じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

満腹感を担うのは、満腹中枢です。
では、これって何?

満腹感は、脳の中の満腹中枢が、何らかの信号によってスイッチオンがなされ、これ以上食べられないという信号が出て、食欲に抑制が、かかり、生まれるという事が出来ます。

満腹中枢を刺激する何らかの信号が、というものが食行動の調節には、大事になってきます。

その信号と、咀嚼が関係している事が分かって来ています。

満腹中枢を刺激する信号は、主に血液からと、自律神経からの2つのルートを介する事が分かって来ています。

肥満にも関係しているなどと言われています。

ん?

最近の研究では、噛むことと、脳に存在する神経性ヒスタミンが、食行動の調節に重要な働きをして来ている事が、分かって来ています。

ヒスタミン神経系の細胞体は、後視床下部と言う所に局在し、脳の広い範囲に神経線維を投射している。

中でも、注目すべき点は、満腹中枢である視床下部腹内側核と、三叉神経中脳路核に大量に神経線維を送り込んでおり、そこには、ヒスタミン受容体が豊富に存在する事である。

三叉神経中脳路核には、口腔内の固有感覚受容器が、入力しており、三叉神経運動核と、咀嚼運動を調整している。

咀嚼運動が、ヒスタミン神経系を介して満腹感形成に関与しているのではないかと考えられ始めている。

一方、早食い、あまり噛まないで飲み込むという行動をするものは、満腹までの時間が、かかるか、得られないなどの行為を取り、結果、過食になるのではないかと、逆説的に考えられています。

さらに、付け加えると、口を活発に動かすことにより消化活動が活発になる事が、分かって来ている。
咀嚼活動において、その効果は、大きく期待されてもいます。

俗に言う、自律神経系への働きへの影響も強く示唆され始めてもいます。

博士咀嚼って、本当に大事ですね。

前のページへ 『咬合の世界へウェルカム』TOPへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士今一度、老化と咀嚼のお話を入れてみましょう。
咀嚼と全身的な老化は、良く噛んで食べる習慣がある方が、脳や全身の老化現象を遅らせる効果がある。

一応、動物実験の中では、分かって来ています。

さて、それが、別の角度で見ると、どういった事を暗示するか見てみましょう。

姿勢と運動機能と。そこから、咀嚼を考えてみたいと思います。

人が直立している姿勢では、身体の重心は重い頭のせいで上半身にある。
しかも、足の裏の面積が狭いため、姿勢は、極めて不安定な状態にあるともいえるのです。

それは、実は、直立姿勢の際、全く静止している瞬間はなく、たえず前後に左右に揺れている事が、証明しています。

そのバランスを調整しているのが、姿勢に関する反射、平衡反射で、目や耳の受容器や、筋の筋紡錘からの感覚を通して、身体がある方向に傾斜するのを感じると、反対側の筋が収縮して元の状態に戻そうとする。

この状態を繰り返しながら姿勢を保っている。

足の筋肉では、ヒラメ筋や、腓腹筋の下腿三頭筋、前頸骨筋、拇指外転筋、及び、大腿二頭筋がある。

例えば、前後の傾きの調整には、つま先を下に動かして、つま先立ちをするように働く、下腿三頭筋と、逆につま先を上に動かす前頸骨筋が、お互いに伸張反射により、拮抗し合いバランスを調整している。
この足の筋肉の伸張反射と噛みしめとが関係している事が分かって来ている。

噛む力や、咀嚼効率が増大すると、伸張反射の大きさも増大してくる。
一つの性質として、噛みしめるという行為は、伸張反射の興奮性が高まり、身体の少しの動揺が起こっただけで、正立位を回復して姿勢が保持される事になるのです。

噛みしめ続けるという行為自体は、問題です。

しかし、この噛む力の増大は、実は、身体に取り大事な事になります。

しかし、噛む力を増大させる事の出来ない環境下にいる場合、それは、医療行為を介在させないと、なかなか難しいものもあるようです。

直立した姿勢では、上からの重力に対して、足だけではなく首や顎の筋肉も、これらのバランスに組み込まれているのです。

ちなみに、マウスを使った実験では、噛み合わせを悪くすると、背骨が歪み、身体の中心線まで崩れる事が証明されているのです。

ということは、例えば、歯を失った事で、顎の左右のバランスが崩れることなれば、姿勢の維持機能多少の影響が、起こる可能性は考えられませんか?歯をむやみに調整してもそうかもしれません。意味なく歯を移動させる事もそうなのかもしれません。

身体の動揺が出て来る事を防ぐために、身体はどのような防御を取ってしまうのでしょうか?

咀嚼を中心にみた、俗にいう不定愁訴の、原因のお話かもしれません。

一つの性質で噛みしめ時は運動神経系を含む脊髄反射経路の刺激が強くなり、全身の運動機能の向上も示唆されている。

噛める効果は、刺激の伝わる早さのみならず、パワーも増大させる事も分かりつつある。

噛める力と、高齢者の全身機能の関係では、握力、開眼片足立ち、骨縁量において、大きな差を認められている。

噛む力が骨を脆くする事を防ぐ効果が、分かって来てもいるのです。

博士咀嚼の重要性が、ヒトにおいて、どれだけ大事か、まずは、それを知っていただけると、嬉しく思います。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

咀嚼すると、唾液の分泌が起こり、良く噛めば、良く噛むほど、その分泌量は増加する。
ここで、整理してみましょう。

  1. 唾液の持つ滑剤作用、溶解作用により、さらに咀嚼運動は円滑になる
  2. 口腔粘膜の保護作用
  3. 口腔の浄化作用
  4. 唾液のphに対する緩衝作用
  5. 唾液線は血管拡張物質や、神経成長因子など生理活性物質を放出する
  6. 意味する事は、咀嚼による唾液の分泌が増えれば、血中の中に、これら、体にとって良い物質の濃度が高くなる

素敵ではありませんか?

そして、考えなければならない事は、食事中の過度の水分を取る回数は、量の過剰摂取は、時として唾液を必要としない、分泌量が少なくなってくるという所に、問題があるわけです。

分泌量が低下してくると、ますます、食塊を、流し込むことを覚え、それは、さらに生活習慣まで影響を与えてしまう事になる。
咀嚼活動の低下も、同時に意味するのかもしれません。

発育期の咀嚼量の低下は、唾液腺自体の成長まで影響を与える事は、マウス実験で、分かって来ています。

博士成長に大きな事を持っているのが、咀嚼出来ることです。
もしかしたら、習い事をさせるよりも、
もしかしたら、強く生きられるたくましさには、咀嚼って大事なことなのかもしれません。
咀嚼パワーを大事にして欲しいものです。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士大事な知識として、そして、これは、将来に渡って、構造学的問題を抱えて、加齢を経る事になるのかもしれません。
咀嚼による刺激は、咀嚼筋の成長発育にも影響を及ぼしている、この事も明らかになって来ている。

噛むことをしない食物を食べ続けた場合、咀嚼筋(咬筋)は、廃用性萎縮に陥っていく。
動物実験において、こんな事が分かって来ております。

咬筋筋紡錘の生後発達では、錘体筋線維と、錘内筋線維の径とも小さい値を示していた。
筋紡錘のらせん状終末の生後発達も、未熟な筋紡錘が多く認められる。
これは、咬筋に分布する筋紡錘の発達を阻害するだけではなく、早期の老化を引き起こす。

つまり、食物の摂取に際して、良く噛むことが不可欠な摂取様式を遺伝的に備えている動物が、発育期に、例え、栄養組織が同じでも、良く噛まなくても摂取できる性状の食べ物を食べ続けたら、咀嚼筋の発達は、阻害され、顎骨の発達も阻害される。

その結果、噛む力は、低下し、噛まなくてもよい食べ物を食べざるを得なくなり、ますます咀嚼筋と顎骨の発達障害を引き起こす事になる。

博士難しい話は、疲れたので、分かっていただければいい事は、咀嚼って、大事っぽくない?

咀嚼が出来なければ、顎骨の成長も阻害されるし、老化にも関係するし…
顔の作りは決めてしまうし…

大事だと思いますよ。
あなたのお孫さんは、どんな顔になって欲しいですか?

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

日本人の顎骨は、先史時代以降縮小傾向が続いております。
これは、食文化の発達による食物の性状変化による、食物摂取に費やす顎骨の機能量の低下が考えられています。

歯ごたえのある食品を避け、味覚や、柔らかさを追い求める現代食が、咀嚼力機能を低下させている可能性が示唆され始めています。

特に、噛めない子、噛まない子の輩出が大きな問題点かもしれません。

興味があれば、徳川将軍家の顔の形を(顎骨を主に)着目してみるといいかもしれません。

こんな実験もあります。

マウスに軟食を与え、継代飼育をし、顎、頭蓋骨成長の影響を検討する実験を行いました。
その結果、練資料で飼育された群では、顎骨は、縮小、咬筋重量の減少が観察されました。

この3項目の縮小は第9世代まで続き、その後は平衡に達しました。

あなたの大事な人、あなた自身は実際、どうでしょうか?

一方、咀嚼機能の減少による咀嚼器官の発育低下様相をより詳細に検討する為、液状飼育をしたマウスでとの比較では、こんな現象の差異が出て来ています。頭部X線規格写真の比較ですが…

液状群は、下顎枝高と筋突起高の発育が低下し、下顎角から下顎切歯歯槽突起までの下顎骨の前後径も小さい。
また、頭蓋骨、頬骨弓、前顔面部などの幅径の発育も遅れ、頭蓋の前後径と垂直的な高さも劣る傾向が認められた。

発育低下が認められた下顎枝、筋突起、下顎角は、いずれも咀嚼刺激の影響を直接受ける場所です。何故でしょうか?

発育低下が認められた頭蓋骨の高さ、幅径、前後径は、歯あるいは、咀嚼筋を介して刺激の影響を間接的に受ける部位になる。何故でしょうか?

難しい話は、さておき、咀嚼する事により、様々な筋活動が起きる事は、歯の位置や、歯並びを整え、歯列を維持する上で、重要という、この事は、頭に良くしまわれて置いてください。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士ところが、
実は…

生活環境や、食生活の変化より噛めない、噛まない子供が増えている情報もあります。

食べ物の横に飲み物を置いて、それを頻繁に飲みながら食べる子供すらいるというのです。

この意味する事は、食べ物を良く噛まないばかりか、食べ物を流し込んで食べている事を意味している可能性すらあるのです。

硬く弾力性のある食べ物を十分に咀嚼する事は、口の周りの筋肉(舌、頬、口唇の筋肉)や、咀嚼筋を良く活動させ、唾液の分泌を促進させ、歯の表面についた汚れを洗浄する。

同時に歯肉のマッサージ効果により、口腔の病気に対する抵抗力を高め、予防にも寄与するのに…

これが出来ず、いつしか、顎が痛くなる小学生、中学生、高校生も増えているという現実…


博士はあ~
私たちも動物なのです。
動物が、動物のルールを守らなくなった時に、起き始めているもう一つの現象なのかもしれません。

口の感染に対する防御力が弱くなる事の意味する事は、(今は、歯磨き粉が感染を逆の意味で防いでくれています。だから、事が余計ややこしくなっているのかもしれません)健康と言う、概念の崩れを意味しないかと、思うのです。

あなたは良く噛んで、味を楽しんで、お食事をされていますか?
あなたの家族は、大事な人は、味わう事が出来ますか?

歯科のあるべき仕事は、実はこういった所なのかもしれません。
気分を変えて、もう少し、知識を深めてみましょう。

噛むという機能が、正常に機能するという事は、おそらく、下記のような現象を生み出すのでしょう。
機械的な力がそれぞれの歯に加えられ、歯と、歯を支える歯槽骨が、鍛えられる、適正な成長と、恒常的な維持を可能にする事を意味するのでは、ないでしょうか?

歯と歯槽骨はコラーゲン線維でつながり、噛むことによって歯に伝えられた力は、歯根膜を介して、骨を歪める。
噛むごとに骨や線維の中に入っている細胞が伸びたり縮んだりする。
すると、これらの細胞の中に多くの栄養が、摂取され、代謝が極めて盛んになる。

噛むことから歯や歯槽骨は丈夫になる事を意味している分けです。

ところで、噛む刺激(咀嚼により刺激)が機能発達に影響する事が証明されているって、知っていましたか?

咀嚼機能における最大咬合圧は、機能訓練次第で最大咬合圧を増加させる事が出来るという現象が、その根拠になっておりますが…

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士まずは、この図を頭に入れよう!題して、咀嚼の刺激! どうだ!

咀嚼

ここで、触ってみよう。
食べている時の、他人の足を。
何かを感じるはず。
知っていましたか?
こんな事があるなんて…

誰かの足首あたりを触るって、咀嚼してもらうと、ピクピク動きませんか?ガムなどで、試してみると、面白いかもしれません。

な、馬鹿な?

ま、感じてみてください。
そうすると、上の絵が、もう少し、身近になるかもしれません。

この際、本当に全身への刺激がある事を知る事になるかと思いますよ。
まずは、知りましょう。
知る事、感じる事が大事です。

咀嚼すること咀嚼する事は、食物を胃に詰め込むだけではなく、全身の諸機関を活性化する上で、重要な役割を果たしている。
食物を噛むための力は様々な刺激となり、歯、歯周組織だけではなく、顎骨や、関節さらには、顔、顔面、頸部全体の筋肉や骨格に伝わり、口腔顔面構造の発達成長にも強く関連している。

咀嚼する事による刺激は、口の様々な器官で、まず感じる。
歯に加えられた刺激は(機械的)歯根の周りにある歯根膜受容器によって感じる(インプラントや、入れ歯にはない。)

また、口を閉じる筋肉(顎閉口筋)には、受容器が存在します。
物があるぞ、って教えてくれるわけですね。

咀嚼することその他、口や下の粘膜には、味を感じる化学受容器、触覚、圧痛を感じる機械的受容器、冷たさ、温かさを感じる温度受容器が豊富に存在します。

口からの情報は、実は、手足や体のほかの部位から来る情報よりけた違いに多い。

だから、髪の毛一本でも、お口に入ると気付くでしょ?

また、食べる運動は、基本的に脳で形成された指令によって作られるリズム運動であるが、顎・口・顔の領域の感覚センサー(感覚神経)が、刺激されて、感覚情報が脳に入ると、脳から口の中外の筋肉や、顎を動かす筋肉に命令が来て(運動神経)、それこそ、細かい顎の動きまで来るわけです。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

咀嚼する事により、身心はリラックスし満足が得られる事が分かって来ています。

少し、ここらへんも科学していきましょう。

食事の楽しみは、一つに風味であり、(味覚、嗅覚、温度感覚)歯ざわりなどの機械的受容性感覚であり、咀嚼運動感覚で形成される複雑な複合の感覚と言う事が出来るのでは無いでしょうか?

もう少し科学します。
甘味、塩味、酸味、旨味などの基本味と言われる感覚の識別は“美味しい”“まずい”と言う快・不快の情動の情報が同時に体験される。

これは、風味の感覚信号が大脳皮質の味覚感覚野で受け止められ、味が識別されると同時に、情動を形成する視床下部や、大脳辺縁系に伝えられ、ニューロンを活動させる為である。

快情動を引き起こす風味の感覚情報は、神経性経路を介して、脳の中枢(報酬系)に伝えられ、快情動を引き起こす。

これとは、別経路で、視床下部からは、脳内物質βエンドルフィンの分泌が促進され、体液性を介して快情動が発現される。

一方、風味の作用するのは視床下部でここは、循環・呼吸・消化・吸収などの自律機能をコントロールしている。

体性神経系を介して、筋緊張や、運動にも影響を与える。

このような一連の作業で、美味しさの感覚情報は、心を和ませると同時に、全身の自律機能を安定させ、脳の緊張を解いて、精神的、肉体的にリラックスさせるという作用を持つ。

さて、味を味わう事無く、硬さ、柔らかさ、歯ごたえ、歯ざわりなども楽しめない場合、どうなって行くのでしょうか?

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士では、子供時代には、どのような影響を与えるのでしょうか?

例えば、咀嚼活動が脳を刺激し、学習能力を高める事がある事も、実験的(動物)に突き止められています。こんな実験を、ヒトはヒトに行っているのです。

もしかしたら、ただ、勉強だけをさせていても、長い人生、咀嚼活動が上手に出来ないと、良い子であり、そこまでで、その可能性が終わってしまうのかもしれません。

 

昨今の研究では、キレる子供、我慢できない子供は、実はこういう所から、起きているのではないかと、唱える学者も登場し始めています。

よく噛む

さらに、最近の研究によると、食べ物を、良く咀嚼すると、生きる意欲が増し、記憶力まで向上する事が、分かって来ています。

良く咀嚼すると、脳の血液循環を良くし、脳細胞の代謝活動を盛んにさせる事も、分かって来ています。

脳の中で、記憶に関連する化学物質、コレシストキニンやFGFが増加しているのではないかと、考えられ、動物実験で確認されてもいます。

博士少し、専門的になって来たので、もう少し分かりやすい、具体例を入れてみましょう。

脳は通常、睡眠状態と覚醒状態との間を行ったり来たりしています。
エネルギー覚醒状態こそ、脳には必要になります。

例えば、眠い時ガムを噛むと、すっきりとするのは、下記のような理由が考えられています。

咀嚼活動をすると、口腔内、顎、顔面領域から大量の機械的受容性感覚、味覚、温度感覚などの信号が流れ込み、中脳網様体を活性化させ、脳が目覚める現象を作る。

ちょっと、難しかったかもしれませんね。
でも、咀嚼と脳の関係が、成長における学習効果の能率のお話が、まずは、ご理解いただければ良いかと思うのです。

昔から言われていた、30回噛みましょう運動。
ゆっくり食べましょう。
味わって食べましょう。

実は、奥が深いのかもしれません。

こんな時代です。
共働きが当たり前かもしれません。

ですが、忙しくとも、家庭だんらんや、味わって食べるという習慣を、どうか、工夫してでも作られてみてください。

そんな工夫方でも知られたければ、どうぞ、お尋ねください。
そうそう、そういった具合に、咀嚼が出来ない子供も、生まれ始めてもいます。

あなたのお子様は大丈夫ですか?

感染症の虫歯があるなしだけではなく、そんな機能の異常が無いかを見抜いてもらう事も、歯科医のもう一つの仕事かもしれません。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

咀嚼力低下は、脳の血流低下を招く事が分かって来ています。

咀嚼が上手に行われると、上から見た場合、天使の輪のように、血流が広がって見える事があります。天使の輪と、そのまま表現する事もあります。

専門的に言うと、こうなります。

良く咀嚼すると、脳血流量が増加する事が、分かってきています。ヒトに置いて、この脳血流量の増加は、その領域の脳ニューロン活動の増加の指標とみなされます。そして、咀嚼運動に一致して、一次運動や、一次体性感覚野を始めとする大脳皮質の色々な領域の血流が増加する事が、確かめられています。

逆に、脳の血流が悪くなると、脳細胞の破壊が進み、その影響が全身に現れる事が、分かって来ています。

これは、同時に動脈硬化、心臓病、糖尿病、白内障そして、癌など、生活習慣病あるいは、成人病の予防になると、近年、その可能性が示唆され始めています。

咀嚼と、老化、ボケ、成人病は、何かがあると、ここまで、人類は導きつつあるのです。

一つ、因果関係が分かり切っていないので、その基準は、まだ出ておりませんが、この事実を知られて置くと良いかもしれません。

WHOにおいても、痴呆の危険因子として、歯の喪失をあげている。

そして、咀嚼出来る高齢者と、出来ない高齢者では、健康状態の優位さは、既に出ている。

博士すごくありませんか?
こんな所まで、咀嚼運動と言う行為の大事さを、見抜く研究が始まっているなんて…

だから、感染症の時代から、咀嚼を歯科医が提供できる時代へ なんていう哲学を唱えだす、先生もいらっしゃるわけです。
そんな情報を得られ、そして、そうなれれば、すごく素敵ではありませんか?
歯が、臼磨活動で、いずれは、駄目になるとしたら…
その理由は、またの講談で。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー