じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

いよいよ、今回の最終章です。

先に書いた文章があります。多分、要点をまとめると、こうなるのかなって、思います。

  1. かみ合わせが悪いから、体調が悪いのだと、時に断言しているホームページを見ることがあります。
  2. 体調が不調であれば、かみ合わせがおかしいと書いてあるホームページがあります。
  3. 歯の当たり方がおかしいからここを削れば、首が動いたと書いてあるホームページもあります。

僕は、実はこのように考えています。でも、言葉とは多様なものです。ですので、今後も色々なところに、もって帰っていただきたい何かを置いていくと思うのです。多分、よく理解していただけ無いと、前といっている事と違わないかと、誤解を渡すかもしれません。ですので、受け流す感覚で、読まれていただけるといいかなって、思うのです。いつも同じ事を言っているだけですので…
色々な言葉を使いながら…

  1. 身体は、多分歪むように出来ているのです。
  2. 別に、歪む事は、感傷的になれば悲しいですが、老化と同じように、避けて通れないものと思うのです。
  3. 問題は、健康的に歪む、言い方を変えれば、許容範囲のひずみ(歪み)ならやむを得ないと思うのです。
  4. しかし、この歪み方に対応するよう、歯の当たり方は経年的に変わります(成人を対象にさせています)そこに、磨耗という言葉や、病的咬耗と言う言葉が存在するのじゃないかなって、経験上思います。
  5. で、口腔内での反応は、歯牙に現れるか?歯周組織に現れるか?顎関節に現れるか?全身に現れるか?その複合なのか?そんな風に考えることがあります。

    面白実体験♪

    経験とは面白いものです。実は、右下の奥から2番目の歯を、根の治療をしました。人生はドラマです。今は、まるっきりシステムが変わっていますから、無いようですが、僕たちの大学には、相互実習という事で、学生同士で歯科の治療を、問題があれば、治療を行い、患者の気持ちも同時に味わうという経験を持っています。元は幼少の頃、引退をされましたが、叔父に虫歯という事で、治してもらったのですね。治してからというもの、何故か、ブラッシングをするにも関わらず、大体10年サイクルで、治した歯を治すのですね。覚えている事は、歯を入れてもらうたびに、合わない気がするというと、慣れるから、なんて言われて、そんな物かと受け入れさせられて来ました。良く、患者さんが、治すたびに歯が悪くなる気がする、そんな言葉も実は、こんな経験をすると、結びつくような気がします。
    さて、大学で、実は、僕らの学年が、最後に臨床実習をおしまいにするという話が出ました。それは、この素晴らしい、システムを崩壊させるのはどうかと思い、正確に言えば、後輩に切々と協力を依頼され、-自分で患者を見つけないといけないのですね。そうしないと、進級できない、卒業が出来ない、見方を変えると厳しいシステムでした。結局は患者の権利意識、無資格者に歯は触らせたくないという物と、学生気質の変化に、大学教育も中止という形で、このシステムの廃止という事になってしまいましたが…全く、経験の無い歯科医が、世の中に誕生していくわけですね…臨床研修医という変わりに出来た新システムも聞く限りは、僕の学生時代よりも、遥かに甘い気がしますが…だから、歯科医が育ちにくい時代になって来ているようです。-分かった、叔父さんに治して貰った、歯(虫歯かどうか、学生時代は様子を見ることにしたのですね)一度、診てくれ…虫歯でした。
    彼女の治療がまずかったのでしょうか?自分なりの診断は心にありますが、それは、内緒です。彼女は、30を見ること無しに、病死しました。だからです…10年もしないうちに、痛くなり、沁みるようになり、友人に治療をしてもらいました。根の治療です。その治療後のお話です。本題に入るのに、結構引っ張りましたね。反省です。
    面白い、恐怖体験をしました。
    治療が終わり、家に帰り、何気に玄関に座ると、立てないのですね。
    痛くて立てないのではないです。
    あれ、どう、立つのだっけ?
    笑っちゃいました。
    立てないのですもの…
    これだ、(お笑い芸人風にいえば、おいしい経験です)これが、患者の言う、おかしくなったという、言葉の意味だ。もし、私が素人であれば、医療ミスと疑ったものと思います。何十分考えたでしょう、何時間考えたでしょう。家族もいます。冷静になり、よろけながら、喰いしばって、立ってみました。壁に寄りかかりながら…後にも先にも、分けの分からない経験は、実感としてあれが、始めてでした。その先については、また後日という事で…

  6. 歪みを解消するために、歪まない環境をまず渡す事からしか始まらないと、私は考えるのです。

    そこに、実は、基礎学の分野に、秘密がキラキラ光っていたとします。ここに、実は、大きなヒントがあったりして。これは、そのうちという事で…

  7. その元で、あるべき環境に戻せば、実は面白い事が、身体に当たり前のように起きる、そんな風に考えるようにしています。
  8. だから、かみ合わせが悪いから、体調が悪いのではなく、かみ合わせが悪い事と、付随して、***がある事から、結果、体調が悪くなるという言い方のほうが、正しいと思いますし、
  9. 体調が悪いから、かみ合わせが悪いのではなく、体調が悪い事と付随して***が、同時にあるから、悪いという言い方の方が、適切だと思うし、
  10. 歯を削るから、首が動くのではなく、***があるから、結果、その阻害因子になる当たり方を落としたから、動くようになったという言い方のほうが、実は正しいのではないかと思うのです。
  11. じゃあ、それは?と、問われると、ごめんなさい。文才が無いから、ゆっくり書き記すしかないのです。
  12. 医療のホームページだからこそ、ゆっくりゆっくり紹介をしていきたいと、勝手ながらに思うのです。
  13. でも、関係ないですが、保険診療は、保険診療で行っています。
  14. ま、よければ、一度、診察に立ち寄ってみてください。ちょっと、宣伝でした。

 おまけ
さて、今後の多分、予告編(本当に読まれている方がいらっしゃる方がいるのかは、分かりませんが、ホームページ制作担当のKさんに、しっかりとしたものを作りましょうと、打ち合わせで言われたもので、頑張って書いています。面白い、インターネット会社と契約したものです。3年間、何もしないでいるユーザーを認め、書き始めたら、もっと、面白いものを書きましょうと、何気な駄目だし…、俺は、作家じゃないじぇと、叫びたくなるこの衝動…一人の世界でした。せっかく頑張って書いているので、多くの方に読んでいただけると嬉しいかもです。本音です)も、軽く書いておきます。頭が飽和状態なので、勢いで、適当に題名を付けておきます。後で、後悔するのだろうな…勢いだから。
多分、題名は変わっていると思います。ごめんなさい。

  1. さあ、姿勢位の崩れで、ちっこと治したら、噛めるようになちゃたよ偏?
  2. 歯をとにかく削らずに、結果として、顎関節症を治したいよ偏?
  3. 成長をコントロールしながら、何とか、分けの分からない環境になるのを防いだよね偏?
  4. 歯を削りたくないから、それは、咬合のもう一つのルールよりね、(その公開)
  5. インプラントを利用した偏?
  6. 入れ歯こそ、まさに、顎位と、咬合の分かりやすい神秘かな偏?

もう、許してください。ネタ切れです。思いつきません。ま、近いうちにまた、書いていきたいと思います。どうぞ、宜しければ、時々、覗いてください。
そして、何かを持って帰られてください。そうそう、お悩みの際は、是非、ご相談を。
それでは、また。

面白いから残す事にしました。この予告に、期待したいと思います。K改め、グッドベアーより

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

昔はMPAという治療法を、当院では採用しておりました。
今は、ポジショナーです。でも、MPAを否定するものではありません。
詳しい理由は、どうぞ、そちらを宜しければ、読まれてください。

この患者は、肩こり、首凝り、腰痛、冷え性、頭痛、ひざの痛み等がありました。あと、顎の痛み等の顎関節症状という感じで良いでしょうか?
今は、仕事の関係上、仕事が終わると、肩は凝るけれど、ポジショナーを入れると、大丈夫という患者です。

初診時より、噛む場所増えていませんか?
下の前歯、見える量増えていませんか?

自覚とすれば、歯を置く位置、どこに置けばいいのか、分かるようになったし、楽に食事出来るようになった。
そんなお言葉を頂きました。
でも、一番は頭痛薬を飲まなくなったという事が、一番の結果だったようです。

今は、年に2回ぐらいかな?お会いするのは。

この装置での管理は、今は最終的には8ヶ月に1回させていただくようにしています。

でも、沈下していないでしょ。2年経ちましたが。2年目の模型でした。実は。
むしろ、噛むところが増えたのが楽というお話でした。実は、ポジショナーの患者に、必ずこの現象が起こるので、いつのまにか、治療法をポジショナーに変えた理由かと思います。後は、ドクター次第ですので、良く分かりません。ただ言えることは、自由度が、私が経験しているどの装置よりも、遥かに大きい事実はあります。多分、選択した大きな理由は、ここら辺にあるかと思います。
チャンチャン。

あ、言い忘れました。
私が取り組んだのは、姿勢位の回復、位置覚の回復、ただそれだけです。
それが、この結果を生んだのです。
歯科医のライセンスの範囲でしか、治療は引き受けておりませんので、誤解されないでくださいね。
関連図等の分析で、いけるでしょうと判断したので、お引き受けしただけです。
多分、これで、ポジショナーだけの治療のお話はおしまいです。気が向いたら、増やすかもしれませんが…何せ、優柔の人なもので…
あまり、治った症状を書いてもそのような事を、書いても、多分、それは、自慢でしかないように感じ、僕には意味は無いと思えるので、これぐらいにします。

でも、姿勢位の回復という言葉、実はこのポジショナーにおいては、重要なキーポイントなのかもしれません。

さておき、姿勢維持機能というものと、口腔内は、どうも色々と関係しているようですよ。

スポーツマウスピースのお話です。筋電図を足のひざより下につけて、筋電計を見ると、装着した際と、装着しない際、その変化に有意性が認められました。これは、研究でのお話です。

これが、実は噛み合わせという事は、実は、密接に体と関係している何かを暗示しているそう思いませんか?ちなみに、その演者の先生もそのように、はっきりとおしゃっていましたよ。(笑)

実際のところ、基礎といわれる学問のジャンルでも、歯科とは関係の無い方面からも、かみ合わせという言葉が、一人歩きをしている気がします。

それを、面白科学でいいと思うのです。知らないより、知られている事、そんな風に思います。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

ポジショナーの効果

今回もポジショナーだけで、何かが生まれた例を出してみましょう。
今回も、図は書かずにいくような気がします。

よく、プレート系の治療について、インターネットで読むと、肯定派と、否定派に別れている気がします。
僕は、どちらですか、と、問われたら、どちらのやり方も、採用しながら、治療に取り組んでいるので、どちら派でもないのです、と、言う方が正しいのかもしれません。申し訳ないのですが…
でも、プレートに頼る方が、圧倒的に多いので、もし、色分けをするのならば、やはり、プレート派と言われる方が、結構、納得しやすいのかもしれません。
ま、どちらでもいいのかもしれませんが…

ただ、反対派の方々が書かれている文章を読むと、歯が沈下するという言葉をよく目にします。

一応、今のところ、そのような経験が無いので、何故、沈下するとそこまで言われるのかは、正直、分からない所があります。でも、確実にご経験の中で、何か確固たる確信や、信念をお持ちなんだろうなって、それはそれで、医療者として意見をもたれる事は当たり前の事ではないか思うようにしております。一応、教科書レベルでは沈下のメカニズムは習っておりますので、そして、その現象を起こす事は大変に難しい事なのですね。もし、基本的には臨床上、難しい沈下を起こすとすれば、それは、よほどプレートが適正ではないものと思います。他には、よほど、支えられなくてギュ-ッと、噛み締めているか…。これだけでは、考えづらいのですがね。その両者か?
沈下もそうですが、それに伴う、顎関節なり、頚椎、脊髄系に与える影響の方が、相当に深刻なような気がしています。
むしろ、プレートにより、2次的におきる顎関節がロックをする、という表現や、耳の閉塞感、平衡性の喪失感をもたれてしまう等の影響の方が実は、遥かに深刻のような気がします。

この骨が詰まる感じ、多分、こういった表現の方が正しいものと、僕は思います。

骨が詰まり、それを回復させる能力が筋に無くなり、繊維化するなり、病理的に変性するほうが、遥かに怖いものを感じます。

続けるのならば、それの伴い、こつの破壊所見がCTなりで、見つかる方がとても怖いもののように思えます。
合わないプレートは、実際、先に書いたような現象を生み出す事があるので、これから受けられる患者であるあなたも、今既に治療を受けられるあなたも、豆知識程度でよいですから、知られておくといいのかもしれません。

問題は、プレートで何を狙うかにかかる気がします。
難しい事は、さておきです。難しい話は、苦手な僕は、やはり、言葉を捜しながら、書いている気がします。

多分、プレートの目的が明確で無いほど、理論が机上に近いもの程、あるいは、病態と乖離しているものほど、難しい結果(惨劇?悲劇?)を生むのかもしれません。

そんな臨床経験は、いずれまた。でも、そういった悲劇を知っている方々からは、私はやはり、見捨てられる経験の方が、遥かに多かったのかもしれません。私にとり、それが、悲しく、苦しいから調べ続けたのかもしれません。そして、今も変わらず、その運動は行っているのかもしれませんね。でも、この運動は続けたいとやはり、考えます。ロックの方の解放のお話や、骨が詰まり、その影響で口中が、北へ南へ瞬時になるお話は気が向いたときに、どこかでまた触れていきたいとは思っていますが、どうなる事やらです…
それぐらい、いじられまくった患者の身体、及び心は大変なものです。
すぐに結果が出るものでは、無いからこそ、悩むものなのかもしれません。いじられまくってしまった方の場合…

何か、暗い出だしから始まってしまいました。
いけません。
少し、話題を本題に戻しながら、書いていきましょう。
そう、プレート治療の話でしたね。

さて、気を取り直してと、思ったのですが字数的に、次の章にいきます。
ごめんなさい。
そのように、編集をお願いしているKさんに強く言われているので…
是非、次の章でお会いしましょう。

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー