じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.03.31更新

■2014/03/31 噛み合わせは神頼みか、基準が教えるのか
人生も四捨五入をすると、信長公が能で唄われたった人生50年が近づいているようです。
10代のあたしは、そんなに人間生きる物かねって、妙に思った物です。でも、気がつけばそこまでカウントダウンが、始まっているのかな?
な~んて事を思います。

その当時、そんなに長く生きるとどんなふうになるのだろうと、妙に興味を持った記憶もありますが、それなりがあたしの場合妥当の様で、如何でしょうか、皆様の場合?

こんな言葉だと思います。
”人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり、ひとたび性を受け、滅せぬもののあるべきか”

好まれて用い、そして本能時のその時も唄われたとか、どうかとか…でも、本当であろうとも無かろうとも、肝の据わり方と言うのでしょうか?凄さ・強さという物が、生死をかけるギリギリの時まで全うされたようで、その姿は時を超え、何かを教えられる気がします。

きっと、基準と言うのでしょうか、目指されるべき普遍の価値をお持ちになられていたからなのでしょうか?
どうなのでしょう?

翻って、今。

兎に角、特殊でなければならないという一部左巻きの風潮にはヘキヘキする時もあります。
普遍の価値は、左巻きのフィルターを通れば、いくらでも料理できる事を理解します。

放射能で甲状腺癌が増えています。報道の自由です。で、いつ医者サイドからその発信があったのか、報道は不自由です。

円安で赤字が増えています。エネルギーを石化燃料に頼っているからです。エネルギーの選択肢を増やした方が良いです。報道の自由です。しかし、原子力は悪です。原子力の安全性を更に高めて、展開を考え直すは、報道は不自由です。

円高は国内の空洞化につながります。赤貧に耐える事も肝要です。報道の自由です。金融政策による改善は、報道の不自由です。

と、まあ、結構基準てあるようで、結構、一方通行なのかなって思う時があります。でも、見方を変えれば左巻きの方々の方が、よりこの国を絶対的に信頼しているのでしょうね。そんな事を思います。

この国を貶めても、大丈夫と言う自信があられるのでしょうね。
ま、いつ自分の身内を奴隷商人として売り出すか、そんな度胸がある愚かな方がいられるのか、見ものですが。

つい最近は左巻きのパーティーの方が立候補しかかった様に思えましたが。どうなのでしょう?性奴隷にしたがる人ほど、頑張って身内をいけにえにしなきゃって思うのです。
嘘は100回言っても嘘。プロパガンダに変えれば、貶められると言う風潮もあられる様ですので、その協力に、身内を是非いけにえに。

日本語では、その行為を、一言。愚かと言うようですが・・・

普遍と言う物には、確固たる基準と言う物があるのかなって思うのです。

科学をベースにしているのならば科学的根拠と言う表現になるのでしょう。

では、噛み合わせ、は?
これは、神頼みなのか?それとも、基準があるのか?

あたしは、基準がある筈と言う立場を取っています。
自然科学は、難しい。

そんな事を思う今日この頃です。
さて、50まであと3,4年。どんな景色を見るのだろう?
その時には、噛み合わせは、こういった事が基準だ!
そんな夜明けを見られるのでしょうか?

案外左巻きの愚か者が、おじいちゃんが奴隷商人でした、って言う方が速かったりして…

そんな時代は見たくないな。

おしまい。

人間50年…

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.28更新

■2014/03/28 歯科治療って、基準は如何に?
基準て言う話をしていたようなしていなかったような・・・

歯科治療って、何を基準って言うのだろう?
例えば、一軒家を立てるとします。
例えば、その土地が田んぼとします。

その土地の土壌改良を試合で鉄筋建てを建築したらどうなるのだろう?

で、歯周病
成人の場合、その8割が噛み合わせ由来などと言う説もあります。

では、噛み合わせ由来とすれば、そこに補綴の家を建てたらどうなるのだろう?

そんな事を考えたります。

ところで、基準は何にあるのだろう?

そうだ、HP上でも、歯科医募集しよう!もし、こんな考えの方がいらしたら、応募要項を見て声下さい。お願いします。

おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.28更新

■2014/03/28 咬合は…噛み合わせは…
咬合は、噛み合わせは、あたし個人は深すぎるといつも思っています。いえ、とみに、いえ日増しに思う今日この頃というった所でしょうか?

咬合という属性が、骨格と言う物に起因する物なのか。
咬合と言う属性が、歯牙の噛み合う状況の集合性に属すのか。

こんな言い方が出来るのでしょうかね?

前者の場合、全身性との関わりが示唆する事が許可され、後者の場合、身体と歯は関係ないと言う事が許可されるのかと思います。

ところで、その場合、前者は反射系、筋系の存在を当然のように肯定される訳ですが、後者の場合、当然ながら存在を肯定する事はダブルスタンダードになる気がしてなりません。

前者の場合、姿勢を変えると歯の当たる位置が変わると感じる事は、顎位が適応している事を意味しますが、後者の場合、姿勢を変えると歯の当たる位置が変わる事事態、ありえてはいけない物か、未知との遭遇とでも言えば良いのでしょうか?

例えば、限界運動と、歯医者さんでギリギリ顎を動かして下さいと渡される調整法があると思います。

例えば、身体の身体運動の中の表現と捉えた場合、過剰接触と言う現象への対応と考える事も出来ると思います。

例えば、寝ている際、顎がダラーンと移動する可能性がある場合、多分、変なあたりがない方がいい筈。これについて今回はこんな表現で行きたく思います。

その目的意識で行う事と、唯、ノウハウとして行われているとしたら、その差は広がる事は無いのだろうか?

そんな事をふと思います。

ま、こんな所で今回はおしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.27更新

■2014/03/25 過剰接触
臨床は、あたしにとり戦場です。本当の戦場を知らないから、違うと言われればそれまでですが、本当に戦場と思う感じです。

でも、今日ちょっとだけ嬉しい感じ。

線維筋痛症の人、過剰接触を多分、取りきれた。顎反射が姿勢を変える度に起こるから、命令系のエラーが出ると考えています。

身体を動かして歯が当たらないって、気持ちよいのですね。

この言葉待っていました。

ようやく、ここに来た気がします。

後は、必要に応じて必要な処置をして…

完治まであと少し。
それが、何より嬉しい。

そんな経験というか感動を最後に覚えました。

でも、論文は、もっとベーシックな話から始めたいと思うのです。その方が、良いようです。

どれだけの病態メカニズムが事、歯に隠されているか?とても、大変な世界と個人としては思っています。
ま、そんな感じ。

酒久々に飲んで、寝ちゃおう!
久々に次の日をまたがない感じ。
それも嬉しい。

人間の身体は素晴らしい。その前で、いつもたじろぐ。でも、その素晴らしさを求めたい。

そんな感じ。

おしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.27更新

■2014/03/21 ノウハウ…ね
かつて、基礎に忠実に治療をする事はとても難しいのだぞ!な~んて、教えを受けた記憶があります。

で、当時出来たかと言えば… →出来ません。

でも、現場に立つと(出来ない頃?初心者の頃)、何かをしなければ行けない雰囲気。
技術は見て盗め!

成程…

で、出来たかと言えば…  →出来ません。

技術職の側面があります。 多分ね…
で、新人と言う事は…

本当に実力がある。 →あり得ません。
実は、あまり自信が無くて、虚勢を張る以外ない。
              →あり得ます。

本当に実力がなく、勘違いするしかない。
              →あり得ます。

で、この3つのタイプからスタートして、時間軸の経緯と共に成長?変化?変わっていくのではないかと、思うのです。

勘所が良いタイプは、多分、見よう見まねで覚えていくとか、習熟させていくのかもしれません。
あるいは、気に入られて、指導してもらいたい先生のアシストをして、吸収できるのかもしれません。

では、そんな奴は多いのか?って言う話。
どうなのでしょうね?

どちらかと言うと試行錯誤の末、習得していく方が多いのかもしれません。

あるいは、スパルタで(殴りあり、正座あり)覚えさせられるタイプのいるのかもしれません。←あたしは、これ。明治に生きているのか?昭和初期に生きているのか悩んだ記憶もあります。

と、人は成長していく物だという、天の導きがあり続ける前提に立てば、習得していくのだと思います。

で、見方を変えて、そのレベルは?

ノウハウは、きっと、こなすうちに会得するのでしょう。
では、その医療技術は?

基礎に忠実と言うのは、ベーシックです。多分、こなして覚えていく性質とは異なる物だと思うのです。、例えるなら、舞台に立てるし、それなりにこなせるけど、度胸は会得したけれど、評価と言う意味では別の次元の物と思うのです。

難易度の高い物をまでこなせる結果、患者をさばけるし、売り上げも出せると言うノウハウと、基礎に忠実に結果を出すと言うノウハウとは、実は異形為る物。これが、ノウハウという意味では、とても異質な物なのかなって思えてなりません。

医療技術のレベルについては、ノウハウという価値からは導かれません。ノウハウは、その施術者に宿った技術で、その技術が、安全性に、あるいは、確実性であると同義でない事を忘れてはいけないと思うのです。

多分、その理由は基準が違うからだと思います。

でも、良いのです。
天の声の教えによると、世界基準に合わせなくて良いのです。隣に外国出身の方が当たり前にいる世の中になればよいのです。

国の基礎は、防衛であり、外交でありという言葉で集約されても、それらは否定され、ひたすら受け身で、性奴隷と言う罵りを喜んで受け入れる体質にならなければならないようです。本当でしょうか?

耳触りの良いあるいは、聞こえの良い言葉で、表現するノウハウは、どうやら左巻きの方々は、相当なトレーニングを積まれているようです。
でも、基準が無い。
左巻きの方には、世界が言う所の基準が無い。どうやら、これだけは間違いないようです。そう思いたくありませんでしたが…

つい最近も、奴隷のような生活だったと、性奴隷と言う表現を用いる事に対して、積極的に庇う政治の人もいらっしゃった様で・・・

左巻きの人には、未来を創造する力よりも、未来を紡ぐ邪魔するノウハウだけが、洗練されている様に思え、思った感想は…

ノウハウね…

じゃあ、あたしの場合、未来って何を意識するのだろう?
左巻きでない方、未来に対して、考えていきませんか?
基準がない決めつけは、もう結構。

第1項の締め切りはもうすぐ。
嫌になっちゃう。
おしまい。

 

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.26更新

■2014/03/26 本気モード?
戦場だよって書いたのが、昨日。で、置き忘れていた事かなは、本気モード。
本気モードって書くと絶対変!良く分かっているのですが、本気の上に更に本気ってあるのだなって妙に納得する日々です。

何とかしなければって思い、何とかならない時ってありますよね。
それが今って感じ。

そうだ、もしこれを呼んでいる歯医者さんがいて、就職先を探していて、咬合の世界を一緒にやりたいって人がいらしたら、一緒にやりませんか?

そんな事をふと、思った次第です。

色々な人に当たってみるか…

おしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.26更新

■2014/03/25 成程、人生の趣は…
第一項、結論言えば、グダグダでした。私にとれば、それって、自慢とか上から目線と思っていた内容の方が実は常識で、「どう、これなら実践出来るじゃん」の方が、実は上から目線。

う~む。
世の中は難しい。と、妙に認識。

単純が複雑で、複雑が単純で…
人の心の模様は中々、大変だなって思いました。

世の中は単純でないと妙に納得した日でした。
おしまい

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.17更新

■2014/03/17 人生色々・反射も色々
人生色々とは良く言った物だと、ふと思う。あたしの色々は他人~評価を受けるた事になったら、どういった色に評価されるのだろう?ま、そんな事は決してないから、考える島も取り立ててて無いのかもしれないけど。

威丈高に、正論ぶる人よりも、ダークな色に評価されない事だは望みたいのかな?

正中系、もう一つおまけに水平系、どうやら、こいつがあたしが対峙している物のような気がします。と言うよりは、明確な物なのでしょう。

造語なのでしょうが、水平極とか正中極とでも言いたくなる現象のコントロールに反射がある気がしてなりません。

例えば、姿勢反射におけるさまざまな姿勢に併せて顎位反射が起こるとか。

で、その顎位反射をスムーズにさせる為にスピーとかモンソンとか、ま、口の中の構造に偉い歯科医が便宜的に決めた曲線があるのかなって。

と、まあ、見方を変えてみれば結構、歯科医の仕事も頭
を使う物のようです。

おいまい

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.16更新

■2014/02/16 中学生まで歴史教育はしなくて良いというのって…
今の医療の立ち位置は、“患者中心の医療”と言うのが、あたしが理解している医療界の立ち位置。で、あたしもそれを尊重する事にしている。

ヒポクラテスの誓いっていう奴は、読んでも良く分からない。多分、医療従事者の義務を言っているのだと思う。で、あたし流の解釈は、お金を頂いている以上、仕事しなきゃねって、勝手に単純化している。で、仕事をする限り上級の仕事に拘らなきゃ行けないよね。その場しのぎは、後で、仕事自体が厄介になるから、止めなきゃね(避けなきゃね)というのが、併せて立ち位置。で、その場しのぎを、弥法と呼ぶ。で、何故、弥法が起こるのだろうと言うのが、今回の立ち位置。で、併せて精神的世界観からやってみようという、ネクライ試み。

義務っていうのは、簡単だけどこれは、医療従事者側の義務であり、患者には関係がない。義務が行き過ぎると、バター取引が横行する可能性もあって、医療と言う価値観から外れる可能性もあったのかも。つまり、患者の権利と言うのですかね。それが疎かになる可能性。つまり、金が全てで、金を払わない奴は相手しないよって、言う事になるのかな。

地獄の沙汰も金次第という価値観の時代から、人間の時代と言うのかな?

もっと言うと、価値観の大きな変化のうねりがあった。と言えばいいのでしょうか?少し、あたし流の解釈になりますが、簡単な歴史背景を。

医療を提供する義務にふんぞり返っていた(医療者側の)筈が、医療を受ける権利と(患者が)主張できるようになった。そして、それを医療者側も受け入れるようになった。更に加筆すれば、秘密を守る義務が、秘密は守られる義務になった。
医療者側の義務が、患者の権利と社会全体で読み替えが行われるようになった、そんな感じ。
それに合わせて、法律が用意されてきていると言うのでしょうかね。

で、そうなると医療倫理と言う奴が、医療者側に要求されるようになる。人体実験を戦争の時代(研究の目的で)やっちゃったもんだから、ジュネーブ宣言ではそういう事は、(患者の同意が)無ければやっちゃあかんぜ。とお約束が生れ、ヘルシンキ宣言では、インフォームドコンセントという考えと指針が生れると言う奴ですわ。で、リスボン宣言では、さらに踏み込んで患者の権利を医療者側が確約したと言うのですかね。人を大事しよう。と、文明開化が起こっていく訳です。そして、患者中心と言う価値観が生れ、育まれていったという奴ですわ。

と言う感じで、歴史と言う時間の中では傷つけながら、こういうのは良くないよねと、改めて、精神世界の価値観が育ったと言えば良いのでしょうかね。

蛇足になります。そんな理解をしていくと、人間の作った約束事が法律であり、社会を構成する最大単位が国として、その約束事が憲法だと思うのです。そして、人間の作る物。お天とうさんに恥ずかしくない物に拘るとしても、神様が創る物のように完璧な物など作れる訳はありません。無理が生じているなら、変える事もありだと思うけど、それを考えると右傾の人になるそうで、不思議な事だと思えます。更に言えば、右傾は愚劣の象徴の様で、笑ってしまいます。

歴史と言う時代の中で、いわゆる英知の結晶の結果が、患者中心とするなら、これは、社会の変化に合わせ、適応していった結果ではないかと思う側にいます。

社会が変化する中、歴史を改ざんして、歴史から生まれた秩序を破壊して、都合の良い大中華、小中華の事大主義と言う時の時計を戻そうとする試みは、正直、拒否反応です。弱者が強者に従う時代を乗り越え、民主主義が生れたと考えます。挙げくには、歴史は知らなくて良いと言う逃避の発想も正直、吐き気がしています。

取り繕うように、昔悪い事をしたからという感傷を前にされて、時間軸を無視して、国際条約と言う約束は向こうにおいて、何とかしてでも貶めようとする靄の住民の方々にもヘキヘキしています。

性奴隷を僕のおじいちゃんが作って人身売買をしていたんだよと、誰が言い始めてくれるのか。是非、その節には、靄の住民の方々の偉い方を人身御供に捏造して下さい。心から蔑視したく楽しみにしています。主幹の方や、マニュアルなのか、宗教なのか存じ上げませんが、どこでもかしこでも、決め台詞を言われる方から選び出してください。その価値は十分にあるかと存じ上げます。合わせて、墓から骨壷を出され、そのお骨(コツ)が鞭打ち1000回の刑を受けるシーンを、率先して見られる栄誉が授けられます。

 これは、私人ですか。これは、公人ですか。これは、性奴隷ですか。これは、国歌ですか。これは、放射能ですか。
 是非、僕のおじいちゃんは人身売買人でしたというコメントも添えてください。マニュアル通り言われるか、宗教の導きから言えば良いだけです。

あたしは国語力が無いので、新聞は喫茶店で読む物。ニュースは、デマゴグに振り回されないよう遠くから眺める物と言う立場を取っています。

おしまい。

投稿者: こすが歯科医院

2014.03.14更新

■2014/03/14 そっか!
そっか、と、気がついた事がある。臨床論文なのだから、で、共感する仲間?を増やす感じと言うのが今回の目指すテーマ。

大学の偉い先生に渡された課題。

と言う事は、仮説に基づいて試みた人数は既にN群となる。
ポスターなのだから、無理に比較対照群をつくって展開する必要もない。

見出した自然現象が、あり得るか、あり得ないか、ただそれだけを主にしたく思っている。で、共感してみたいかもという先生が仮にいるとして、単純に試みれる事なのだと言う事に気がついて頂ければ、まずは良し、それに気がついた。

この自然現象から何を…というのは、次にすればいい。

そこから、また何かが始まるだろう。
そんな事を気がついた。

臨床なんて、苦しい事だらけだ。
そんな中、何か役に立つかもしれない事にチャレンジする事も悪くない、と、考え直す事にして見た。

枯れ木も森のにぎわい程度の評価でも、チャレンジする事に価値があると思いなおす事にした。

大した人間でないと自覚するなら、それぐらいがちょうどいいのかなって。

おしまい

 

投稿者: こすが歯科医院

前へ
顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー