じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

咀嚼すると、唾液の分泌が起こり、良く噛めば、良く噛むほど、その分泌量は増加する。
ここで、整理してみましょう。

  1. 唾液の持つ滑剤作用、溶解作用により、さらに咀嚼運動は円滑になる
  2. 口腔粘膜の保護作用
  3. 口腔の浄化作用
  4. 唾液のphに対する緩衝作用
  5. 唾液線は血管拡張物質や、神経成長因子など生理活性物質を放出する
  6. 意味する事は、咀嚼による唾液の分泌が増えれば、血中の中に、これら、体にとって良い物質の濃度が高くなる

素敵ではありませんか?

そして、考えなければならない事は、食事中の過度の水分を取る回数は、量の過剰摂取は、時として唾液を必要としない、分泌量が少なくなってくるという所に、問題があるわけです。

分泌量が低下してくると、ますます、食塊を、流し込むことを覚え、それは、さらに生活習慣まで影響を与えてしまう事になる。
咀嚼活動の低下も、同時に意味するのかもしれません。

発育期の咀嚼量の低下は、唾液腺自体の成長まで影響を与える事は、マウス実験で、分かって来ています。

博士成長に大きな事を持っているのが、咀嚼出来ることです。
もしかしたら、習い事をさせるよりも、
もしかしたら、強く生きられるたくましさには、咀嚼って大事なことなのかもしれません。
咀嚼パワーを大事にして欲しいものです。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー