じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2015.01.17更新

■2015/01/17 正中系と水平系 って、大それた話でもないのですが
歯の頭、即ち咬頭の位置が、どうしてここにあるべきなのだろうと悩む時もあります。
これは、アッシの職業柄の性質、変わった職業の拘りになるのだなって、そんな感想を持つ事もあります。

でも、やはり重要なんだなって改めて認識した今日この頃です。

上手い表現ではないのですが、正中系に合わせてシンメトリーを維持するが如く、咬頭があるのだなって思い始めています。

でも、こいつをテクニックとして具現化するのは、生半可なものでないと思う今日この頃です。

でも、この客観視はとても難しいと思う今日この頃です。

さて、難しいと言えばヘイトスピーチを規制する動きもあるようですね。アッシには、とても遠い価値観なので正直良く分からないのですが、個人的には変な手段にならないと良いなって思う次第です。

遠いと思うのは、府中で、他国籍の方を馬鹿にしている?罵倒している?そんな行動を見た事も聞いた事もありません。

仕事柄出不精のせいか、そんな物自体を見た事がありません。

でも、ヘイトスピーチという規制という何かを狙うか如くの手段に見える事が、何気に感じられて妙に、気がかりです。

だって、瑞穂の国の頭を垂れる事を知らない方は、日本人のジャーナリズストが謝らない限り拉致をするという方便がなされているにも関わらず、慰安婦は性暴力だと主張が変えてでも(昔は、強制連行でしたように記憶しています)何かを、侮辱のアジアに提供しようとされている。

日本悪い声論に主張する行動の方が、ヘイトスピーチと思いますが、どうやら違うらしい。

恣意的に性奴隷のような存在だったと主張された方は、女性の尊厳と主張を変える。でも、今、日本人の自由を奪われている事には、目が行かない。

何なのだろう?そんな疑問を持ちます。日本の国会議員の仕事は、侮辱のアジアに迎合する事なら、相当に問題と思います。議員を止められるべきと寂しいですが、思います。

客観的史実は無いけど、思い込みと言う観念で人を一方的に縛ろうとすれば、必ず、上手い表現でないですが、ハネッカエリが予想だにしない角度で生まれるかもしれない。生れるのは憎しみとか、蔑視とか決してあってはならない感情のように思います。

ヘイトスピーチというなら、この方々はローマに行くべきだと思います。

だって、魂から生まれ変わらないと行けないと言われたのは法皇様です。ヘイトでしょ?

だって、靖国を守る助言をされたのは、法皇様ですよ。アジアから孤立する元を作った訳です。

是非、行動を。頭を垂れる事を知らない瑞穂の方、恣意的な方出番です。是非、ローマへ。

ローマでヘイトを正して下さい。でも、ヨーロッパはジャーナリストがテロの傷跡で悲しんでいる時期です。左巻きの方々はですら、静かに静かに静観をしているぐらいです。

今回ばかりは、テロの気持ちを考えろと言う凄い猛者は流石に現れないようです。今回ばかりは、加害者の人権という猛者は現れていないようです。これを言わなければ、本当の左巻きでない?

で、君たち破廉恥な観念論者なら、関係ないと思います。ヘイトスピーチをした事になる法皇様に、提議しに行かなきゃ!是非!

仲良き隣人関係になるには、迎合する事でなく、互いを尊重する事から始まるのではと思っています。しかし、左巻きの常に下僕な日本人にさせたいという差別主義の匂いがを感じられて、アッシ個人は君たちの観念は危険と思っています。

アッシの立場ですか?

アッシらの国の海産物、確か群馬県産、禁止されていました。そうなんだと、嫌がらせをするには海があろうとなかろうと関係ないと、感心する立場にいます。

お宅らが差別主義者でないなら、是非、客観的なソースを出して、納得させて頂きたく思っています。
それとも、群馬産海産物程度のレベル?

あれ?

おしまい。

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.16更新

■2015/01/16 正中系とか水平系とか 客観は難しい
歯科医が噛み合わせって言葉を安易に使うのは、戒めないと行けないのだろうなって思うのが、アッシのこの頃の心境のh変化

ま、心境の変化と言うのもチャンチャラおかしいと、一人自虐ぽくなっちゃうのが、良くない所。

性格なのかな…

で、何でそう思うようになったかと言えば、お恥ずかしい。

噛み合わせって案外、無意識に患者もアッシも使うけど、前歯同士にも、何て言えばいいのでしょう?

噛み合わせと言う関係性も考慮しなければいけないというのでしょうか?

こいつの位置関係も顎位に関係する。
当たり前と言えば当たり前すぎるのです。けど、自分の臨床で深く考えていたかと言えば、時々、意識の中に沁み込んでいると言えないと自覚出来た瞬間があります。

まだまだ、ダメだ~。

観念の中に自分を置いてしまっている。凹んだ瞬間でした。

顎位の角度?と言えば良いのでしょうか?
どうしてもその角度に、納得いかず困り切っていました。

計測を始めてさせて頂いて、角度の相当な誤差をベースに顎位を捉えていた。

右方向と下顎の方向は読み取っていたものの、どうしても左に偏位してしまう。
ビデオで撮っても、顎の偏位が出たりでなかったり。

当然、代理補償の効果で、全身にも症状が波及してもいます。

で、前歯の位置関係を正中系に計測の結果、一部かもしれませんが正中系に乗せ治したっ瞬間、求めていた位置に顎位が勝手に変化をします。
嬉しかった。

前歯の過剰接触が完全に消えた訳でもないのですが、
始めて骨盤に来る痛みが消失と言う報告を受けます。

客観視と言いながら、まだまだ客観視が出来ていないのだなって、反省。
反省しても足らん。

左巻きの大好きな反省ではないと思っています。
上下関係で、常に彼らの崇拝するアジアの下にいる事を求める身分制を自覚する反省ではないです。

彼らが一等で、後は下々と言う事を自覚しろと言う反省でもないと思っています。

彼らの根拠は無いけど、観念ではないとおかしいという決めつけを反省する事でもないと思っています。

正中系、水平系、こいつをもっと、客観視したい。それを反省続けたい。

でも、いつも17時間ぐらいかかる作業が、13時間で終了。

あり難い。

観念で綺麗な言葉と言葉のつなぎ合わせで食べていける職業は、競争も無い平和な感覚でいられるのだろうなって妄想を描いてしまいます。ごめんなさい。

このつなぎ合わせのキーワードは平和、平等、歴史、謝罪、戦争ここらを上手につないで、綺麗な観念の世界に押し込めばいいのだろうな…

それよりリアルに返せ、日本人を。
それじゃあ、行けないのだろうか?
兎に角返せ!

日本語と、新拉致の国の言葉で共同のクオリィティペーパーを作ろうの方が、確かに言葉のつなぎ合わせなら、綺麗だ。

でも、アッシは、そんな観念見苦しいと思ってしまう。

綺麗じゃないし・・・・

でも、臨床は結果を綺麗にしたければ、沢山綺麗じゃない事を客観視しないと行けないのだうなって、思う一日でした。

帰って寝よう。

おしまい

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.15更新

■2015/01/15 面白いものです。客観より、観念
予算が決まります。一市民だから、想像もつかない内訳ですが、それぞれ意味があるのでしょう。
どうぞ、意味ある生き金で社会が元気になると信じたく思います。関係者方々には、責任を十分に果たして頂きたく思います。

さて、国土の面積は38位でしたか?世界では?ところが、海外線は、世界で6位。

で、災害が起こる時活躍するのは、陸上自衛隊。防衛能力と、災害能力を両立するには、海外と比較して比率でどれぐらいの数が適正かと出てくると思うのですが、どうやらそういった価値観より観念で決める左巻きのクオリィティペーパーもあるようです。

海も同じなのでしょう。
海岸線がどれくらいあるから、どれぐらいの備えがと言う訳には、左巻きの観念のフィルターを通ると違う解釈のなるようです。

根拠より、観念。

毎度、新拉致のアジア、侵略のアジアと仲良くしようと、教科書から反日に徹する輩である事は、遠巻きにされる訳だ。仲良しと言う所に全てがあって、どんなに侮辱している事も、侵略するでと意思を顕にしている事も、同業者が拉致されている事も、左巻きの目には何ら景色が入らないのだなって合点がいく次第です。

観念で縛られて、現実のシビアさが見えないでクオリティペーパーとは、何か寂しい限りです。

どうして、国が安全という視点を持つ事は犯罪なのでしょうね?それが、左巻きと思わず言いたくなる所以なのでしょうか?

さて、臨床は、客観が全てだと思い始めています。観念で、そんな事は無いと(言いたくなる事は、弱い人間です。しょっちゅうです)言ってはいけないと自覚しています。

患者の指す症状が、本当にそうであるなら、どうしてそんな表現をされるのだろうと考える訳です。

そう言えば、少し働く事が出来るようになった患者も出てきました。昨年の暮れぐらいから始めたのかしら?

会社に理解があり、調子が悪ければ休んで良い。元、FMSの方がこの会社にいたせいなのでしょうが。

休まなくなって働けるようになった。

これが、実はアッシにとっては嬉しい。今日は、喉仏が見えるぐらい首が後ろを向くようになる。

良かった。

で、歪みと言うのでしょうか?
こいつを解決していかなければ、多分、普通に働けないのだろうなって勝手ながらに思います。

最後は舌の位置関係を鑑みて、頸が真ん中に来るように舌の位置をコントロールすべくシュミレーションをして、次の課題に次回から入る、そんな臨床です。

観念でクオリティーを担っているといえる仕事って、アッシは寂しいと思います。
口の筋バランスを構築させられない時、倒れる可能性を担う仕事って、アッシは苦しいです。

でも、目の前にいる患者と対峙している点では、読者と勝負しているのだろうか?と思えてしまうからアッシは、性格が悪い。

聞こえの良い観念の話ではなく、真っ向勝負に根拠を前面に働きかければ、実は、もっと凄いものになるのだろうなって思うけど、左巻きの観念が描く心地よい言葉の言葉のつなぎ合わせは勉強はいらないせいなのだろうと思い始めた今日この頃、そんな感想でした。

目の前にある症状のつなぎ合わせと、その解決を探る作業は、明日も続きます。

臨床は難しいです。決して、観念で捉える事は許されません。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.14更新

■2015/01/14 顎位と風貌と言うか輪郭かな?
顎位が変わると顔の輪郭が変わる事もありうるのだろうと思っています。

歯の治療をして顔の輪郭が変わったと言う患者さんの声を聞く事があります。

では、逆は?

この逆を試行錯誤で結果、良い方向に持って行く事はありましたが、具体的にと言うとその論拠は、個人のアッシの中では脆弱でした。

未熟と言う観点で捉えられる方もいらっしゃるかもしれません。
逆に、そんな所まで拘るのだと言う方もおられるかもしれない。

興味ないし。こんな捉え方もあるでしょう。

歯科医でなければ、関係ないし志す?治療形態によってはどうでも良い世界名のかもしれません。

個人のアッシは、それがとても興味深いものでした。
顎位の情報が変われば、変わるのでは?そんな事を思っていました。
でなければ、歯の治療をして輪郭が変わったという言葉を聞く事は無いと思えるからでしょう。

ここに一つのキーがあると思います。

そもそも顎位とはなにか?
顎位と安易に表現していますが、それを客観視する指標は?
そいつがない限り、多分、顎位と輪郭?そんな関連性は見いだせないのかなと思う今日この頃です。

ただ、やはり!

そんな確信に近づく時、たまには嬉しいと思う事もあるようです。

臨床は難しい。闘いだし、闘病へのおもてなし?ってどんなものだろうと、考える今日この頃です。

おしまい。

 

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.13更新

■2015/01/13 舌も乾かぬうちに
舌も乾かぬうちに
性奴隷商人の民族と陥れた側が、被害者に生まれ変わろうと頑張り始めた
奴隷文化がない国に、あったきっかけを作った側が被害者。

言論の人が、誤りを批判されると、被害者になる。これが許されるのが、言論の世界なら、とても由々しき問題となる気がします。

舌も乾かぬうちに
従軍慰安婦という言葉が、戦後生まれれたのか存在していなかったのか明確にしない中、新拉致のアジアに気を使わねばおかしいと、教科書に口を出す。

クオリィティ―ペーパーが、一次ソースは行方不明で、左巻きの気に喰わない歴史展開になると、叩く!

舌も乾かないうちに、色々な意見を載せていきたいは、向こうに、バーボンがバボーンの如く、向こうにやっちゃいました。

拉致をされた側が、何故に気を使えと言うのだ!と、個人のあたしは思う。
侮辱のアジアは、得意の国連人権委員会戦法と、あたかも護衛隊の左巻きのクオリィティペーパーの共同で、日本性奴隷国家に昇華(本当は侮辱)させた、お見事って思う立場。

一次ソースを明確にされて、正々堂々と強制連行、従軍慰安婦の根拠を出して、教科書から削除されるのは合点がいかぬが、あるべき姿のように思うけど…

お隣に気を使わねばが、動機なら、残念ながら日和見であって、その日和見も全て侮辱と侵略のアジアへの従属であるなら、ろくでもないと思えてなりません。

軟禁していること自体を抗議するぐらいの意気込みは、無いのだろうな。へたれすぎ…

はぁ~。

早く解決して頂きたい物です。

あ、そういえば原発事故。地震ではなく、津波が直接の原因なのに、地震が全てと言う展開に導いた手腕は御見事だと思っています。多分、この展開に、左巻きは仕向けたいとすれば、嫌になります。

さて、舌が悪さをするとっかかりに舌空間把握能と言う反射系がある気がします。

ところで、等尺と言う言葉があります。平たく言えば、同じ名称の筋が同じ長さである事。

では、これが違った場合は?ここが今の臨床の闘いのようですから、正直、きつい。

そう言えば、久々にトリガ―麻酔をしました。何年かぶりです。懐かしかったですね。

側頭筋腱に麻酔を行います。
顎の痛みどうですか?
楽です。
首、肩は如何ですか?
楽です。

対処療法として、ポピュラーになるとに良いのかもしれません。でも、どうなのでしょうね?

批判ではなくイノベーションと言う言葉を筆頭に、私達の国のリーダーは張り切られています。頑張ってアッシらの生活を豊かにして頂きたく思います。

でも、イノベーションが先に行きすぎると道徳心?倫理観?がおかしくなるような気もします。どうなのでしょう?

対処療法の先の抜本とか、原因になると追求すべきポイントが増えるから、さてどうしたものかと考えたりもします。

臨床は難しいなって、治療は闘いなのだろうなって、妙に思うこの頃です。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.11更新

■2015/01/11 舌も
舌に関わる言葉って結構、あるみたい。

舌も乾かぬうちに、舌先、舌が回る、舌が長い、舌の剣は命まで絶つ、舌は禍の根、舌を出す

と、あんまし良い意味では使われない感じ。

舌が肥えるぐらいですかね。
上品?というのか、綺麗な?というか、文学的に使える言い回しなんて、

何ででしょうね?
舌を巻くなんて言葉もあります。

この舌が、結構、敏感な組織と言うところが、臨床では面白いのかもしれません。

顎のカックン運動とかにも舌が関わるようで。

おしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2015.01.10更新

■2015/01/10 悩んでも、どうせ悩むしかないのが能のようだし
風邪は相変わらずコホコホの状況ですが、涙眼が消えただけいいかも・・・

そんな事を思っています。

でも、身体は、それなりにきつい。
健康は、大事と言う事でしょうね。

”歩きながら考える。”そんな言葉もあるようですね。今のアッシには、こいつがぴったりとくるようです。

悩んでも時間が経つだけだし、悩まなくても時間が過ぎます。
だから、歩きながら悩む 考える。そのうち、なるようになると考え直す事にしました。
どうなるようになるか、悩む事止めて、出来る事を淡々と行わないと行けないのだろうと考え直す事としました。

別に締め切りがある訳でもなく。自分の意思と、自分の手前勝手かもしれませんが自分の判断に従うと言う事に気がついたからかもしれません。

臨床がアッシのフィールドだし。

しかし、頸の上下運動のスムーズさが歯の位置関係とか、当たりで支配されるとは嫌になる時もあります。

シュミレーションをして、引いたり足したり、移動させたりリ・・・

人間の身体は神秘だと思います。

この神秘性にどこまで、真摯でいられるか?そんな気持ちを保つ上では、悩む事は仕方ないとしても尾を引かせても仕方あるまいと思い直した今日この頃でした。

おしまい

 

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー