じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

実は、この章は、比較的楽な感覚を持っています。
私どもに取り、今となっては楽なケースを、ただ、出しているだけですから。
実は、この程度のお悩みの方であれば、いつでも、ウェルカムなんて思う事もあるぐらいです。

ですので、最小限でとりあえず、出してみようかと思っているのです。苦戦したケースは、もっと、難症例です。それも、ゆっくりと出していこうかと考えます。

ただ、経験かこのように考えるようになったおかげか、今の歯を削る、神経を抜く、被せるという作業については、単純なルールがあります。

むやみやたらに削らない。
言い方を変えれば、削らずにすむ方法を、ひたすら考える。

神経もなるべく抜かない。
虫歯や、明らかに治療をしないといけない場合は別です。

なるべく被せない。
被せなければならない場合、被せる理由を、徹底して考える。

他に方法が無いか、まずは、それだけをひたすら考える。

最後に一言、触れておこうと考えます。

簡単だという発言は、非常に問題があると思います。でも、水際で収めることは、正直、大事だと思うのです。

耐えて、耐えて、いじられて、いじられておかしくなった症状を取るのは、実は、相当に大変です。完治させるのも、非常に苦しい物が、患者サイドにも、術者サイドにもあることは、知っておいて欲しいのです。

その理由も書かないと、中々、私どもが未だに一緒に闘っている患者の存在する理由、見捨てられた理由には、行き着かないと思うのです。だから、ゆっくりと表現したいと考えているのです。

話はそれましたが、やはり、早期のうちに、発見してつぶす事、それが一番だと思うのです。

いくつかは出しておきますが、それは、該当される症状があって、どないなものかと考えられている方に、何かが伝わればありがたいと、勝手に思っております。

早期発見かと思います。
そして、上記に書いた、単純なルールの下、丁寧な治療を心がける事と、僕は思っています。
早く終わる事が、1回あたりの治療にしろ、期間にしろ、それが、歯医者と思われている方は、多分、私どもの歯科医であろうとしている場は、もしかしたら、合わないかもしれません。

保険で出来る範囲では、今も治療を行っていますし、保険では限界がある場合、やはり、技術提供は無理という、当たり前のスタンスを取っている歯科医です。

そして、正しい治療を受けられる事、(でも、きっとなんでもパッパできる治療ではないと思いますが…)適正な診断を受けられる事。そんな風に、勝手ながら、思います。

水際で防ぐ事、それが一番難しいと同時に、一番、早く安全な事実を作ると思います。

ま、そんな感じで。今回の簡単なご挨拶をおしまいにします。
それでは、関連図の世界をよろしければ、見られてください。

では。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

そこで、まずは、装置を主体に治った例を、この場合、体に波及した例をいくつか入れてみたく思います。
何で、そんな事を思っているか、多分、単純だと思います。

奥歯をおかしくしてから、僕自身、体に肩こり、首凝り、腰痛、顎関節もありますが、睡眠障害で、相当気をつけないと、やはり、日常生活がおかしくなるそんな体を持っているからかもしれません。後、たまに手が痺れるとか、昔はめまいもちでしたし…

多分、究極は、自分が治る手法を見つけたい、あるいは、治るものか知りたい、そんな思いが、もしかしたら、裏にあるもう一つのエネルギーなのかもしれません。

心理学者ではないので、蒼い呟きはこれぐらいにさせていただいて…

笑う事に、自分の噛み合わせがおかしいと感じたときに、噛み合わせを習ってみるかという単純な動機が、丸山先生との出会いでしたし、このきつさを治せる事が、何かにつながる事になるのかなって思ったわけですし、ま、人間なんて色々な感情を持つ生き物のようです。

理由を挙げれば、まだまだありますが、それは、またの機会に…

さて、こんな出だしから入ると、どうも調子が出ません。気分を変えて、書いていきたいと思います。

うまくは、本当にうまく、言えないのですが、実際の所、噛み合わせや、顎関節症とか、咬合病とか、色々な表現で表される、専門的に、簡潔に述べると、顎・口腔内疾患というのは結果として、体に様々な影響を与えるようです。

少なくとも、エビデンス上書かれている治療法を、歯科界の中で言われている色々な考え方を、守りながらも、行っても上手くいく方、そうではない方と(ほとんど多くは、上手くいく方でしたが、出なければ、市井の小さな医院です。自然と淘汰されてしまったでしょう。)分かれてしまいました。事実を書かずに、つくろっても仕方無いですからね。
今も、中々治らない患者さんと一緒に戦っています。

私どもの発想は、我々は見捨てません。見捨てられるのは、我々ですという考え方です。
苦しいです。
見捨てられた事もあります。
でも、信じてくださる方がいる限り、分らなければ、調べ、勉強を課すようにしています。
だから、大変です。
でも、多分、楽しいとも思う事はあります。

そして、治った方の、何気な言葉は嬉しいものです。
明日のエネルギーになり、この言葉を聞く為、明日も頑張っているようなものです。

話を戻します。
だから、発想を大きく変えたのです。
分っている事も、分かっていない事も、一回壊して、整理をしてみよう。
それと、医科はもし、病名がつかない場合、どんな対応策をしているのか、それが、関連図との出会いでした。ですから、何重にも地図を引く作業をするようになったのも事実です。

保険診療のコーナーでは、基礎に忠実の考え方は、一応考えられる限り、自分の言葉で作るようにしています。だから、この章でも、どこの章でも、なるべく自分の言葉にしていきたいという考え方しか僕にはありません。

でも症状を如何考え、どう落ち着かせ、完治の旅に向かわせたかは、やはり、何がしかの着目点を渡しながら、記載していくしかない、そんな風に思っています。

体と噛み合わせについて、ネットでも、本でも、探せば、やはりいくつもいくつも、目に触れる事があるかと思います。それは、それで、良いことかと思います。

でも、僕には多分大事な事は、如何取り組み、どうやった過程で治っていったか、それが、一番、何かを感じていただく上で、大事だと思えるのです。

完治したと思ったら、新しくトラブルを派生した場合もあります。その事も、一個一個、書いていきたいとも、思っています。ただ、遅筆な分、いずれでしょうが…

医者は経験の仕事とは昔の、人間も良く的を突いたものです。

その経験が、やはり、今の治療の安定性を作り出していると勝手ながらに思います。

ま、宜しければ、先に目を通してください。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

顎ズレで探してみると、MPAという言葉を見かける事があります。
これは、大阪大学名誉教授の丸山先生が、開発されたとんでもない装置であり、治療法になります。
かつて、この医院も、この治療法を取り入れて、格段の治療性成績を上げていた時期があります。

私が、咬合や、顎関節症や、噛み合わせという考え方を、最初にめぐり合うきっかけを作っていただいた恩師になると、勝手に恐縮さを感じながらも思う次第です。今の私は、やはり、先生との出会いを抜きには語ることはできないように思っております。

私自身、今現在は日本咬合学界に所属していますので(未来は分りません、人の心も徒然になるままにと、思うときもあるもので…ま、そんな感じです)年に何回はその講演会なりには参加してはいます。
ただ、私の病態解釈とは違うようなので、そういうものと流してはいますが、でも、先生のエネルギーには、いつも敬服する限りです。(ドクター100人いれば、100通りの解釈がある世界ですので、少しは、成長したのかなって勝手に思っています…)

先生の言われるところでは、年々MPAの装置としての概念が進化して、対応しているとの事なので、きっと、この臨床成績は、確実性を上げているものと勝手ながらに思っております。(実際は装置の名前も状況に合わせて、違うので、詳細はMPA治療をされている先生方に興味のある方は聞かれると面白いのかもしれません)

ただ、この医院の場合、途中から、その病態に当時のMPAでは、全く歯が立たなかった事実もあります。
また、MPAで、ある程度回復させても、うまくいかない場合もありました。
僕の場合…
もう、首をくくりたい心境でした。中学時代の弁論大会で、自殺は駄目だと小僧が言わなければ、あの当時の心情は、いつ首をくくってもおかしくなかったかもしれません。

社会から勝手に孤独感、絶望感を感じ、ま、笑い話です。
こういったときは、トラブルが不思議と出るものです。
笑うしかないです。(ま、それも、いつか、気が向いたときに出したいと思います)

情け無い話だけでは嫌なので、一応、ちょっとは自慢も。
治ったデーターを、お貸しして、学会で医院のデーターが発表された事もあります。(本当でしょうか?本当です)
で、分けの分からない改善が無いことを受け入れつつも、笑う事にしたのです。
笑ってでも次につなげたいという思いだったのでしょう。
多分、その時、選んだ事は。

僕は、今のMPAがどんな進化をしたのかは知りません。もしかしたら、今のMPAならば、当時、僕が味わったような惨め感は無いのかもしれません。敗北感は無いのかもしれません。いえ、もしかしたら、同じ結果になったかもしれません…
それは、分りません。

でも、これを読まれて、MPAを批判していると思って欲しくは無いのです。
咬合学会の会誌を読む限り、やはり素晴らしいぐらい結果を出されている先生方もたくさんいらっしゃいます、たまたま、僕がそのように感じていたと理解していただければ幸いかと思います。

これを読まれたあなたが、考える何かになればそれはそれでよいというのが、私の考え方ですので…

でもですね、一番大事なことは、医療にこだわる事と、当時、やはり、思う事に改めてしたのです。それが、本分ですし、本質論かなって思ったもので。

自分なりに考えました。
何が分かっていないのか、何を分っているのか、何を迷っているのか、整理をしてみよう。
文献あさりの開始です。

古い論文を引っ張り出して、調べる事から始めました。もしかしたら、解釈としては少し古い解釈を、気付かずに書いてしまっている事が、あるかもしれません。論文の世界では無いので、そこのところは、笑って許していただけると嬉しく思います。性格が性格だけに、訂正もせずに、新しい解釈を書いているときがあるかもしれません。それも、笑って流していただけると嬉しく思います。

さて、続けます。

調べる作業を横に置きながら、疑問符に置いたのは、このMPAに限界がある。
あるいは、適応例があり、うまくいかない人は、その適応例に入っていない可能性。

それが、一つ。
もう一つの可能性は、僕の実力が、そこに行き着いていない。

後者なら、調べて、まだ足りなければ、また、調べて補うしか無いだろう。
もし、前者だとしたら、(当時のMPAの場合ですので、勘違いなされないでくださいね)どうするか?

ま、苦労話はこれぐらいにして。
それが、ポジショナーという装置との出会いのきっかけでした。

こういった装置を入れると、歯が沈むと批判される先生方もたくさんいらっしゃいます。
そういう意見もあると、流されても良いかと思いますし、そうなのか、一度、調べるか、なんて発想をされてもいいのかもしれません。O-リングを積極的に採用されている先生方には、歯が沈むという意見を言われる方は多いようですよ。立派な理由があるかと思いますので、興味があれば、是非調べられてください。

そういうホームページコンセプトですので、どうぞ、サーフィンをされてみても面白いかもしれません。

でもですね、この装置は、うちでは5分から15分断続的にというのが、基本内容です。
それで、十分に結果が今のところ出るもので…
それと、沈んだという症例にも今のところ出くわしてはいません。

それについては、またそのうちに書いてみたいと思いますが…

ま、今はポジショナーという装置を使っていますという話でした。

最後に、魔法の装置ではないので、先に記しますが、この装置にも限界はありますよ。でも、その理由も掴んでおります。調べたおかげかな?

そして、実際、当時の装置よりは、適応例が多いのは事実です。

*何度も書きますが、何かを批判しようとして書いているわけではありませんので、悪意を持った理解等は、何卒、お控えいただけると嬉しいです。本当に恐縮です。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

良く、歪んでいる(ゆがんでいる/ひずんでいる)から、おかしいのだという話を聞かれたことはないでしょうか?
そんなことを話しているのは、私が医院で話しているせいでしょうか?
それとも、そんなことを意識ばかりしていて、無意識かもしれませんが、結果として、そういう言葉を目にするように自然となっているせいでしょうか?

また、顎関節症は、治らないだの、治るだの、自然治癒するだの、色々な言葉が、周りを駆け巡っている気がします。治療の仕方を、検索(今回は検索される側ですので、検索される側が一度検索して感じたことも併せて書いております。ですので、論文の世界観は、無視して書いています。どうぞ、ご了承を。)して、感じたことを書いています。

検索される側の意識は多分、私も、当然その当事者の一人ですから、昔の私自身に置き換えて考えても、多分、気取って表現してしまうのかもしれません。とはいえ、このホームページで実は4作品目です。

隠しても仕方ないですから、はっきりと申し上げたいと思っています。やはり、ホームページは集客という事を、意識している側面はあるかと思います。今も無いかと問われれば、多分、全く無いといったら、それは、まず無いと思います。

でも、明確にあるエネルギーは、私どもの医院を求められている方々に、役に立つ医療を提供したいという、(うまくは、いえないのですが、正直、うまく表現できないのですが、ごめんなさい)いえ、こういった、表現ではないのかもしれません。むしろ、こんな感じの医療もあるけど、どう思う?健康の素晴らしさを、知らせたい、そんな感じのエネルギーの方を強く押し出したいというのが、多分、私の根底にあるのかなって思うのです。

じゃあ、何故、そんなに変えてきたのかと、問われた場合、答えは単純です。
作ったホームページが、集客だけのエネルギーになり始めてしまった時です。

得てして、そういったエネルギーになると、忙しさにかまけて、じっくりと腰をすえて治療が出来なくなります。
こうなると、焦りも生まれるのでしょう。
そうなると、期待だけを与えてしまうのでしょう。
私自身が、体験した事の無いような病態を、お持ちの患者と出会う事すらあります。
これは、きっと医療人としての敗北なのかもしれません。

この状況に陥ると、ホームページクラッシュと、個人になる時、私は一人で叫んでいました。
こういった現象は、患者と医院の関係にも、悲しい結果を生む事にもなりえます。
スタッフとも軋轢を生む事にもなります。
その度に、実は、ホームページを閉鎖させて、システムを作り、また、医療だけにこだわり、これなら、もし、ああいった、かつての現象になっても、耐えられるのかも(じゃあ、出さなければいいじゃないかといわれると、そうなんですよね、って答えます。でも、やはり、俗物的なのか、ロックみたいに何かをシャウトしたくなるようです。)と思って、また、ホームページを出してしまうようです。

経営的には、別にホームページを出さなくとも(1年出さないときもありました、3年出さないときもありました。実は開業して8年目を迎えようとしていますから、実質、7年のうち、半分以上の年月は出さなかったわけです。)成り立っていましたから、それは、それで、良いのかもしれませんが、不思議なものなので、やはり、出す事にこだわる僕がいます。それは、はっきりと分る事があるからなのです。

私らの仕事は、見方を変えれば、閉鎖的で社会に関わることなど、無いという方が正しいかと思います。
でも、ホームページを作ると、実は相当な洗礼を浴びて、結果、考えることが出来ます。
批判なのか、批評なのかそんな個人名であがっているサイトも見つけました。(個人的には、それを読んで、迷う事は嫌なので、読んでいませんが、これが、社会の洗礼と思って、仕方ないと思ってもいます。)それは、それで、医療が公共のものである限り、その反証は、甘んじて受け入れるしかないと思ってもいます。

でも、患者に言われる言葉、いくつもの言葉に、真摯に取り組んできた事が、ゆっくりですが、確実に強く私どもを変えてきたという事実を知っているものですから、僕は、ホームページには、こだわりたいと考えてしまうのです。
確実に治すスピードが上がりましたし、ちょっとやそっとでは、病態に対して構えられるようにもなりましたし…確実性も飛躍しましたし…

そうは、いっても、社会の洗礼を浴びる怖さは、正直、並ではないです。
でも、私らが扱う病態との戦いに耐えるには、やはり、その程度は当たり前という図太さを選ぶべきだと考えもするのです。

医業で考えると、患者が来るだけで、嬉しい限りなのでしょうが、やはり、私らは真剣に、真剣な患者を診て生きたいと(普遍のテーマと思います)思うのです。だから、隠し事の無いよう、表に出す事を医療として、挑戦してみたいという思いになっているのかなって、書きながら改めて思い始めています。

如何に自然体で、診療を進めていくか?
社会の荒波に負けずに、そういった事を、思っているのでしょうね。

さて、そういいながらも、いつしか、本題から脱線してしまったようです。
改めて、本題に次のページで書いていきたいと思います。
宜しければ、次のページに目を通されてください。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

さて、今回、読まれていただいている方には、少し、解説というものにトライをしてみようかと考えています。
実は、かみ合わせ、顎位、顎関節症、世間には、色々な言葉が特に、このかみ合わせなどという世界に関しては、出回っている気がします。
例えば、インプラントで探せば、メーカーは出てくるかもしれません、即日埋入なんていう言葉も出てくるかもしれません。一次オペ、二次オペという言葉も出てくるかもしれません。でも、よく読まれれば、なるほどそんな事なのか、すごく、分りやすいものは、分りやすく書いてあると思うのです。
神経の治療なんていうものを、探せば、今度は、マイクロスコープ、チタンリーマーなんて、なるほど、面白い世界があったものだという事もあるような気がするのです。
玄人の私が、ネットで検索させていただいても、逆に、感動させていただくものばかりです。分りやすい。良く、分かる。
すごいな、この見せ方、感動のさせ方、いつも驚嘆させられているばかりです。

いつかは“ク**ン”では無いですが、いつかはそんな風に、表現できればと、心の中では目標にしています。

ところで、かみ合わせを見ると、顎関節症を見ると、咬合を見ると、正直、しっくり来るものが、中々無いと思えるのが、不思議です。少なくとも、僕にはそう感じるだけなのかもしれませんが…

何でだろうと、考えると、また、不思議です。
じゃあ、お前が感動するものを作れるのかと、問われたら…、多分、寂しい笑いをするだけのような気がしております。

何かを書いているのでしょうが、中々どうして、ずばっと表現出来ないものです。
ですので、ゆっくりと、私は記すしかないのかなって思う事にしています。

さて、This is関連図2について、少し、解説を入れてみたく思います。
このシリーズには、あるテーマを絞り込んで、書いてみたく思っています。ですので、2,3症例紹介したら、実は、多分、このシリーズはおしまいにしようと考えています。

伝えたい事を表現できれば、実は、それでいいのかなって言うのが、淡白な私の性格なもので、すいません。でも、そんなものと、笑い飛ばしていただけるとありがたく思います。(ま、気が向いたらまた書き記すのかもしれませんが…そのときは適当もありかなって、流していただけると嬉しいです。ゆっくり、他の章を増やしていきたいと思う物で…。いずれまた、です。)

というのも、多分、ある程度の御理解を頂く為には、ある種、似たようなパターンの症例でまとめておいたほうが、読み手であるあなたには、分りやすいのかなって思うのです。ま、そんな感じで捉えていただけると、いいのかなって思うのです。

多分、このコーナーは、歯が沁みるけれど、噛む位置が安定したら、沁みなくなった。とか、噛む位置が落ち着いたら、(あるいは、明確に分ったら)歯の痛みが取れた、そんな感じの症例を載せて行ければと思うのです。

別に、どうだ、こんなにすごい事が、起きるのよとか、どうだ、参ったか、そんな意図は無いのです。そんな事を、書いて、一喜一憂するほど、この現場は甘いものでは無いです。

ただ、歯が痛い、とか、歯が沁みるとか、そういう事において、全てが全て虫歯から来るのではなく、(歯周病もそうかもしれません)噛む機能のエラーでも起こるという事を知っておいて欲しいのです。いわゆる、咬合性因子についての可能性も、口腔内疾患は非常に多いというお話です。

そして、結果として早期発見が、最小限の治療で済ます事を可能にさせることを知っておいていただければと思うのです。すると、このコーナーにおいては、あまり症例を載せる必要性は無いのかなって思うのです。だから、2,3症例と考えているのです。

でも、一つだけ、噛める素晴らしさは、やはり体に与える影響は多いようです。でも、それ以上の細かいメカニズムは書くつもりはここでは、無いです。それは、またの機会に。

では、本文で、お会いしましょう。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.04更新

関連図の捉え方を理解いただく前に
このシリーズを読まれる前の、簡単なご挨拶

一つ関連図というものを紹介しながら、咬合の世界の理解を深めていただきたいと考えます。
どういう症状が治ったとか、細かい経過、そういう捉え方は多分いらないと思います。だって、この患者の抱えていた疾患が、これを読むあなたとは、直接的に関係は無いと思うからです。
決して、他意があるわけではないのです。
むしろ、ヘ~、そうだったんだ!
なるほどね、だから、歯と体の関係をこの頃、テレビや、書籍で目に

あくまでも参考になればいいかなって、思うのです。

この文章を読んでいただいている方々には色々な方々がいると思うのです。

私どもの治療に興味を持っているあなたかもしれません。

私どもの治療で良くなり、たまたま、懐かしさで覗いていただいているあなたなのかもしれません。

満足のいく結果を私が渡せず、コンチクショウと思っているあなたなのかもしれません。でも、あれから、研究して、研磨して、結果を出しています。あの頃以上に、確実にネ。

同じように咬合とは何だろうと、同業でとにかく何らかの情報の糧を持とうとされている先生なのかもしれません。
今自身が診られている患者の何がしかのヒントになればと、思っているあなたなのかもしれません。

あなた自身が罹患されて、何とかならないだろうかとお考えになられて、探し出されたホームページの一つなのかもしれません。

あなたが、たくさん色々な所にドクターズショッピングにいかれてどうにもならないと、あきらめきれず、どこかに自分にとって大事な本当の医院が、ドクターがいるはずと探されて、偶然にも見つけられたホームページなのかもしれません。
感謝します。

たいした人間で無い私の、他愛も無い表現にお付き合いいただいて。
読んでいただき本当にありがとうございます。
果たして、どこまで、この文章が、期待に答えられるかです。
そして、期待に答える文章は私には書けない気がします。

さて、これは、私の考えです。

私も一経営者の端くれですので、やはり、常に経営のことを考えてはいます。
でも、医療機関って多分、ここにあるよ。こんな感じの所があるよ、って其処を表現するのが素敵なのかなって思っています。(色々な考え方があります。だから、私がそうであるだけで、他所をどうのこうのと、申すものではありません。そこは何卒ご理解されてください。私の性格でしょうね。多分ね。)

このホームページは、そうですね。

多分、
“BE HERE NOW.”
この言葉に、大きなこだわりを持って書いている気がします。

そして、このテーマである以上、やはり気が向いたときに、気が向いた事をただ、書いているのかなって思うのです。

書かれている事、具現化させたこと、別にこんな他愛も無いホームページです。
見方を変えればどうでもいいではないですか?

何かの参考になればそれはそれで良いと私どもは思うのです。

この項でも、極力歯の写真は載せないで行こうと思っております。
どんな仕上がりかは、もう一つのホームページを見ていただけばと思います。
技工士を変えているわけでもないので、そして、カタログのようなホームページを作ろうとも思っているわけでもないので、その方が多分、素敵なのかなって勝手に思っているわけで、勝手な判断ですが極力載せずにいます。あしからず。

オペした内蔵の写真を仮にどこかの病院が、一般向けに出していれば怖くありませんか?
気持ちいいものではないかと思います。
そんなことを極力意識して、なるべく避けたいというのが、もう一つの趣旨でもあります。

ところで、ぼちぼち、本題に戻っていこうかと考えます。

そして、私どもは、今は、別に特別な事として、何かをはりきって行っているわけでは無く、ただ、通法に従い(この通法は、調べ、探し、そして、考えて、今は、ただ、自然と決められた手順で、決められたように病態を把握して、その関係をどのように収めるか(収束させるか)それだけを考えて進めているだけですので特別な事はないです)ただ、その患者の病態の解決を図っているだけです。

詳しく覗かれたい方は、是非、次の章に足を進めてください。

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約