じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

顎関節症の定義なり、お話はどこかで、触れてみているかと思います(歯科構造の世界から咬合の世界へウェルカム、噛む絵本)。
また、気が向けば触れて行きたいと思っていますので、そんな触れる機会があった際には、よろしければ覗かれてください。
とはいえ、まだまだ、表現したい世界は、実はまだまだ、穴だらけとは思っているのですが、それも、ぼちぼち、頑張って行っていきたいとも思っています。ま、よろしければ、適当にご覧ください。

ところで、ぼちぼち、臨床のお話も入れてみようと思います。
“先生、物語や、解説だけでは無く、実際の症例も入れてみませんか?”
“もっと、具体像を紹介する方が、面白いと思うのですよね”

なるほど

ぼちぼち、何かを出していきませんか?
なるほど。

ぼちぼち、医院の結果を紹介してみた方が、分かりやすいのでは、無いですか?

なるほど

てな感じのやり取りで、納得をしてしまった僕は、ちょっと、何かを紹介をしてみようかと思いました。話は、あっちこっちに飛ぶかと思いますので、適当に流し読みなり、必要かなって思う情報を抜粋していただければと思います。全てを読もうとされなくて結構ですからね。あくまでも、個人のホームページでしかないですから。

この頃、面白いと思う事があるのです。例えば、無呼吸症候群、顎関節、非定型性歯痛に関しては、口腔顔面痛学会においては、ある種の治療が有効のようだと報告がされて来ています。

また、医科の世界では、自律神経失調症は、そのキーワードは首にある。そのように、述べ、学会に発表をされた先生もいらっしゃいます。

先に述べた症候群は、簡単にいえば、特殊なマウスピース(今回はそのような表現を入れておきたいと思います)にて解決を図って行こうという発想のようです。無論、そこに理学療法的手法や、薬等を織り交ぜて行くみたいですが…

一方、後者は、針と、理学療法を主体に行っていくという方法のようです。

さて、問題は、もし、これから書こうと思っている症状をお持ちの方が、どこの科の門をたたくかで、実は、その先の新しい自分と出会う出会い方が違うのかなって思えるのです。

一応症状です。

ふらふらする
疲れている感じ
背中が痛い
肩が痛い
頭痛がする
こめかみが痛い

眼の奥がぎゅうとする
やる気が起きない
ボーっとする
首が痛い
食欲がない

顎が痛い

さて、現行の解釈では、顎関節症に該当するのは、赤字の部分で、青字が付随症候群という解釈になるのかもしれません。青字は関係ないと解釈される場合もあります。

さて、ここから、物語を始めてみようと思います。

そうそう、顎関節症は首にある!と、首に着目をする歯医者の集団も出て来ているから、面白いな~と思います。

医療って進化していくのですね。発展と言う言い方がいいかもしれません。
関係ないですが、治っております。予後2年目に入っています。

 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー