じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

咬合関係も、顎関節も、分かりやすい言葉でいえば、美味しく咀嚼が出来、機能的にも、構造的にも、生理学的、組織学的そして生体力学的にも調和している状態である事と思うのです。

実際は、その具現化が難しいのでしょう…

というのも、言葉にするのは、素晴らしい所なのですが、上下の歯の接触と、顎関節のいかなる関係が望ましいのか、科学的には、いまだに明らかにされていない実情があるから、テーマは簡単、実際は、患者も、医療サイドも混乱だらけ。そんな落ちになるのかもしれません。

でも、一番そういう時に失ってはいけない事は、医療者側の無関心であり、その後、自身が罹患してしまった際に来るパニックになるのかもしれません。

知識は武器と言う言葉の意味は、もしかしたら、こんな所の思いもあるのかもしれませんね。

最後になりますが、顎関節症は、近年の解釈は筋骨格系の疾患の一つという分類に、その認識が変わって来てもいます。

そう考えると、顎関節症のおける、咬合調整が、もし、歯列全体が当たる事と言う事に全てのテーマをおいて行うとするのならば、その処置は、対処療法としては、もしかしたら、本質から離れた所にあるのかもしれません。

そして、それまでは、仮に部分的な当たり方であろうと、おかしくなかったとすれば、いきなり、咬合調整はおかしいのかもしれません。

もしかしたら、咬合調整の捉え方を変える必要があるのかもしれません。

難しい問題です。
いかがお考えになりますか?

私どもは、この疾患を筋骨格系の疾患として捉え、そして、今、考えられている構造学的にしろ、組織学的にしろ、生理学的にしろ、様々な条件を提供する事に、この病の解決のカギがあると考え、その取り組みをしている医院かと思います。

よろしければ、症例の世界も、ご覧ください。

前のページへ 次の章へ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー