じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.04.25更新

■2014/04/25 正中性と水平性?
正中性のトラブルで→**が起きるって、事があるとする。
水平性のトラブルで→**が起きるって、事があるとする。

さて、これを家と言う構造体に当てはめてみると、正中性が崩れているとすれば、柱が傾いているという見方が出来るのでしょうか?

水平性のトラブルとなれば、床が傾いているという見方が出来るのでしょうか?

さて、どちらか一方だけで済むのか、併せて緩やかに相互に関係があるのか・・・

さて、これが身体に起きる事があるのか?ここに、一つの課題があると思うのですが、歯科医である私の立場では、口の中で起きる場合があるのか、どうか…

ここに着目を置いています。

ま、起きなければ問題は無いのでしょうがね。そして、何も感じる事がなければ、考える事も無いのでしょう。でも、何かを感じたから、拘り続けているのかもしれません。

この水平性を水平系に置き換えて、はて、水平系にはどんな因子があるのか、正中系と捉えるとどんな要素があるのか?

そんな繰り返しをし続けると、何かを感じるようになります。

そう言えば、今日出会った話。
顎が痛い、歯を変えてから顎が痛い。和紙を一部歯に貼って、痛みが取れる事事を確認。
和紙だけはちょっと自慢。適する和紙探し、結構、面倒だったので。(笑)

水平系、正中系の捉え方から、顎位を一次因子に捉えなくなった所から、何かを感じるようになります。そこには、生理学をベースの理屈があるのですが、人間の身体と言うのは、一筋縄ではいかないと、つくづく思います。

患者は驚きますが、ま、生理学がそう言う物なので・・・
実際、治療をお引き受けするのかは分かりませんが、生理学はとても大事な学問の用だとつくづく思います。

例えば、顎の喰いしばりと言うトラブルの行動様式(ここではこういった表現にします)が、痛みを取ろうと、薬なのか、スプリントなのか、方法はさておき、病態メカニズムを掴まない限り、多分、科学性の中で歯科医が診察する事は難しいのかもしれません。

つくづく、臨床は難しいと思います。

昔、スプリント寝る時中入れる事を、言われた患者。顎の痛みとか、頭痛とか、頸とか、肩とか…そんな所に痛みがありましたが。今日のスプリントファーストセットで、一応ない事を確認します。

1~2分だけ入れてください。

だって、面倒じゃないですか?長く入れるなんて。

それだけでいいのですか?

良いのです。今は、そういう方針になっています。

肝要な事は、この方の水平系と、垂直系のトラブルの方です。正直、骨を折る事が見えているので、本音は…

歯医者としては良くありませんね。

そう言えば、矯正装置を入れて顔がシャープになったと驚く方がいました。
(取り外しのタイプです)

で、こっちの方が顔が楽って、しきりに訴えます。

で、前顔面部の傾斜を図ると、変わっていました。思わず患者は驚き、笑い、あたしも予測しながらも、妙に、納得します。

悲しい声ですが、矯正をしてから顔が変わった!この言葉の意味をを、ずーっと考える事がありましたが、こういった言葉は、前後関係を知ると、結構、悲しい歴史の方が多い気がします。だから、考え続けます。

で、妙に、変わる瞬間に立ち会えた時、妙に納得。さて、本当に変わるのでしょうか?それとも、一瞬だったのか、
これは、いわゆる時薬の世界になるのでしょう。時間と空間を支配する神様しか知らない事なのかもしれませんね。
一時的なのか、変化していくものなのか…

歯医者の仕事は、こういった現実を知ると怖いと、正直、思いますが、どうなのでしょう?

前歯の過剰接触を取るのは、やはり難しいと妙に納得します。

唯、限界運動性で取るのではなく、どう表現すれば良いのでしょう。
上の前歯の裏に、気持ち良く舌の歯が入り、力を入れたければ、バッシと。入れる必要がない時は、フワーっと出来るように、調整演出をさせなければならない…

イメージとしては、課題に於いてきましたが、中々難しい。確実性と、悩んでいましたが、方法ってある物ですね。

そんな事を狙って出来る確信と出会えて、ちょっと嬉しかった、そんな感じです。

咬合治療は、きっと、咬合の定義で考えれば、上下の歯牙の位置関係の相対軸が崩壊した際に行うべき治療と定義するのが、妥当なのかと考えたりもします。

で、最後。

上記に紹介した症状の方々は、顎関節症ではありません。どうぞ、考え違いされないでください。ムズムズしちゃう病気の方もいましたし、身体が痛いの何て言う病気の方もいましたし…

何で、こんな事を改めて書くかと言うと、交通事故に合われた患者がいました。鞭打ちどころか、線維筋痛症レベルまで痛みが派生します。スプリントで対処療法に徹しますが、2週間が限度。

診断に関し、あたしはドクターの意見を求める事を要求します。その方が、社会的に良いのかなって思いまして…

保険会社の方も大きな勘違いをされていますが、顎関節症は、腰に痛みが出る病気ではありません。背中に痛みが出る病気ではありません。

顎に限局した、音、痛み、運動障害(開閉口時)でしかありません。あたしが決めた物ではありません。ガイドラインと言うのですか?ガイドラインが決めた訳ですので…

で、他に身体が痛いとかおかしい場合?
顎関節症ではありません。それが、現在は適当な答えと思います。

何で、そんな事を書くかと言えば、そうか、ネット(私は今は、歯科系のネット自体を除く事は皆無なのですが)では、顎関節症と、身体の痛みを相当に結んでいるようなのですね。

もし、何となく目を通される方がおられましたら、知識として知られて下さい。

で、遅くなりました4月馬鹿の話。
お医者と一緒に同じ空間に居られたら、診断は間違いないのにな…って思う時もあります。そんな社会が生まれると、また、面白いのかもしれません。

疾病で悩まれる方が読まれていて、この表現を目にされた時、気を悪くされるかもしれません。面白いと言う言葉の意図は、愉快と滑稽と言う意味ではなく、どちらかと言えばリアルに、願いと言う感覚の方が近いかもしれません。シニカルな表現かもしれませんね。

でも、そんな感覚を持ちます。

言いだしっぺから行動なるのでしょ言うか?
難しいですね。

仕事は仕事です。
必要であれば、仕事として道を探し出す物でしょうかね?
代診で苦労しているのに、医師免許ライセンス者となると…

今は4月馬鹿と言う、嘘でいたくく思います。

何か手が見つかったら紹介したく思います。

人の身体は素晴らしい。人間の素晴らしさの前で、いつもたじろぐ。
おしまい

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.21更新

■2014/04/21 もし、左の歯の高さと右の歯の高さが… 咬合って!?
もし、左の歯の高さと右の歯の高さが、違ったとする。
この場合、どうなるのだろう?

相当に掻い摘んで、表記していますが、この現象は、長年歯科界の、咬合に携わる歯科医たちの課題でした。
でしたと言う表現を用いると、研究課題が終わったの?って考える方もいらっしゃるかもしれません。

多分、違うと思います。

研究課題が旬で無くなったの?と捉える方もいるかもしれません。

多分、そうかもしれません。

研究課題として、置き去りにされたの?と、捉えるかもしれません。

多分…

ま、研究課題も色々とありますし、あられるのだろうと思うのです。

でも、何人も研究者が、何かを見つけ出そうと試みて、どうしても壁を打ち破れないのようです。
見方を変えれば、それだけ難しい研究だと言えるのだろうと、個人のあたしは思います。

では、何が、そしてどうして?

個人のあたしは、複合系で、数学的表現なら係数が多すぎるとかそんな所が、原因なのかなって思うのです。

本当に難しいなって、個人のあたしは思います。

このいわゆる水平的ずれ。
こいつが相当に厄介だ。

その解決は?

また、何かを考えてみたい。
それしかないのだろうな…
と言う事で、おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.18更新

■2014/04/18 咬合治療
咬合治療は、医療者に相当な知識と覚悟がいるのだと思う。ごまかしが効かないから、覚悟がいるのだろうな。

”我、木鶏にたりえず”な~んて、明言を残された大横綱がおられました。その域など、まだまだです。

でも、何時か、そんな心境の、そう、山に例えるなら、ふもとのすそ野近くまで、脚を運んでみたいと思うのです。

臨床は、難しい。
人の身体は素晴らしい。その前で、いつもたじろぐ。

おしまい

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.17更新

■2014/04/17 やっぱ、計測要るのか、再確認した感じ
顎位という歯科医?歯医者さんが扱う構造体には、一つの現在位置をさし示す言葉がある。ま、今回は曖昧な表現と言う事で。定義は気が向いた際に。

少し思い出話。
確か、29歳頃。噛み合わせがおかしいと言う患者がいた。開業前の勤務医時代の話。
で、ドーソンテクニックが使えそうだったので、試しにチこコット咬合調整。ドーソン教授の考え方に従って、調整。ビンゴ!嵌った。正に狙い通り。

その時だけはね。

で、その日、その瞬間は患者も歯医者さんもハッピー。で、それ以降は?
人には、秘密の箱にしまいたい事もある物です。
だから…

実は、その先は良く知らないのです。正確に言うと、勤務医ですから、院長先生より御縁なきお暇を命ぜられ、退職と言う運びとなります。

そんな経緯もあり、その後を知らないのです。

でも、あの強烈な体験が、咬合って何だろうとか、顎位って何だろうと、考えるきっかけになったのは事実です。

院長からお暇を命ぜられなかったら・・・
どうなっただろうと考える時もありますが、ま、そのイメージは内緒と言う事で。
難しい所に誘導したのかも・・・

って、無恥さ加減を知った私は思うのです。

頭位と言う言葉があります。
歯医者さん側に立てば、口の中から見える上顎歯列の位置への影響を与える物という言葉になるのでしょうかね?

で、頭の位置を決めるのは、頸を一つの単位に姿勢と言う単位になっていくのでしょうね。

顎位と言う世界を知りたくて、丸山教授のコースを一時は受講していた事も思い出されます。

日本咬合学会の、大事な人です。

今は、縁遠く、自らの目を信じて臨床現場に立っています。頭位に支配される上顎と下顎位とには相互関係があるはずという立場と、下顎位が水平軸に対し、正中に来れば、頭位始め全てが整うという価値観があるようです。

実際どちらなのか、それは、歴史の評価を待つしかないのでしょうが…

唯、顎位という捉え方の大部分は、基礎的知識の箱に治まっていると思うあたしの場合、日本咬合学会と概念上の考えとはそう大差はないと思っています。

テクニックと言う意味では知りません。

例えば、水平性の問題をあげて見ます。上の左右の歯の高さ関係が、正中性に基ずいて考えた場合、決定的な
左右差がある場合、無理な力がかかる事があるのではと思う時があります。(個人の価値観の世界ですから、押し付け出ない事に徹したいと思います。ご理解頂ければ)

その左右差が無くなるよう、構造体の現象を治められる時と、治められない時とでは、実は顎にかかる問題は変わるのではないかと思う時もあります。

左右差がある時、水平性の問題を顎位は抱えるのではないかと想像するのです。

前後的左右差よりも、水平的左右差では、どうやら後者の方が現症は重い様に、経験則では思う時もあります。で、計測を試みるようになるのです。

まあ、いやらしい感じです。
頸の長さ?変わっていない?
下顎枝の角度、変わっていない?

と、変化する、変化する。

え、こんなに瞬間的に変わるのと、怖さすら感じます。

歯を入れて急におかしくなったと、悲しい言葉を聞く事もあります。
どうしてだろう?
そんな事を、考える時もありました。

計測をしていくと、きっと、姿勢反射と顎反射の不調和が、許容範囲を超して起きたのだろうなって想像するのです。

今日の体験は…(別に実験をしている訳ではありません)
左右差と言う視点では、話を変えますが、例えば矯正学ではベッグ法と言うレントゲン分析から始まる手技の手法があります。矯正のトラブルは、この計測点を別のアイディアで、視点を変える事が大事なのではと考えられた先生がおられます。

実際の現場の評価は、実際にベッグ方を採用されている先生の評価を聞かれると良いと思います。

なら、生きている生体に直接測ったら、どうなるのだろう?左右差も見えてこないだろうか?何かを考える、見える物がないだろうか…

先に結論を書きますが、左右差の根本原因は?これを悩む訳です。

右上がやはり低いと患者が自覚を訴える。そうなる事を期待していた訳ではありませんが、計測通り。咬合調整をして見たら、頸の張りが取れて、右で痛くなく噛めます。ウ~ム。

だよな。
骨だよな。
でも、計測レベルを上げないと行けないよな。
ハア~。

歯を治してから、調子が悪い。模型計測で頸は下向きの方が重心取れるみたい。嘘つきなんです。姿勢の維持には、下向きが良いらしい。で、正面を向くとふらつく。こんな所が理由じゃん。

計測か…

で、最後。
詳しい事は割愛しますが、相補下顎位と言う考え方があります。これで取れる事が理想で、実際は無理だよ~ていう顎位の捉え方があります。

昔はこれに拘って考えた時期もあったのですが…今回は、計測結果を信じて、左右差を消す事を選ぶ。現症が消えた。嘘!

計測か…
ハア~

どうやって骨と仲良くなろう。
コツコツとやっていけば、骨おりぞんにはならないのだろうか?

ま、そんな感じでおしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.15更新

■2014/04/15 30歳成人式だってさ
今日、喫茶店で久しぶりに飯食いに行ったのさ。いつもは、クリニックでおにぎりを合間、合間に頬張る事が多いから、ちっと幸せだったのさ。

で、スポーツ新聞を取る。我が応援するライオンズは…ダメじゃん。知らなかった。
開幕も知らなかったし、シーズンが始まっているのも知らなかった。で、順位も知らなかった。で、最下位。ウム~・・・

でも、振り返ると今年も去年もいつ始まったか知らないまま、シーズンも終わっていたし、いつの間にかカブレラがオリックスに移籍していたし、ダメじゃん。

何も世の動向を知らない。
ほんと、知らなさすぎさ。

で、コラムを読んじまったのさ。
内容は、国民選挙を18歳から考えさせようと言う動きがあるらしい。それを反対する内容なのさ。

30歳で成人になれないのが日本人でさ、成人式は30歳でも良いのではという動きまであるのに、18歳で考えられるのかい?って言う話なのさ。

考える事が遅そければ、知るべき事を遅ければ、それだけ遅れるのにと言うのがおいらの考えさ。でも、コラムは違った。ウム~・・・

国民選挙で責任を与えるのは、早すぎと言うのさ。じゃあ、いつからなら良いのさ?

投票率が低く数合わせと言うなら、罰金性にして、棄権すれば感謝状を出せばいいじゃん。で、国の借金を減らす事に協力させれば良いじゃん。

棄権1回10万円ってすれば、投票率50パーセントなら幾ら国が楽になるよ。で、楽になった分、減税しようぜの方が、良いじゃん。

何で、考えさせない方向へ方向へ、動くのよ。現行の20才のままで良いか、18歳で良いじゃんのどっちかと思うけど、ようは30歳までダメと言いたいのか?

あ、そっか。

女性の理系女?、沢山いじられていました。捏造か、悪意か、それが焦点?って、おいら思ったのさ。研究者として淡々と進める事があるべき姿。それだけ、確認できればよし。2時間も何をするの?

あるあると言葉でなく、研究者らしい態度と行動と思うのに…
あ、30歳から成人式だっけ?

ウム~

エビデンスが曖昧の意味を指導したる!と社会常識を教えたると果敢に教授された方までいたらしいのさ。

ところで、慰安婦のエビデンスは?日本の恥さらした後、問題なのはエビデンスがない事?なら、何故、撤回はしないのさ。

代わりに用意し始めたのは、性奴隷のように働かさせられていたのさ、新解釈物語。では、そのエビデンスは?

で、エビデンスがないとしたら、ひっこめる勇気は?国の信用を貶めたとしたら、責任は?

これ?思い込みが許される職種と、思い込みでは許されない職種があるという特権階級宣言なのかい?

あ、未成年は勘違いも許されるってわけか?
30歳成人式説なら。

なら、いっそのこと、性奴隷のような働きをさせられたとエビデンスなき立証をしようとしたおっさん、60すぎだから、おっさんの為に、60歳を成人式にした方が自然と思う訳さ。

そんな事を、恣意的(しいてき)に思ったのさ。

どう、60歳成人式!

そうすれば、医療も勘違いがあり。何でも勘違いあり。左巻きの方々が、きっと、もうすぐ証明してくれるはずさ。勘違いが正しいと。ウム~・・・

ライオンズ気がつけば、勝っていたって、ならないかな…
勘違いで良いから。

日常と隔離しているから、引きこもりだから気がつかないか…

多分さ。

今日の事。

少し背中の痛みが軽くなったかも…
ようやく言って頂けたけど、歯牙接触癖て言うらしいのさ。こいつが解決しない限り、ダメなのさ。
過剰接触が取れない限り、筋痛症は厄介だ。

歪みの発動って言うのかな?おいらの表現。造語、造語。慰安婦と同じ造語。

で、勘違いで、消えましたってなれば、臨床も良いのに。

30歳成人式って、書いた本人真剣。現実性、あるの?それでもコラムが書ける訳さ。造詣を感じられない、もとい、造詣を勘違いで感じられないおいらは、相当に勘違い野郎だ。勘違いの造形は、アメリカに行くとあるらしいぞう。ウム~・・・

そんな臨床家には、なりたくないと思ったらしいさ。

おしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.14更新

■2014/04/14 やっぱり
筋活動も良いけれど、計測はいるみたい。そんな事を考える今日この頃で、おしまい。

骨だよな…
骨。

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.12更新

■2014/04/12 小善は大悪に似たり
小善は大悪に似たり。大善は非情に似たり。

かつて、お世話になった人に叱咤された際に教わった言葉です。
あるきっかけから大事にしている個人の言葉であります。

思い出した気かっけは、左巻きの方の考え方から。
お遍路の道に、ハングルの文字での案内を勝手に貼ってみました。剥がす行為を、おもてなしの心が無く、日本人として寂しい。そんな内容だった気がします。

思わず呟いた言葉がこいつだったりします。同時に笑っちゃいましたが…

許可なく貼る事、これが自由だと言うなら、公共のルールはどうなのだろう?で、ローマ字表記はあるだろうに、何故にそこまで帰依したアジアに拘らないと行けないのだろう?

凄く不思議。

身勝手な行動を尊重するって、どうして左巻きの方々はアホなぐらいお優しいのだろうと、本気で思っているとしたら、大丈夫か?幾らなんでも…そんな事を思っても見ます。

日本人として恥ずかしいとは、何か・・・変!廉恥の心を向こうに、破廉恥な輩になり下がったのかな…て、思ってしまいました。

分かんないけど…どうしちゃったのだろう?世をチェックをする大事な仕事なのに、左巻きと言うだけで、何が何でも、迎合させたいのだろうか?って、うがってしまいます。

で、返してあたしの仕事。
至って日本人的発想を持つ始末だから、もめる事は当然嫌です。ライセンスの意味を知れば知るほど、もめるのは嫌です。

良心に従い行動出来ればどれだけ…などと、思う事が多いです。

ま、内面の話はここまで。

嚥下障害と骨格的な問題について話します。一人の歯科医の意見ですから、その先は患者が考えれば良い。そう思っています。
ですが、相互間で安易な心構えでの治療行為は控えたい旨はお伝えします。
医療だから。

また、一瞬の間でしかありませんでしたが、別の事をします。この表現は、相当に問題ですが、合間に瞬間判断を求められたので、その要望通り瞬間判断をします。

歯を並べて、何故か、奥の歯が問題と言われ治療して、どうにも体調がすぐれない。
自覚し始めたのは、歯の治療に入ってからです。

実際、合間に見る程度という確認だったので、いわゆるセカンドオピニオン的側面で、原因を考えます。

咬合の位置関係が壊れている…

仕方ないのでシリコンを利用して…

涙ぐんでいました…
やっちゃった?と妙に自信のある焦りで、間を持てあましていたら、何秒かの間の後、楽です。そんな噛みしめた言葉を言われます。噛む位置が分かります。何故でしょうか?

ま、そんな経験を持つ日があっても良いとたまには、思います。
だって、まだ痛みを取れない患者、いるのだし。そう臨床は簡単じゃない。そう思っています。

だから、小善と言う精神だけは打ち消す事を常に考えるようになったのでしょうか?
大善と非情を常に横に置く事が要求されるのだろうと思うようになっています。

左巻きも、アジアからの帰依を卒業されれば、リベラルであられるのに…と思うけど、慰安婦と言う捏造か真実か存じ上げませんが、どうやら真実ではなさそうだと言う事実関係が世に出回る事に冷や冷やしながら、世をチェックするとなると、廉恥の精神ではいられないのかもしれませんね。

分かりませんが。

あたしが分かる事は、臨床は難しいと言う事だけです。
おしまい。

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.11更新

■2014/04/11 咬合を邪魔する者?
咬合関係がおかしくなる時、咬合をするだけで、この場合、多分、過剰接触をするだけで、感作と言う反応を示す事があるという。

では、それが何なのか?その正体は如何に?
では、その結果、何が起きるのか?それが、身体に与える影響は?

そして、どうして?

そんな事を考える事がある。

現象として、問題は、多分、顎位レベルのコントロールで済むのか、そのレベルが、顎位レベルのコントロールだけではなく、顎自体がどうにもならない付随的動きをする時では無いのだろうか?

そんな事を考える。

ま、そんな事を考えると、顎位が果たして一次因子と言いきって良いのかと個人のあたしは思う時があります。

ま、小難しい言葉で結論なきまま、今回はおしまいと言う事で…

でも、大事な事は、多分、補綴を入れてなれるという言葉だけでは、解決できない場合もある。その事を、術者も患者も知ることからしか始まらないのではと思います。

当たらないよう工夫しても、おかしいと感じる時、もしかしたら、それが、いわゆる咬合の位置関係がおかしくなっていると言う示唆する現象なのかもしれません。

で、難しい事を書いていつつも、歯と身体が関係あるかは、どうなのでしょうね?

例えば、唯、咬筋反射→***反射と興奮が亢進する事になれば、全身性への波及と言う現象を意味するのかもしれません。

別の視点に立てば、筋の代理補償のメカニズムという言葉に置き換える事が出来るのかもしれません。

これら言葉で考えると、歯と身体は関係ないと言い切る事は、ライセンス者である以上、逆に中々勇気がいると個人のあたしは思います。

さて、どちらなのでしょうね?

身体と歯は関係ないのか、関連性はあると認めるべきか?

読まれた方は、どちらのスタンスで考えますか?

人間の身体は難しいですね。
おしまい。

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.10更新

■2014/04/10 補綴治療と咬合治療についての違い かな?本心ぽい話
例えば、咬合治療が補綴の治療だと捉えたとします。きっと、手法の一つに補綴が用いられるだけで、補綴治療=咬合治療ではないと。個人のあたしは考えます。

昨日書いたエネルギーがまだ、少しだけくすぶっているようです。

そんな大した内容など、多分書いていないと思います。ッですので、真剣に読まれない事と思うあたしがここにいたりします。そんな感じで、読まれる方がいらっしゃるなら、斜め読みで読んで頂ければ…

咬合の定義は、上下顎の歯牙の位置関係。
補綴の定義は、確か、こんな感じ。何らかの要因によって健全歯牙の状況が崩壊して、その崩壊に対して、回復を図る術。
その術には かぶせ(さし歯)、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあげられる。

また、何らかの要因に関しては、例えば、むし歯(う蝕)等で大きく傷ついた結果、あるいは、歯周病等が原因で歯を失ってしまった時などがあげられる。

そして、この補綴物には以下の条件が要求される。
人工的な素材を使って歯の形態や歯ならびを復元し、見た目、発音、咀嚼などの機能を回復させる等。

こんな言葉を紹介したく思うのです。

ですから、咬合治療と補綴物治療とは、多分、持つ意味合いが違うのではないかと思うのです。

例えば、全ての歯が補綴物で、何ら問題がなかった。けれど、その歯が銀歯で、それが嫌で、審美性の回復も願った。
この時は、咬合治療かどうかと言えば、咬合は絡むが、多分、定義から考えると補綴治療になるのだと思います。

ですが、そのせいで、咬合関係が分からくなってしまった場合、咬合治療が要求されるという事になるのではないかと思うのです。

概念上のお話です。
言い方を変えれば、補綴治療は、咬合異常と言う機能性に問題がない事が多分前提で、審美性の回復の為、やり替えても問題がないという風になる筈です。

その一方で、咬合治療は、定義の上と申しますか、概念と申しますか、咬合関係の喪失や崩壊に伴う、肉体的反応に対する影響までを考える必要性がある治療と言う事になるのではないかと思うのです。

ここから、少しだけ怖い話を入れてみたく思うのです。嫌だななって思われた方は、つまらないじゃん!と思った方は、プチっと読むのを辞めて頂く事が賢明かと…是非!

問題は、咬合という性質が顎位が絡んでいる事。この顎位と言う存在を無視して語る事が出来ない事。
次に、顎位は、普遍ではなく壊れる事がある物。と言う所に尽きると思うのです。

ある学会の見解でした。聞き間違いが多い人間ですので、錯覚の筈です。

FMS?(何とかテレビミュージック歌謡祭ではないよね・・・ベタ過ぎ)に罹患される方には、何故か過剰接触を訴える患者が多いとか、歯科治療後に発症の報告があるとか…

でも、医科界は、その歯科の現象について深く何かを見ていないでいただけている。これは、歯科医にとってはラッキーなのか、歯医者さんにとっては当たり前なのか…
では、患者にとっては?

噛み合わせが悪いと、***が起きます。では、噛み合わせとは?歯並び?歯が全体に当たっている事?何を持って、噛み合わせが悪いと言うのでしょう?

咬合治療と言う方策を否定する立場を取っている訳ではありません。

大事な事は、安易に咬合治療の可能性を、患者になるかもしれない読まれた方は捉えない事では無いかと思う事です。

こんな事を思うのです。

あたしの立場は、歯と身体は関係ないに居たい側ですので…
顎ずれ犯人説に羨望の眼差しを持つ側におります。

臨床は本当に難しいと思うのです。

で、やはりお茶らけで、示唆する程度が一番かと、元のスタイルに戻りたいと思います。ところで、元のスタイルって?

あれ?

落ち切らない所で、おしまい。

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.04.07更新

■2014/04/07 身体って
反射系のコントロールだけで頭痛いのに、もう一度頸に意識を回すのかな?

で、ここからは妄想と言う事で。
咬合と身体は関係ないと言うのが、正しい?約束事ですので。
でも、変化を目の当たりにすると…

でも、大丈夫。
こういう時は左巻きの人が解決を図る筈です。

左巻きの方が帰依するアジアは、武器系統を本当の東南アジアに安く売り、異議申し立てを出来ないよう仕組んでいるそうです。
民主主義の国で、フェアーに対峙するには、左巻き帰依するアジアは、相手が一切の異議申し立てが言えないよう、ルールの一方的な変換が出来る仕組みを作っても受け入れる事が大事な様です。多分、何も考えていないし、見る力も無いのだろうなって思うようになっています。

だって、この頃スクープって、週刊誌にやられっぱなしで左巻きの探す仕事の方々は、益々左巻化がエスカレートしているだけのようにしか感じられませんが…

どうなのでしょうね?

武器商人の道を選んだと言う文言が、どうにもこうにも想像力豊かだなって思えてしまいます。

それって、武器商人って言えるのですか?って、何でも憲法、どんな時でも憲法って居丈高な左巻きの引っ張る人のセリフをぶつけてみたい。

少数意見と言う立場に上手にくるみながら、左巻きワールド以外は認めないという枠作りがこの頃、どうにも違和感を覚えてしまいます。

仮のお話ですが。

確かに、頸の位置覚のコントロールが仮に出来れば立位時の重心コントロール出来るかもしれない。
確かに、咬合の問題で頸の問題につながるとするなら、もしかしたら多くの病気に対峙する一つの解放が生まれるのかもしれない。

仮のお話ですので、妄想と受け止めて頂ければ。

でも、左巻きの方々の聖女、性奴隷。
それを、聖女にして人権問題に絡める方々の方が、何とも言えない暴力感を感じるのは気のせいでしょうか?
左巻きの方々には、絶対に譲ってはいけない護らないと行けない掟があるようですね。そして、その下で言葉の変換作業を繰り返さなければならないようですね。
アジアの帰依の証拠は、用いる言葉は世界中。
世界基準を持つと、右傾化。
歴史は性奴隷の商人がいた。

はっきりと、中国様と韓国様の言うことがすべて正しくて一切の思考を止めています。彼らの言い分と違うのは間違いだ。
中国様と韓国様が無視する?世界基準は知ってはいけないのです。
歴史の上で、性奴隷で商売する日本人がいた。それは、私のおじいちゃんです。

そう言えば、万事解決するのに。
その心は。

あなたが嘘をついていると思われず、嘘が仕事の人とか無能者という明確な評価を受ける事が出来ます。

良いですね。

あたしは日本は日本の立場があり、それぞれ立場がある。でも、日本は民主主義です。て言う所でしょうか?

さて、咬合。
どんなものなのでしょうね?

ロマン派でいたいのでしょうかね?

おしまい。

 

 

 

投稿者: こすが歯科医院

前へ
顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC