じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2016.12.14更新

誇れるものなど、実はありませんが納得できたことがありました。

例えば、日本一インプラントを埋入したといわれる先生はおられるかもしれません。

例えば、日本一神経の治療をしたという先生もおられるかもしれません。

 

あるいは、世界一インプラントをとか、世界一入れ歯を扱ったという先生も世界を見渡せば

おられるかもしれません。

 

質は分かりませんが、数のお話とでも捉えてください。

 

そんな誇れるものなどないよなって、思っていたらありました。

 

踏みつけられるとでもいえば良いでしょうか?踏みつけられるのは、アッシが多分一番と、思いました。

 

誇れるものでもないのですが、咬合を落ち着かせる上で、必要な作業なのですが、踏みつけられます。

沢山、患者に踏みつけられます。

 

ふと、線維筋痛症の患者の咬合作りの作業中思った事でした。

 

はい。

 

落ち切らない所で、おしまい

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2016.12.09更新

1)極端なイデオロギー

日本は民主主義ではないそうである。アッシは、そう思っていませんが。

お隣の国は大統領が弾劾された。お隣の事情なので、コメントする立場では無いのですが、ロウソクデモで、

弾劾が決定したようです。

 

で、それが、民主主義と言うそうだ。お隣の価値観ではきっと、そうなのでしょう。お隣の文化ですから、何も申すものではないです。

でもね、それが民主主義と信じられる元ラッパー。これも、個人の主義主張だから、何も申すものでもありません。

 

でも、これが民主主義だとお盛んに先導された政治の方も、情報の方には相当に、嫌な感じを覚えます。

だって、一部の人のイデオロギーですもの。とても、嫌。

 

”日本死ね”が今年の流行語だそうだ。意味が分からない。テレビも、新聞も考える力を失いたくなく見なくなって、読まなくなって久しいです。

ネットで知ったぐらいですから。

 

とても失礼。決め方も基準もない、何も受け入れず一部の人のイデオロギーでしかない。

ここが、とても嫌。

これを紹介された、議員さんは情報元を明らかにすると言いながら、無視を決め込む。

ガソリンは使いまくっても、無視。でも、流行語大賞。

花鳥風月もありはしない。

あるのは、イデオロギー。

とても嫌。

 

国籍ロンダリング中の、政党名ロンダリングの野党第2党の党首の女性。党首討論では、下手な演技をひたすら見させていただきました。

女優ぶられても…

何を相手に言わせたいか、期待する回答を用意しながら、はやり言葉を用意される。

カジノは個人としては、否定ですが、お国の考えられること。個人の所管とは、別のものと認識します。

 

スーダンの派遣も、この政党時代。

TPP参加も、この政党時代に決められる。

カジノ法案も、この政権時代に始まる。

 

でも、いつの間にか強行採決に早変わり。

不細工すぎて、どうにも嫌。

 

その応援の為だろうか?挙句には、情報の方はファクトチェック。

何をされたいのだろう?

 

どうにも、悪を一方的に示されたい。

 

でも、社会の木鶏が、ブラック企業。違法労働を、自ら決め込む。

何だろう?この違和感。

 

この輩は、性奴隷制があったと長年、主張されていた。

この輩は、ハワイにアッシらのリーダーが、静かに祈りに行かれる時、シナへ行けと能天気に訴える。

併せて、シナも謝るところはあると、言い出す始末。

いつ、シナ共産党と戦争をしたのだろうか?

シナから渡された資料をそのまま書いたと、著者本人が言っているにも拘らず、南京の人口20万にも満たないにも

関わらず300万ですか?200万大虐殺をしたと、ブラック企業の新聞社はほざく。

 

その史実を出すことはこの新聞社は絶対にしない。

 

歴史をねつ造して、事実をねつ造して、思考ではなく思想に生きる類が、明らかにいると妙に理解し始めた今日この頃。

イデオロギーで、思考を縛ろうとする類。

 

これが、見えて、とても嫌。

 

考えない事が、何だかな…

考えさせない事が、何だかな…

 

それが、正直、ヘキヘキします。

 

2)考えさせない事?

どうにもアッシらの国には、儒教よりももしかしたら洗練された朱子学が一部に強くあるのではないかと勘繰り始めます。

その朱子学。

どうにも、この新聞社が大事にする世界では、親和性が強くあるらしい。

この基準は、日本人が日本の責任を発揮しようとすると、イデオロギーが発揮するらしい。

 

彼らの枠でしか、考えてはいけないらしい。

それが担保するのが、自虐史観のようだ。

 

これが、新しい朱子学では相当に美しいらしい。相当にご馳走らしい。

アッシは、距離を開けたい。

 

だから、いつまでもたかり続ける事、脅し続ける事が大事らしい。

だから、いつまでも日本悪い子、相手が許すまで誤り続けろという主張が闊歩するらしい。

だから、お金を差し上げる事が大事らしい。

 

日本が日本らしくあろうとするのは持ってのほか。

 

これが、考えさせない為の大事なイデオロギーらしい。

 

3)では、考える事は?

グライダーのようにひもに引っ張られて飛べるような場合は、とても安心する考え方が出来ると思う。

飛行機の如く、どう飛ぶかを考える時、そこに行き着けるのか行き着けるのかも分からず、とても苦しいと思う。

 

この咬合という世界、おそらく”解”が、まだ諸説乱れている以上、考えないといけない。

そう考えています。

 

症状が、消えた線維筋症の患者(既往歴に線維筋痛症があったというのでしょうか)、これも考え続けた結果なのでしょう。

 

でも、考え続けた結果の、成果と思えるだけで、日々の臨床は続きます。

 

イデオロギーでは、臨床は進まないと思うだけですが。

 

それだけ、新朱子学に汚染されている方がとは、どうにも距離を開けるべきと思う今日この頃です。

そして、この新朱子学の方の根底が、燃えるぐらいの恨みか、思い込みの嘘である以上、このイデオロギーとは

近づけないようです。

 

何だかな・・・

と言った所でしょうか。

 

おしまい

 

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2016.12.01更新

1)主張が違うというか
アメリカの大統領が変わられました。アメリカの方々が選ばれた方です。とやかくいう物でないと理解しています。インターネットの力と、抗いたい力:反グローバリズムと言えば良いのでしょうか。その力が大きかったのでしょうか?

今の社会を心から愛せない力が、番狂わせに繋がったのでしょうか?

ネットの力は既存のメディアに仮に狙いがあったとするなら、ことごとく弾き返した事になるのでしょうか?

ただ、ふと思います。個人としては余りに偏向ぶりを感じる時もあります。その結果、テレビは本当に見なくなった気がします。

上手く言えませんが、事実をうまく情報として発信できないものかと考えたりもします。

2)隠すより、別の手立てはないものか?
隠しごとのような繰り返しは、負のエネルギーに繋がる気がしてなりません。どうなのでしょう。隠し事を強く、隠し事で無いと仕向けようとすれば耐えられない感情が生まれる気がしてなりません。この感情から遠くいるために、情報の方から一歩置くという知恵が、見ない、読まない。その上で、調べるというか確認するという行為に変わっていった気がしています。どうなのでしょう。

その感情は、暴力が隣り合わせの渦巻く個人としては嬉しくないエネルギーの温床になる気がしてなりません。行き着くところまで行けば、立場の違いを逆に認める余裕を失い、逆にリアルな暴力を招く気がしてなりません。

それが、今までの世界秩序が壊れるとか、そんな表現に変わるのかもしれません。それが、新秩序に向かって、強い指導者が誕生しているのだという表現になるのかもしれません。

その中で、現状が変わる事を一切認めず、優柔不断でうろたえる様を揶揄しながら、政局だけを求め続けておられるのかと勘繰りたくなる政治の方や、情報の方には益々、距離を開けたくなって仕方ありません。横の国の右往左往ぶりにどうして、あこがれるのか、嫌な感じです。

“らしく”という言葉が実は、意味を持つ気がしてなりません。

この“らしく”を根底に立ち向かう以外、アッシ個人は芸がないようです。

3)未来という将来は見えていないし。
大量に情報が蔓延っているとはいえ、上手に摘まめる能力があって相当に頭のいい方なら予測できるかもしれません。でも、アッシは無理です。世の中など見通せる訳がない。未来という将来は、何も決まっていない。決まっていない未来を予測する人が仮におられたら、その予測された数だけ見通しはその景色が違うと思っています。だから、参考程度が一番良い。そして、明らかな願望や偏見は最初から無視を決め込むに限る。

ある種の願望へ誘導するがごとく影響を駆使されようとされる種族の方々とは一線を置くに限る。それが、“らしく”という観点から外れていた場合、警戒するに限る。

では「個人の努力では限りあるじゃないか」と問われれば、多分、その通りと寂しく呟く以外、アッシには思いつかない。でも、努力は許される自由がある事を忘れてもいけないと思う次第です。

考える葦は「何かに補償の下、思考をする事」ではなく、「何の補償もなく自らの良心に従い思考する事」そんな捉え方をするようになって来ています。備えあれば憂いなしという精神は保ちつつも、最高のイメージと、最悪のイメージを持つ事から、考える葦である自由が担保されるのかもしれない。歳を重ねたせいの程度です。

4)やはり
これ以上、計測装置の開発は出来そうにないと測りに関しては最終章に入ると決めました。開発する費用は借財で賄おうと覚悟しましたが、個人が返済する上では一杯と言った所でしょうか?誰もが歪みが確認できるというテーマは諦める事にしました。悔しいという感情は当に、どこかに置いてきました。頭にイメージしたデザインは忘れる事にしました。

頸部の角度を測る時、咬合高径の試行錯誤は解決すると思考しました。偶然見出した反射というものも、学会では静寂な時を過ごさせて頂きました。

例えば、片手が全く上がらなくなり、物が持てなくなった患者。医科では異常が無いという判断から、顎位を落ち着かせながら、2か月たった今、手が上がりシャンプーが出来るようになる。物も座位であれば持てるようになる。その動作は、何かの役に立てばと思い動画で記録していますが、多分、静寂の時を過ごすのだろうと学習してしまったようです。

例えば、唇を閉じると根先が痛いと訴えた患者。細かいメカニズムは割愛しますが、お尻の凝りを取った時、痛みが消える。あ、歯は少しだけ触っています。少しだけ、CRの余分な接触場所を見出して、ほんのり磨いただけですが。人の体は、まだまだ未知なものだらけです。頬側で、咬合とは一切関わっていません。

例えば、線維筋痛症患者。圧痛点は消えていますが、重い。という反応。やる気が出ないというお言葉。
触診で、まだ頸が沈んでいる事を認めざるを得ない。(あ、医学用語ではないです。感覚用語です)ですが、咬合高径の不足を認めざるを得ない。口腔反射を誘発させ、趣味レーションの結果、頸部の変化を確認。確認は触診と患者自覚になるのでしょうか。

頸部を変えた瞬間、やる気が出る。

もし、先に計測が出来ていたら、予測はできたかもしれない。

そこに最後の意地なのでしょうか?予め用意したく思った次第でした。

計測は相当に問題を適切な表現ではないかもしれませんが、感じ取るというか読み取る事を可能にさせてくれると認識しています。
淡々と公に問いかけたく動く意志は変わらずいたく思っていますが、その心は静寂な中に置く以外ないと割り切ってもいます。只、もっと情報量を減らさない限り共有はあり得ないと認識もしました。

只、生きている内には全ては出し切れないと、納得しつつあります。この感情もとにかく、静寂の中に置こうと割り切ると事、これも始めないといけない事のようです。押しつけはいけません。共有から、きっと、“らしく”が始まると信じる事。これだけは忘れてはいけない。

おしまい

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC