じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

博士この文章を、真剣に読まれているとしたら、相当に深刻な状況かと思います。実際、この紹介する世界は、あくまでも紹介を意識して、作った構成になっております。

ですので、その御期待には、この世界は、出来上がっていないと思います。
しかし、この世界が、何故、調子が悪いか、その理由は暗示している可能性は、あります。

もし、よろしければ、そんな理由探しでもするか、そんな気持ちで、読んでいただければと思います。何らかのヒントが隠されているかもしれません。

そして、同時に理解していただきたい事に、実は、この世界は、国家試験(少なくとも私の世代、及び、確認している範囲では、卒後3年目までは、習っていない側面もあります)では、ここまでの知識量を求められていない側面もあります。

ですので、もし、あなたを一生懸命診られている先生が、その知識がないとしても、それは、不思議ではないと思うのです。

私は、好きで、調べ、そして、好きで紹介している側面があるからです。

治療に関しては、当然、この紹介の具現化を、当然のように心がけておりますが…

ですので、知らない事を可笑しいと、解釈される事は是非、おやめください。

必ず、歯科領域が原因で、オカシクなっているとしたら、そこには原因があると考えます。そんな世界も、今一度、紹介していきたいとは、考えておりますが、あまりに読みにくいボリュームになった為、まずは、構成の整理を図ろうとしております。

*構成の修正を終えても、構成上は、このまま残していこうと今は考えております。

もし、お悩みの場合、力をお貸しする事は、出来るかもしれません。まずは、御相談でも、いただければと思います。

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

博士軽い気持ちで、コーヒーでも飲んでいる気持ちで通り過ぎてください。

私どものホームページに、ご来場いただき、ありがとうございます。
ふと、気付くと、ホームページの掲載文章も、多くなり、非常に読みにくくなっている事が、判明しました。

反省しきりです。

そこで、ここで、心機一転、もう一度、構成を変えて、私どもが、大事にしている世界を、今一度、整理して、読みやすくして、まさに、ご来場といった雰囲気に変えてみようと思いました。

イメージにすると、博物館を、ちょっと、気軽にのぞかれて、こんな世界があったのか!と、興味で知っていただければ素敵かなって考えております。

咬合の世界きっと、悩まれて、どうして、私の病態が、なかなか治らないだろうと、真剣に考えられる方も、いる事かと思います。そして、そんな思いで、ここにご来場されている方々もいるかともいます。

知識を増やそうと、考えられて、読まれている方々(医療関係の方へのお願い;分かりやすく表現する為、必要な項目を割愛している場合もあります。ですので、何かが足りないとお感じになられた場合、どうか、ご自身で論文を調べられる事を、強くお勧めいたします。あくまでも、医療の知識がない方向けに書いているものです。恐縮ですが、ご理解ください。)もいらっしゃると思います。

動機は、それぞれ、どんなものであれ、私は良いと思うのです。ちょっとでも、お口の健康に対する意識が変わっていただければ、そして、歯科の仕事は、“歯を削るだけではない”、そんな事を知っていただければ、まずは、嬉しいかなって思うのです。

それでは、咬合の世界を、まずは知ってみましょう。

≪この文章を、真剣に読まないといけない方はこちら≫

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー