じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

博士大事な知識として、そして、これは、将来に渡って、構造学的問題を抱えて、加齢を経る事になるのかもしれません。
咀嚼による刺激は、咀嚼筋の成長発育にも影響を及ぼしている、この事も明らかになって来ている。

噛むことをしない食物を食べ続けた場合、咀嚼筋(咬筋)は、廃用性萎縮に陥っていく。
動物実験において、こんな事が分かって来ております。

咬筋筋紡錘の生後発達では、錘体筋線維と、錘内筋線維の径とも小さい値を示していた。
筋紡錘のらせん状終末の生後発達も、未熟な筋紡錘が多く認められる。
これは、咬筋に分布する筋紡錘の発達を阻害するだけではなく、早期の老化を引き起こす。

つまり、食物の摂取に際して、良く噛むことが不可欠な摂取様式を遺伝的に備えている動物が、発育期に、例え、栄養組織が同じでも、良く噛まなくても摂取できる性状の食べ物を食べ続けたら、咀嚼筋の発達は、阻害され、顎骨の発達も阻害される。

その結果、噛む力は、低下し、噛まなくてもよい食べ物を食べざるを得なくなり、ますます咀嚼筋と顎骨の発達障害を引き起こす事になる。

博士難しい話は、疲れたので、分かっていただければいい事は、咀嚼って、大事っぽくない?

咀嚼が出来なければ、顎骨の成長も阻害されるし、老化にも関係するし…
顔の作りは決めてしまうし…

大事だと思いますよ。
あなたのお孫さんは、どんな顔になって欲しいですか?

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

日本人の顎骨は、先史時代以降縮小傾向が続いております。
これは、食文化の発達による食物の性状変化による、食物摂取に費やす顎骨の機能量の低下が考えられています。

歯ごたえのある食品を避け、味覚や、柔らかさを追い求める現代食が、咀嚼力機能を低下させている可能性が示唆され始めています。

特に、噛めない子、噛まない子の輩出が大きな問題点かもしれません。

興味があれば、徳川将軍家の顔の形を(顎骨を主に)着目してみるといいかもしれません。

こんな実験もあります。

マウスに軟食を与え、継代飼育をし、顎、頭蓋骨成長の影響を検討する実験を行いました。
その結果、練資料で飼育された群では、顎骨は、縮小、咬筋重量の減少が観察されました。

この3項目の縮小は第9世代まで続き、その後は平衡に達しました。

あなたの大事な人、あなた自身は実際、どうでしょうか?

一方、咀嚼機能の減少による咀嚼器官の発育低下様相をより詳細に検討する為、液状飼育をしたマウスでとの比較では、こんな現象の差異が出て来ています。頭部X線規格写真の比較ですが…

液状群は、下顎枝高と筋突起高の発育が低下し、下顎角から下顎切歯歯槽突起までの下顎骨の前後径も小さい。
また、頭蓋骨、頬骨弓、前顔面部などの幅径の発育も遅れ、頭蓋の前後径と垂直的な高さも劣る傾向が認められた。

発育低下が認められた下顎枝、筋突起、下顎角は、いずれも咀嚼刺激の影響を直接受ける場所です。何故でしょうか?

発育低下が認められた頭蓋骨の高さ、幅径、前後径は、歯あるいは、咀嚼筋を介して刺激の影響を間接的に受ける部位になる。何故でしょうか?

難しい話は、さておき、咀嚼する事により、様々な筋活動が起きる事は、歯の位置や、歯並びを整え、歯列を維持する上で、重要という、この事は、頭に良くしまわれて置いてください。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC