じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

歯科 実は感覚が大事だったりしてね
さて、前回まで、知覚のお話を主にしてきました。というか、経験談や、どう取り組む?なんて、お話をしてきました。そのつもりですが、どう読まれたでしょうか?
題名を決めてから、書き出したせいでしょうね。何か、書き出しから、方向をどうも誤ったようです。
他人のせいにするのは、きっと、悪い癖です。
グッドベアーより、面白いから、このままいきましょう。とい事で、調子こいて書いてしまったら、いつのまにか、全然違う方向に、物語は進んでしまいました。反省です。ですが、いつかは、あの、構造の世界からも、また、チャレンジしてみようかとは思っております。ま、人生予定通り行かないもの、そう、自分に言い聞かせております。

ところで!
今回は、ちょっとした遊びから入ってみようかと思います。
宜しければ、遊んでみてください。

どこのホームページや、書物、テレビでは、割り箸実験というものがありました。
では、私が提案する実験は以下の実験にしましょう。

気が向いたら、やられると、面白いかもです…。
別に、身体が壊れる事は無いと思いますので、遊びとしてやってみても面白いかと思います。フ~ン、そんな世界もあるんだ、でも、いいかと思います。

  1. 注意;実際、やられるのは構いませんが、これは、なるほど程度にされてくださいね。 遊びで、やり過ぎられない事。ちょっとでも、おかしければ、止められる事、そんな事を望みます。実は、ここから、また、何かを知ってもらおうと、真面目に企画しているので、どうしても、こんな書き出しになってしまいます。それと、遊びでしかないので、その事については、責任は取れません、という事を、予め宣言しておきます。あしからず。

用意するのは、単純です。ティッシュと、サランラップ。それと、あなた自身。それと、あなたの力を確認される方。
力を確認される方法を決められるといいです。
一つ提案。
手を直立で、右手なら右手。左手なら左手と、決められる。
次に、その手を真っ直ぐ前に突き出す。
この手の手首を、力を確認される方に押してもらう。下向に、軽く、真っ直ぐ押してもらう。
力の按配を把握してもらうと面白いかもしれません。
次に、あなたがされる事。

カチンと噛んで、ここ強く当たるじゃん!前歯かもしれませんし、奥歯のどこかかもしれません。そんな場所を感じてください。そこに、当たると感じた分だけ、サランラップを置いてみてください。

同じ感覚になるまで、厚みをとっても面白いかもしれません。
そして、軽く噛む。
そして、力を確認してもらう方に同じ姿勢で、押してもらう。

多分、力が変わるはずですよ。

今度は、逆に、ここは、いい感じというところにサランラップを置いてみる。

すると、先ほどの変化と違う反応を示すはずですよ。

では、では。

ティッシュは?

ちょっと、待ってください。
また、書きますので。

カチンと噛んでみましょう。ここ、もっと、当たると、全体に均等かなって思われるところ、(基本的には奥歯かな?前歯でもいいですよ。でも、前歯だとすると、基本的に開口気味かもしれませんね)に、均等と思われる大きさのテッィシュを置いて噛んでみてください。

力入りませんか?

では、逆に、ここいい感じだよねっていう場所に、同じようにおいてみて、噛むと力が抜けませんか?

ただの、実験です。
本当にただの実験です。
この理由は?待ってください。今回のこの章では書きません。そのうちにね。この理由を納得するのに、説明をするのに、8年近く経ったのですもの。そう簡単には、出せません。

でもね、考えてください。
噛み合わせってね、この紙ぐらいの薄さの世界で、当たり方の変化を身体は感じて、色々感じているのです。あなたが知らない所でね。

面白いと同時に怖くありませんか?
入れ歯でも、インプラントの部位でも、多分、自身の身体の声を聞いて、やってみると、あれれ?見たいな感じが起こるかもしれませんよ。

さて、チッコと、噛み合わせを遊んで見ました。
なんじゃ、この現象は?と、感じられたら。僕は、“ウッフ”と、ほくそ笑みます。
でも、その感覚は、普段無いのですよね。面白いでしょ?もし、最初からお持ちでしたら、実は、相当に重症だったりします。その場合は、こういうことですよ、っていう先生に相談から入られる必要があるかもしれませんが…

なんで、なんで、と思えば思うほど、ようこそ、このホームページへと、話をごまかします。そのうち、理由を書くと思いますので、覗いてねと、宣伝でおしまいです。今回は。ごめんなさい。

でも、この事実、本当に大事なのですよ。
歪むとか、歪む(ひずむ、同じ漢字なので厄介です。今度、違いを辞書で調べてみましょう。)とか、どこかで、偉そうに書いてしまいましたが、実は、この小さな事実から、色々と身体に影響があるかも…そういうことを感じていただければ、それで良いのです。

だから、銀歯を入れたら、治ったという考え方は、時に慎重にならざるを得ないかもですね。

慣れますよという言葉から、慣れてしまうのは、実は、感じなくなる身体の本能だったりしてね…

ほら、両方で咬んでいるでしょ?まだ、良心的です。そうしない先生もいるかもしれません。赤と青を上手に使ってくださる先生は、もっと、良心的かもです。
別に使う義務は無いので、要求できないのが、患者になった場合の難しさではありますが…止めましょう。この話は。
でも、また、またその赤、青の使い方がややこしい場合もあるのですが、それも、また気が向いたときに…
メタルマトリックスを使ってくれるのは、もっと良心的かも、かもか?
咬合圧測定器を使用していますというのも、いいのかもか?

難しいですね。

そう、本当に難しいのです。現場での、咬合調整(噛み合わせの調整)は。
歯医者さんも大変なのです。
そういうことにしてください。

そして、いきなりまとめますが、そういうことで、今回は、おしまいです。勘弁です。

でも、もっと、もっと、奥が深い世界という予告編でした。
では、また。

(最後に一言)

感覚って、見えない世界だからこそ、当人しか感じられない世界だからこそ、大変な注意力がいるのかもしれません。そう思います。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

さて、続けてみます、知覚の話でしたね。
ジャンル的にいえば、感覚というものに入り、広義には、機能的エラーを知る一つのすべのような気がしています。

話があちらこちらに飛ぶようで、嫌なのですが、こんなものかと、お付き合い願えれば、幸いです。

かつてのお話です。
歯科医になった時に、歯科医の仕事として、理解していた事は、今考えると、お恥ずかしい限りですが、下に書いてあるようなことです。

  1. 虫歯を治すこと
  2. 歯周病を治すこと
  3. 入れ歯を入れること

そんなものだったような気がしています。
テクニカル的には、そうは申しましても色々と、ありますから、覚え、修練し、出来るよう獲得することは、大変な事です。

多分、歯科医を真面目にやっている人間ならば、(真面目で仕事をしていない人間がいるという意味ではないです)面白い現象に、出会うことがあったか、経験を既にお持ちのような気がします。偶然に出会ったのか、あるいは、必然に出会ったのかは別です。

 歯を新たに入れたら、肩こりが無くなった。体が楽になった。(1本の歯かもしれません、入れ歯かもしれません、インプラントかもしれません)
歯を少し、削ったら、(咬合調整という言い方のほうが、良いかもしれません)首が回るようになった。沁みることが、無くなった。耳の先まで、痛かったことが無くなった。

 まだまだ、あるかもしれませんが、とりあえず、こんな所にしておきます。でも、歯医者の仕事って、こんなもの・かなって、考えていた言葉と、比較すると、上記の経験って、異次元の話に、思われませんか?

 となると、逆な事もあるかもしれません。

 今度は、患者であるあなたが、歯を入れてから、おかしい。
慣れますよという会話で、済まされる場合、様子を見ようと、済まされる場合、そのうち時間軸に収まる上では、平和で良いかと思います。
問題は、平和でなくなったときに、どのように考えていくか、そんな気がして致し方ないのです。

 僕が、知覚の話を入れたのは、実は、体の問題を、知覚を通して伝えていると、捉えた場合、どのように考えていくべきなのか、そこを、大きな、問題提起としておきたかったのです。

 目の前で痛いといっている、しかし、その原因が別にある場合、現場はどうするべきなのだろうか?
原因が、別にある場合、いきなり、痛みを知覚している歯を触ることが、非常に危険にさらされることは、無いだろうかという事です。

 専門的、知覚の話は、いずれ、また、どこかで表現してみたいとは思いますが、結構、唐突も無い話を入れているように感じられるかもしれません。

 でも、現場に立つとですね、構造と知覚の関係、機能の関係といった方が良いかもしれませんが…、結構、感染症だけではない、問題が口と全身に対して、起きている事が、分かるものです。

 この、関係性を、どういったものだろうと、考え、導入したのが、関連図であります。
そして、過去から調べた、検査、診査、診断につながっていくのです。

 とりあえず、今回は、こんなところで、話を止めてみたいと、考えています。
関連図を、絡めながら、ゆっくりと、進めてみたいと、思います。

 また、気が向いた時にでも、改めて、このシリーズを再開させて見たいと思います。

 しばらくは、歯が沁みるといった、話と、歯が痛いという話を、中心に関連化していきたいと思っています。
どうも、穴があったら、どこかに隠れたい心境もあります。色々と、分かってくるとですね。どれだけ、感染症だけで、全ての物事を、見ようとしていたか…

 そして、どれだけ、未熟であったか、そして、例え、歯科医療といえども、医療は、そんなに甘いものではない。いつも、考えます。ま、このシリーズは、また、考えがまとまったら、ということで、また、そのうちに。
じゃ。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

知覚という現象での、不思議な経験を入れてみました。
さて、そこで、また迷ってしまう事になります。
知覚って何なのだろう?っと。

この臨床における現象の意味を掴まないと、どうも良くないぞ。
何がしかの理由が分からないと、難しいぞ。
果たして、この解決策はあるのだろうか?

こんな所に、実は、構造という問題、機能の問題を僕自身が改めて考える一つの大きなきっかけがありました。

 

(チョイ♪コラ♪エイヤ♪ の現場から、小話-その2-)

虫歯はありません。けれど、沁みる。(熱いもの、冷たいもの)
歯肉は腫れていません。どちらかというと、歯肉が減っている気がします。

歯が痛い。場合により、リンパと思われるところまで、痛い。
けれど、異常所見(虫歯がある、歯茎が腫れている)はない。

銀歯を入れてから、歯に詰め物をしてから、歯が沁みる。(熱いもの、冷たいもの)
根の治療は終わっている。被せ物をしてから、沁みるようになった。

歯が欠けてしまった。(今回は生活;生きている歯にしてみましょう)そしたら、沁みてしまう。

感染症主体であれば、治し方も色々と、思いつくのでしょうが、実際はこの多くの現象と出会うと、感染症の診断名を付けるのが難しいと感じることが多いです。
診断がはっきりしないうちは、見切り発車的に、僕は治療を始めたいと思っていませんので…
見切り発車は、一番怖いように思われます。

 

痛みや、機能や、構造という話まで発展をさせていきたいのですが、中々どうして、遅筆な私には、どうしても、ゆっくりしか書き記せない側面があります。何卒、ご容赦いただければと思います。
ただ、一つ、言い分といいますか、思うところを入れるとしたら、それだけ、単純にその理解を、渡せないかなって、考えるからでもあります。

例えば、歯科相談のネットに目を通させていただくと、沁みるという表現には、必ず、神経の処置か、知覚過敏だろうという言葉を目に触れない事はないです。
熱いものが沁みるというと、神経の処置だろうという言葉が、必ずといっていいぐらい、記載されている気がします。

その一方で、神経の処置をしてある歯です。
その歯が、沁みるとか、痛いと書いてあると、根の再治療という言葉が、何気にある気がします。

歯科学的に、その回答の意見に対して、何ら異論を挟むつもりはないです。
そして、善意で、率先されて、啓蒙活動をされている先生を、一切、否定するつもりもないです。むしろ、リスペクトでしかないです。
そして、そんな相当なご見識があり、そして、社会的責任から、同時に、啓蒙活動されているわけですから…賞賛すべき行為と僕は、思います。
ご自身の貴重な時間を、無償で、人の為に費やす、そうそうできるものではありません。
だから、素晴しいし、素敵だとも思うのです。

少しは、そんな活動に参加したこともありましたが、今は止めました。自分にとてもでないですが、そんな余裕はなさそうです。
臨床をしっかりと受け止める事で一杯一杯なようです。

また、更に例示をさせていただくと、親知らずを抜いてから沁みるようになりました。ブリッジを入れてから沁みるようになりました。
歯を入れてみたら、沁みるようになりました。

それまで、何でもなかったと、仮定します。
そして、急に、知覚過敏なり、虫歯になったりするのでしょうか?

疑問でした。僕だけが、出会っている現象なのか?それとも、違うのか?
悩みました。
そんな確認にも、時に質問コーナーを覗くことは役に立ちました。

そして、先に書いた、不思議な経験をすることになるのです。

原因が時に、別にあるとすれば、この疑問は解決するはずです。
結論は、調べることでした。
過去の論文なり、今の論文なり、とにかく、先輩方のおいていって足跡を。

探せ、理由を。
何かあるはずだ!!
ここに、構造の話や、機能の話しを入れてみたくなった動機があります。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

さて、ここでは、口の機能という話を、改めて記してみたいと思います。

まずは、痛みを感じるお口の能力のお話から。
知覚のすごさ、こんな題名でまずは進めてみましょう。

  (知覚のすごさ)
知覚を感じる場所って、お口の中には色々あります。
歯だけじゃないの?そんな質問があれば、そう、歯だけじゃないのです、そんな風に、お答えしたいと思います。

例えば、熱いものは舌でも、感じるし、歯肉でも感じる力があります。

この体の知覚する力、時として、神経を抜いている歯でも起こる事があります。

(チョイ♪コラ♪エイヤ♪ の現場から、小話-その1-)

虫歯があり、熱いものが沁みるとか、冷たいものが沁みるという場合、
この知覚は、歯の神経自体が持っているトラブルエラーサインのことの方が、多いです。
ここでは、あくまでも、知識を得るという事を目的として、書き記している物なので、一般論という事で、ご容赦いただければと思います。ですので、これが、自分の病態を理解しようとされている場合、もしかしたら、このことが、あなたに当てはまるわけでは無いかもしれません。そして、これを読まれて、なるほど、そうかと、勝手に診断を、されないでくださいね。お願いします。

でもですね、例えば、習癖あるいは、体癖(こんな言い方もあるようです)で、ですね、もし、あなたが喰いしばりを、お持ちであれば、不思議な事に、歯が沁みる、熱いものが沁みるとか、冷たいものが沁みるなんて具合に感じる場合があります。

困ったことに、来られる患者さんって、皆さんが皆さん、歯に問題があると思われて、来院されます。
毎回、毎回、虫歯の治療だけでしたら、どんなに、治療が単純化されるでしょうと、たまに思います。虫歯の治療は治療で奥が深いですから、方法論は一個だけではないですが、意識すればいい事が、一個というのは、その実、楽と思いますが…(皆さんは、どう思われますか?)

で、ですね、時に、遊ぶ事があります。
これは、困りきって、現場で、(勿論、学術的根拠は、ありますよ)、恐る恐る、遊んでみました。
このきっかけは、一人の患者さんとの出会いでした。

「先生、水が沁みるのですが、虫歯でしょうか?」
虫歯はありませんでした。
次に、言われたのが、
「先生、私、どうも、右側が低い気がするのです」
えっ?えっ?#$ж☆?
こんな、感じです。
「でね、ここにガムを置いてみたのです」
はあ~、もう、許して欲しい。なんじゃ、こりゃあ。(松田勇作さんみたいな感じです)
「そしたら、沁みないのです」

もう、なんでもいいや、話だけ、聞くか?

それで?
「見ていてください。ほら!」
ハア、好きにしてよ。
この状態で飲むと、ほらっ?冷たい水の実演です。
「ほら、沁みないでしょ?」

しかめっ面視ながら、沁みる実演です。

知るか!という、叫びと、何なんだ?この現象は?真面目に相手をすべきか、否か?そんなこと、聞いたことないですからね。

虫歯は、ありませんでした。知覚過敏と病名を付けるのが正確でしたが、この治療法は、どうも、歯の当たりを増やす事のようでした。

こんな、場面との出会いが、知覚って、何なのだろうと言う所に、発展をする事になったのです。

構造と、機能はどうも繋がっているぞ…
調べてみようか?
調べないと、うちのニーズに答えられないかも…

参りました。それが、関連図に発展し、治療法に発展していくわけですからね。
ま、今回はここら辺でおしまいにしましょう。次の章で、この続きを、また。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

少し、構造の世界からもう一度、振り返って見ましょうか?

多分、歯の、お口の治療って、色々な知識がいると思うのです。その知識は、私ら歯科医は国家試験に受かる為、日々、勉強して勝ち得たものから、卒業してから、研修会や、勉強会、あるいは、経験、または、書物を読むところから習得するのかなって、思うのです。習得して、自分のものにするよう、修練して、熟練させていく。

落語の世界での医者の軽いレベルの話ですと、チュンチュン医者がいて、(言うことはすごいが、いざとなると、いないとか・・・)、雀医者がいて(何かと話をするのだけれど、結局、さっと消えてしまうとかネ!!)やりたい放題、他人の迷惑を考えないで、先に先に行ってしまう、竹の子医者とか、そして、とにもかくにも、絡みつく藪医者へ昇華して、ようやく、まともな医者になる。なんていう具合に、医者もその成長そのものを表す言葉が、いえ、言葉上の、もしかしたら、昔の人の軽い冷やかしかもしれませんが、あるようです。でも、僕は、この表現は好きです。

まるで、情報より、知識を得て、考え、自分のものにすべく、知恵と昇華させ、そして、知恵を他人への思いやりを当然のように持ち、奥ゆかしさを含む知性に成長させ、最後に人としての格式とでも言えばいいのでしょうか?品性に仕上げて、淑女・紳士になっていけるのかな?そんな、素敵な人の歴史に近いものを感じられるからかもしれません。

でも、その努力というのでしょうか?それとも、切磋琢磨とでも言うのでしょうか?何か、必要な物を、置いてしまうとどこかで、その成長が止まってしまうのかなって、思うこともあります。

じゃあ、患者であるあなたは?

情報の入手の仕方は、きっと、昔より、今の方が、そして、未来の方が、より確実になる気がします。と、同時に、今まで以上にたくさん情報を手に入れられることが出来る分、すごく、悩むのかもしれません。

例えば、世の中には歯医者さんが書かれ、書店で売られている本があります。
もしかしたら、僕のように、自分のホームページのように、何かを伝えたいと思って、何気においていかれている先生もいらっしゃる事かと思います。
逆に、私にはこれが出来ると、自信満々に、治療宣言をされている先生もいらっしゃることかと思います。

どれも、それはそれで、素敵かなって思います。真剣に何かを出したいと思わなければ、その表現しようとするエネルギーは相当に大変なもと、僕には思えるからです。

ですが、僕には、どうも、何気という方がしっくりと行く気がします。

そして、なんで、こんな事を書いているかといえば、やはり何かを伝えたいと、何気に思っているからでは無いでしょうか?

口の中の機能を少し科学して見ましょう。

ちょっと、待ってぃ!構造はどこに行った?そう、お考えになられたら、ごめんなさい。必ず、また横道にそれてしまうのが、このホームページの特徴と、構成なもので、長い眼でお付き合いくださいとお願いしたいです。宜しく、お願いします。

最後に、機能の話しをしないと、やはり、構造の話に進まないのが難しい所でもあるのですよ。

次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー