じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2016.04.20更新

地震のニュースは相変わらず届く。祈る、そして考える。それ以外、何もない。

唯、ふと気が付く事もあります。
きっと、気のせいだと思うのですが…
火山が噴火した時、自衛隊が活躍した事を“オチャラケ ニャア”と不要と訴えられた方がおられたように記憶します。今回は静かのようです。
グーグルアースで活躍された政治の方は、オスプレイは怖いから如何と自説を述べられたように聞こえてきます。
ネットで拾い見ると、自衛隊の方々の活躍ご苦労は偲ばれます。
今は、彼ら専門家と関係するトップの方々にお任せする以外ないと思う。

ニュースの方々は、一斉に動きまわられる様ですが、ここに秩序がない事が課題と思う。これを、もしある一定期間、ある場所に限っては、一定の報道の方々だけしか活動できないと規制をする事が出来るとなれば、早速政局と騒がれるのだろうか?言論の自由が無くなったと記者会見をされるのだろうか?

地震前には、あれだけ戦争法案と私には理解できなかったラップとその仲間たちの政治家さんの不気味なぐらい静けさを感じる。それか、情報の方から相手にされないから、静けさに徹せられているのだろうか?
オールジャパンで傅く事が求められる時だからこそ、和の精神に立ち返られたのだろうか?

相手にされない時だから静かにされているのだろうと、自衛隊の方々が活躍されている事に臍をかむが如く負の感覚だけを覚えていると思えるから、性格が悪くなったと思う次第です。

同盟国のアメリカの協力を変わらず見ると、安保法案が通った後に見えるこれからの景色は微妙に変わる気もする。明確に集団的自衛権という価値が高まらざるを得ないのだろうと、個人としては複雑な感覚を覚えます。戦争に巻き込まれる確立を減らす上では仕方ないのだろうな…
何せ、地震が起きればご挨拶にシナ君、機関砲のような(だそうです―棒)物を備えて寄ってくれる無礼な侵略行為をしてくれる無礼ものだし。地震おめでとうと云われたせいか、政治の方も情報の方の扇動文句「友好」と云う言葉を目にしないだけましなのでしょうが。

地震のニュースは相変わらず届く。祈る、そして考える。それ以外、何もない。

そういえば、線維筋痛症の方が来られた。
姿勢があるリラックスポジションが取れる時、痛みが…(ここは内緒)
驚かれていた。(誰が?これも内緒)
抄録を知り会いの医者に読んでもらう。

今は、誰に功績があるではなく、オールジャパンで何とかしないとイケンバイ。口由来の反射経路があるとなれば、見つかっていない器質病変という位置づけが変わる可能性があるバイ。
言葉の使いまわしを注意され、また、やり直しかと、凹んでいる所。

でも、医者でも歯医者でも反射を誘発して痛みが取れるなら、そこから何かが始まると思うバイ。

医科と歯科の垣根を越して取り組めたら素敵な筈バイ。

誰の名誉も傷付けず、未来に何かを紡がねば良くないバイ。

観念から具体的に始まれば素敵バイ。

 

そんな事を思うのです。

ただ、我慢できるかな。
ここに身を置き続ける苦しさは、アッシしか今は分らないのだろうな。
結構、きつい。(本音です)

そういえば、口腔由来の反射から来る悪さで身体がどうなっているか理解した罹患者(病名は内緒)治療する事になりました。

今はきつい。でも、きっと明日があると信じるしかない。

地震のニュースは相変わらず届く。祈る、そして考える。それ以外、何もない。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2016.04.19更新

身近に線維筋痛症の人がいた。驚いた。壮絶な体験で驚いた。
で、アッシの取り組みを話した。驚かれていた?

地震があった。国内の事で何が出来るか考える。唯、今は祈るのみと考える。自分が出来る事など限られている。それを小さく行うだけだと、小さく考える。

でも、時々、考える。
情報の方々が好きな儒教の国のコメントは、決して愉快になれるものでない。むしろ不愉快だ。そんな言葉がネットを介してバンバン走っている。
これら言葉を知ると、ひたすらヘイトを防止したいという政治家?の言葉がどうにも合点がいかなくなる。

一生懸命、同胞の為に活動されている自衛隊に対して今回は何も言わないと思っていたら、左巻きの方々なのか、情報の方々がオスプレイを問題視する。
ここは一人でも“安全に”“確実に”の時間帯の筈なのに、ここで?と思える事を問題視される。
ひとつ前の政権の時、自衛隊よりも自分達が被災地区に行って現場を混乱させていただけの様に記憶している。次々と問題を起こし、その幼稚なレベルを妙に情報の方々は賛同していた。国を壊したいのかと、勘繰りたくなる時もあった。
ただただ、淡々と仕事をしている中、情報の方々が先を争うようにヘリコプターで何かを探る行為の方が、合点がいかない。代表を絞るだけでも効率が良い気もするが、オスプレイが問題らしい。
どれだけ自衛隊が頑張って守ろうとされているか、活躍ぶりは小さく。悪口と問題視する行動を減らすのが情報の仕事ぶりとするなら、寂しすぎる。

“祈り、何ができるか”と云う行動規範よりも、政局に向ける魑魅魍魎の味付けに嫌気がさす。
左巻きの行動が全てでないのかもしれないけど、政局への味付けの香ばしさはウンザリする。
今はきっと、これだけはして行けないと思う。

“祈る。託しながらも何ができるか考える。”静かな時間を過ごすべき時、煽るように感じる行動は正直、うざい。破廉恥だ。失う信頼の意味をこいつらは分っていない。破廉恥だ。

身近な線維筋痛症の方がいた。壮絶な体験に驚いた。
で、アッシの取り組みを話した。
この人が何を感じたかは知らない。
抄録を纏めて、試みたく思う。アクセプトは分らない。

 

出来る事を小さくしか出来ない。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2016.04.18更新

今日、縁があり理学療法士の先生が訪ねられてきました。
アタシ、生意気にも「知りたければ、来られる事でしょう!」って、患者に相談されて云ってしまいました。

経緯はあまり書けませんが、一言でいえば“噛めない”
“噛めない”と、身体がおかしくなる。
じゃあ、“噛める”を作ろうとすると、上手く“噛める”を歯科医が演出出来ない。

で、理学療法として何が出来る?
そんな経緯。

本当に来られました。
色々と、先生と話します。
自然体の方でした。
お優しい方でした。

アタシとは全然違うかも。

咬筋反射と、姿勢起立反射のお話を少しばかりします。口由来の反射のお話をします。ま、今の所、アッシの妄想ですが、根拠は理解頂けたかも。

そんなお話をしました。
唯、現場のご苦労を色々と知る事が出来て、良い経験でした。

アッシですか?
相変わらず、筋肉痛です。

いつか、この筋肉痛から出られると良いなって心から思います。

いつなるだろう?

それより仕事・仕事。
おしまい。

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2016.04.17更新

抄録は一応、納得。来週のどっかに出してみようと思います。アクセプトして頂けるかどうかは分らないけど、やるだけやってみようって感じです。そうそう、後、少しだけHPも改編してみようと思っています。

今までは、レクイエムと云う感覚も有りました。そして自分の思った事を何となく書いていました。

今回は、思ってきた事の自分なりの回答?っていう程のものでもないですが、もう少し具体的な事を書いてみたく思うのです。

そんな感じの独りごとでした。

 

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2016.04.07更新

1)考え続けるか?考える事を止めるか…
何だか、考え込んでは、考えが落ち着かないというか、纏まりが付かないというかそんな感じの今日この頃です。
“人生そういうものじゃん!”って、自分に言い聞かせたくとも中々切れ味が悪い感じの日が続きます。

『是々非々の思考』そんな発想が出来れば良いのでしょうが、単純と云うか単細胞のあっしには結構、苦痛な思考法のようです。
そう云えば、あっしらの日本のリーダーがアメリカの大統領や戦略的利益を共有したお隣の国と会談をされたようですね。無視・無視を繰り返され告げ口の時代からみれば随分変わった気もします。それも、もしかしたら支那国のおかげなのかもしれません。情報の方はお優しく安心感を演出されている様に感じますが、緊張感を徹底してアジアに提供しているように感じて仕方ありません。
支那が中華華夷秩序体制を今後も目指す限り、これはどうにもならないのかもしれません。
核サミットにおいてどんな展開があったのでしょうか?庶民には分らない丁々発止程度で済んで頂ければまだましでしょうが、そんな訳には行かぬが夷秩序体制のような気もしますがどうなのでしょうか?
閣議決定された『核保有は憲法違反ではない』という情報の方々の珍しく静かな記事を見る時、実は相当な危機も近づいているのではないか?それを避ける為に安保法案を含め、ここまで働かれていたのではないかと、想像したりもします。
素人ですから、分りません。個人の想像力の世界ですので適当に流して頂ければ…

アメリカの大統領候補の方のセリフ“核保有を拒む物でない”のせいかもしれませんが。

2)考えなければ
そう云えば、ワーキングが出来るようになったと、何年ぶりにと云うセリフを頂戴した気がします。
記憶力が悪いので、勘違いもあるかもしれません。きっと、そうでしょう。

治療するたびに悪化していく(今のあっしには当たり前ですが)患者がいました。治療と云っても、虫歯治療をして補綴をして云っただけですが。

計測データーがないから悪化するのだというアッシ側の言い分と、セカンドオピニオンの意見から責め立てる?関係。結構、続きます。
さて、計測を考えた動機は単純でした。何かを知りたかった。(個人の感情なのでどうでもいいのですがね)
計測行動を選択されたのは、多分、記憶されたセカンドオピニオンの先生の見解の矛盾点を示唆出来た事。
歯の治療をするたび身体がおかしくなる事に対して、セカンドオピニオンの誰ひとり説明できなかった事。(決して自慢ではない事はご了解いただければ)
最後に、云いにくいのですが記憶の温度差をなくすために、記録を残すようをした事が後から、相手が内容を真剣に受け止めるきっかけになった事。(そんなつもりでは無くても、言葉が相手に与えた受け止め方は時に、自分の想像を越して発展する場合もあるようです。それからは、時に記録を残す様にするようになります。)

“この状態を是として、歯の治療を行う。“こんな所でしょうか?
*この状態の説明は、割愛しますが

(具体的に書きませんが)何かの角度を変えた時、身体が起き上がります。患者は笑います。
背が伸びる感じになる訳ですから。

個人としてはとてつもない冷や汗です。でも、身体が楽になったと云うのは本当に嬉しい言葉です。(勘違いかもしれませんよ)

3)考えないと
そういえば、急に背が伸びた淑女がいました。
156?8程度と思っていたのですが、あれ、頭の位置が違うと思い、思わず背が伸びました?と問いかけます。
今は、164になりました。

でも、高校時代は169あったと云います。
元に戻ってきている感じがすると云うのが、感想でした。

一時は、あっちこっち痛いとひきこもり生活でしたが、今は社会で活躍されている。
で、時々治療に来られる。
あっちこっち痛くなる時も有るけど、何とかやり過ごせる。だから、暇になる時(仕事が落ち着く時)治療に来られる。

これで良いのかと思う時も有りましたが、それも“あり”かなって思うようにしてもいます。
さて、これで身長が元に戻ればどう表現すれば良いのでしょうか?
考えることなど出来ません。
分りません、人間の神秘など。

4)原因が結果を招き、その結果が原因に…
“医療者が原因を解決しようとして、結果を出し、その結果が逆に、新たな原因になる。”あっしには勿体ない医者先生の言葉です。
噛み合わせがおかしい時、あっちこっち調子悪くて**(こんな所にしておきます)
少しだけ、お口の治療のお手伝いをさせていただきます。

この言葉は名言と個人のアッシは今更ながらに思っています。そして、これが医療で生きる人間の抜け出す事が許されない鎖なのだと思っています。不幸ではなく公平に渡される資格の重みと云う方が適切なのかもしれません。

もしかしたら、綺麗過ぎる言葉を時に受け流せなくなる事なども動機かもしれません。上手く言えませんが、何かを隠蔽するか、何かから避け、かつ本質を気が付かれないようしているよう綺麗過ぎる言葉に感じるようになったせいかもしれません。上手く言えませんが。

これがあったから、“何で”を知りたくなったのかもしれません。
ましてや、自分の言葉がそのように受け止めて頂きたくないと思ったからかもしれません。

5)じゃあ、問題というか課題があれば
特定できる何かが明確な時、人は饒舌になれるのかもしれません。逆に、相手が知りたい、知るべき情報に対しポッカリ穴をあけて納得させてしまう饒舌さもあるのかもしれません。饒舌と云う言葉は、個人のアッシはあまり好きではありません。

得てして饒舌と相手に思われる時、アッシの場合、良い経験をした事はあまりなさそうです。
ふと、思う事があり先生に(了解いただいた患者の)反射が起きる映像を見て頂きます。

結果は笑われます。

計測の過程で見出したと(本人が勝手に思い込んでいる)反射を誘発すると、瞬く間に痛みが消える。

あっしの考えた反射は単純です。上行性の反射で咬合の治療が難しくなるように、下行性の反射で、すなわち口腔起点で全身に波及する反射が存在するのではないかと、そんな性格のものです。
これが、課題というか問題であれば、展開が変わる気もするのです。

考える事を止めるか、考えるか…

取りとめもない話ですが、こんな日もあって良いと云う事で。
おしまい

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC