誠実さがあるようには思えません。

 

「日本死ね」流行語大賞を取られた方も、知的で行動性も凄かったと個人は思います。

でも、誠実さは果たしてどこまでっと、考えたりするわけです。

 

別に不倫などアッシの生きる時間とは関係ないですから興味もありません。他人様を

正々堂々批判されるから、いざわが身となれば中々難しいですよねと思う訳です。

でも、誠実さという意味では、痛いよなって全てを知らない側としては思う訳です。

 

一斉に希望にお引越しとなると、そうは問屋が行かない。色々と魑魅魍魎の世界ではあるのでしょうが、

一見、知的な行動と思われたのでしょうが、誠実さが本当に無いなって思ったりするわけです。

 

誠実にと言う言葉を取り立てて、大きくクローズアップしようと思う訳ではないのです。

 

ただ、ぎらぎら輝く権力志向、脂ぎった議員として生き残りをかけたお引越しをみると

違和感しか感じないのです。

何が足りないのだろう。と考えると一言で表す際、誠実が無いなって捉えるように

なった訳です。

 

寄り添う事って、誠実さなんだろうなって思う訳です。

第4の権力って張り切り方々を邪ナルシストと捉えないと精神バランスを取れないと思うのも、

どこがこの国に寄り添っているのだろうと思う訳です。

多面性を受け入れる社会は、いつの間にか地方参政権を認める事だという示唆される

日本ダメな子でないといけないという大好きな情報の方々、正直邪道と思っています。

あるいは、誠実じゃないと思います。

 

ちょっと、待ってくださいよ。オリンピックに危険だからヨーロッパの国々は参加しないよと言い始めて

いるにも拘らず、政局化させる努力。モリカケ問題。立憲(→護憲の間違いと思いますが)政党だと

嬉しそうに煽られますが、この事実は遠い向こうの世界。

 

ご立派です。

 

精度という表現があまりに疎かすぎる気がしてなりません。邪ナルシストの聞きたくない話は

触れない。知らしめない。

 

痛いなって思いつつ、誠実じゃないなって思ったりします。

 

如何に寄り添うか(他人の評価は分かりません)、如何に誠実であろうと努めるか(他人の評価は

怖いです)それだけが計測に自らを立ち向かわせた動機でした。

 

さて、計測という発想がいつか受け入れられる日が来ると良いなって思いつつ、

さて作業開始です。

 

学費が無償になるという少子化対策という意味での消費税・・・2年後を受け入れるのか

今の危機と本質が同じなのか。

 

頭の痛いアッシには未だに迷い中です。

 

不誠実な方とは近づかないと言うのが今のところのスタンスでしょうかね…

邪ナルシストと、不誠実は相性が良いようで、どうなのでしょうかね?

 

おしまい

 

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2017.10.01更新

1)しがらみを断つには

ある程度の年齢になったら、しがらみなど否定したくとも絡まるものだとアッシは思います。別に人間きらいでもないですが、

夢中で、咬合を知ろうとしていけば、交友関係はどんどん遠ざかります。

 

数少ない大学時代の、周りから変わり者と称されていて友人が少ないと自覚していた友人。

ある時、問いかけられます。

友達いるか?

 

そういえば、この頃連絡を一切取っていないわ。

そういえば、全然、飲みにも行っていないわ。

 

それ、友達いないっていうのだよ。

 

確かにそうだ。こいつとも(失礼な言い方です。でもニアンスという事で)連絡を取らなければ、

大学の友人はもはや一人のみ。(連絡をして飲みに行ってくれる可能性の人間)

 

あれ?こんなに少なかったけ?20代は。30代はそれなりに会っていたよね。(記憶の世界です)

気が付くのは、咬合と身体の関係に自分の意識を置き始めてから、交友は無くなっていった。

 

こいつと対峙しなければ、多分、今も交友は相変わらずあったと思います。

ライセンス者の端くれの責任感で、多分、何かをしたかったのでしょう。

友達よりも、論文を読まなきゃ。そんな意識があったのかもしれません。(頭悪いんで覚えていません)

 

そんな人間でもしがらみがあります。しがらみを無くしたければ、社会の関わりを断てばよい。

それ以外、アッシは思いつきません。

 

でも、しがらみがない政治をしたいと、おっしゃる、政党を作られ、都民ファーストの会を作られた都知事がおられます。

別に何も思いませんでした。

 

でも、都民ファーストの会から出られて、新しい政党をまた立ち上げられる。

自らが作った政党をおっぽり出して、新しい政党を作られそこの党首になる。

 

ここにしがらみがないというには無理があると思います。

 

そんな事を(しがらみ)言わなければ、別に何も思わないのでしょうが。

アッシがこれから取らねばならない投票活動とは別です。

 

人の価値観から来る生き方には別に口を挟むものでないと思っています。

でも、詭弁をベースにその場しのぎの綺麗な言葉を言う方はあまり好きではないです。

 

2)排除の倫理

「政党に入れてもらえなかった、日本死ね」が来るのでしょうかね?自民党からはぐれた者が、新しい政党を作られた。

そこに民進党が入ろうとする。それ以外、アッシには分かりません。

 

何故?

 

何をしたいという目標も、価値観もなく、また思い付きの公約から始まるのか?

そう思えて仕方がない。響きだけは相変わらず素晴らしい。

 

邪ナルシストは、与野党を気持ちよく批判される。野党には、急に始まりますが。不思議。

 

何故?

 

失業率は減らした。⇔失業率は増やした。(自殺者も増やした)

金融政策をした⇔円高政策のみ。会社をつぶす努力をした。

消費税を増やした。⇔そうなるよう法案化だけをして、そのこと自体を名前ロンダリングする。リベラルと党3役にその責任を押し付けようとされている。

             排除の倫理で、リベラル(何をもってリベラルと称すか知りませんが。対話すれば解決する。対話信者。対話する内容は一切聞いたことが無い)

             党3役入れない。(入れなければ、消費税、原発、電力のの象徴にさらし者に出来る?)

 

     リベラルは、必要であれば武器を持つ事を厭わないですが、この国では対話をすることを言う集団がリベラルだようです。

     でも、対話以上の具体案は、アッシは何故かいつも聞き逃す。そして、対話と言えば、どんな議論でも認められるらしい。

    実際の仕事で対話と言っても何も解決しないと思っていますが、リベラル界では違う言葉らしい。

   次の認めらる言葉候補は、希望らしい。

   *嫌な性格になりました

 

でも、邪ナルシストは、どちもどっちと頑張って批判する。

 

何故?

 

詭弁でも良い。綺麗な言葉を言えればOK?

結論もない観念論の対話はもう結構。

モリカケも正直、結構。(詐欺はどこに行った。援助交際はどうした)

責任を取らない世界で生きている方は、とても平和だと思うようになっています。

生きている時間が違いすぎる。

 

日本や日本人に寄り添うよりも、混乱と毀損を渡す事が大好きと思えてならない。

邪ナルシストは、情報に携わる事自体、退場して欲しいと思います。

 

3)仕事って

仕事で報われる事って、どれだけあるのだろうと経験は教えます。でも、そんなもんでしょう。

必死に考え、必死に結果を出そうとする事と、この1年何もしていない(と思われる)と知事がジャンヌダルクに

祭り上げる事がどうしても受け入れがたい。この1年(どころか)戦争法、懲役制復活とかなんとか言われて、

モリカケ以外仕事をしなかった(後、テレビで対話をされていた以外?)人々が、自らの政党を捨てようとされる。

邪ナルシストは、それも肝要に受け入れる精神を、寛容で革新な保守という言葉に乗せて認められる。

 

気概を持ってやらなければ、持ちません。アッシの場合ですが。

 

仕事していない部分をどうしても、邪ナルシストは報道しない自由とやらを行使する。

右かと思えば、夫婦別姓と全然違う主張の矛盾も優しく、綺麗な言葉と報じられる。

解党なのか、名前を変えた吸収劇なのか、興味がありませんが、優しく見守られる。

政党助成金を好き勝手使う事が名前を変えると許されるのか?

これが税金でなければ何も思いません。

ここも邪ナルシストは、優しく受け入れられる。第4の権力でない、あるいは、そんな能力すらない証明も自ら進んで

行われる。流石です。(アッシも頼んでいないと思うようになっています)

 

モリカケのモリよりもその額は相当に大きく無かったけと思います。税金以外なら何も言いません。でも源泉が、税金である以上、

本当は情報所の方にこそ追及して欲しいけど、絶対にされない。ナルシストの価値には合わないでしょう。

これが、第4の権力様の采配だそうです。

 

希望と言う響きは美しい。で、希望がこの政党が主流になった時にあるのか?大臣は、民主党。いえ、民進党?いえ、希望です。

(馬鹿にしています。希望が無いから、希望に行った。これって、日本をダメにしたい人達が失ったものでしかないと

思えるのですがね)

また、円高、失業率増やして会社つぶして、増税して、自殺者増やすのかと思うと、(反対と政局作りという)仕事もしていない人に希望を持たせる

演出の邪ナルシストには、適いません。流石です。

原発止める→化石燃料をもっと買う→国債増やす→円高

 

確かこんな感じだったともいます。原発を止める決断を時の首相がされた時でしたが。

 

気概がせめて解散を選択された政権党に意地を強く出してもらいたくなりつつあります。

2年後の消費税が今の話題なのか?

国難はそこでないと思うのです。

国難解散と銘打つ限り(私はそう思っています)、ブランドイメージに右往左往して欲しくないです。

 

オリンピックの出来事はしない努力は大したものですが、コスチュームだけは自信もって変えました。

あっしは、どうしても受け入れられない。

大都市東京の電力はどうするのでしょう。原発0にした時、東京の電力はどうするのでしょう。

 

ああ、愚痴の延長でした。

 

選挙もうっとおしいし、学会の提出資料全然、まとまりません。

仕方ない。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC