じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2017.01.27更新

咬合を再構築する日々を繰り返すうちに、工学という感覚を不思議と覚えるようになります。

それが良い事なのか、自然な事なのか分かりません。

 

必要に迫られ覚えた感覚なのでしょうが、この感覚は相当に苦しいよう覚え、

それが不思議なのでしょう。

 

工学という捉え方が、その一方であるのだと計測という作業を横に

思う感じです。

 

さて、その精度をあげるにはもっと、もっと、考える。

 

これが、きついなって思う今日この頃です。

 

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2017.01.20更新

この頃、工学という意識をとみに持つようになっています。ここに、何かがあるのだろうなって思う次第です。

 

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー