じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

顎関節症の治療として咬み合わせの調整が有効と言う考え方があります。

私自身は、基本として行いません。
ですが、有効だとは思っています。
(この有効が、一瞬か、一時的か、経時的か、経年的かは、別にします)

唯、この時間軸に対する事には、何ら触れるつもりはないです。

しかし、何故、有効かと言う事が大事な気がします。
正確にいえば、何故、有効と考えられたかを、もう一度振り返る事が大事なのではないかと思うのです。

大分、本題からそれて来ています。でも、医療を分かりやすく、そして、考えられている事を見えやすく紹介しようとすると、今の私の表現力ではこんな形になってしまいます。分かりにくいかもしれませんが、よろしければ、お付き合いください。面倒であれば、飛ばされてください。

おそらくですが、噛みこみが深いと、その深さが、引っかかりとなって、筋の運動を阻害する事(開け、閉めがうまくいかない)を、問題と考えたのでは無いかと、思うのです。

顎関節症における咬合調整は。

開けるとき、引っかかるからその邪魔する場所を取り除いてしまえ!
閉じるとき、うまく入らないから、入るようにさせてしまえ!

勘違いしないでくださいね。
医療行為としては、あり得る考え方だと思います。

術者が、その方法や考え方しか知らなければ、当然の方法だと、私は思います。それが、適切かどうか、間違っているかという議論では無いです。

話の方向性を少し、変えます。

顎関節症における咬合調整が有効と考えられる場合、という話をしてきました。
ちょっと、専門色を深めてみましょう。

例えば、実際、開けるたびに引っかかる所が、あるとします。その際、顎の動きは決してスムーズには動く事が出来なくなります。それは、その場所を、回避するように、開けるようになるからなのかなって思います。(回避反射なんて言う言葉で、表現されます)

この場合、言い方を変えれば、動きのエラーが生じると言いますか、動きに障害が起きているという言い方になるのかなって思います。
勿論、開けると言う行為に問題があれば、閉じるという行為にも問題が出ても不思議ではないようにも思えます。
閉じる行為で、途中より、歯の引っかかり(干渉)が出て、結果として、不自然な動きを起こしているとします。とすれば、同様に、開ける際も同じように不自然な動きになるでしょうし、引っかかりから仮に、動きがおかしくなっているとするのならば、繰り返しになりますが、開ける行為も閉じる行為も回避行動が起きるという事は自然の流れとなると思います。(開閉口時における歯牙の干渉よりの派生などと言えば、良いのでしょうか)開け、閉めという行為に、顎関節が関わっている以上、開ける、閉じるという両方に干渉を原因因子とした運動障害が存在してしまう事は、自然な摂理になると思います。

さて、問題は、では、いつから顎関節症における歯牙が干渉因子になってしまうかという事にあると思います。

 例えば、補綴物を一本入れた瞬間からと言うのであれば、そして、その間、何ら問題が無いとするならば、その場合においては、咬合調整は有効な一手と見なしても良いのではないかと、思います。
しかし、もともと、潜在的に因子が隠されていて、ただ、補綴物を入れた事をきっかけに発症したとするのならば、それは、いくら咬合調整をしても、意味をなさなくなる気がします。
その一瞬はいいのだけれど、また暫くすると…
こんな感じになるのかもしれません。あくまでも、咬合調整と顎関節症という観点からみた場合です。歯の噛みあっている関係と、顎関節の動きと言う見地からの、発言です。

その潜在的因子を見抜く目と、潜在的因子に対する知識を持ち合わせる事が、実は、どんな治療であれ、咬合調整を行う場合、歯科医に必要とされる必要条件では無いかと、思えるのです。

全体が当てる事、これは、教育からか、歯医者の本能から来るものか、それは、分かりませんが、そういった衝動とでもいうべき動機は、歯科医にとっては理想、究極の目標であると思います。
おそらく、これは、咀嚼効率を上げるうえでは、必要条件になると思います。しかし、言葉に強いて変えると、ゾーン的に当たるという事は、十分条件にしかなり得ないと思います。

しかし、先に話したように、またいくつかのルールが保障された上での、咀嚼効率ですから、これを無視して全体を当てると言う行為は、悲しいがな、咀嚼効率すら上がらなくなり、患者からは、前より噛めないなどと言う言葉が吐き出されてしまう理由になってしまうのでは無いでしょうか?

ところで、咬合調整の目的とか、意味とかは何なのでしょうか?
そんなこだわりを持った調整を、受けられた事があれば、本当に幸せと思います。
難しい問題です…

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

随分、過激な事を書いたように思います。ですが、こんな所が、歯の傾斜角を考えずに、ストップを落とす可能性がある、調整法の留意点でした。

薬も過剰摂取は、毒薬にもなり得ますから、知識のないあなたは、そこを確認されながら、選択をされてみたらいいのかもしれません。程々という所では無いでしょうか?

基準は、もっともっとありますが、そんな知識を知っておかれるといいのかもしれません。
さて、話を続けましょう。

調整する事で、左右が均等なきれいな咬み合わせになる事を、目指す事に、教育で受けています。そして、実際、均等な噛み合わせは、条件がそろう限り、最高の咀嚼効率をあなたに提供をするでしょう。

ですが、その条件が、なければ、安易な咬合調整に関しては、気をつけて欲しく思います。

歯を削ってエステと、いつの間にか、歯を削って、歪みを取ることを売りにする時代にもなっています。

そこまで、機能を失うリスクを背負ってまで、美を追求しなくても…と、思う事もあります。壊れれば、美の追求など出来ないと思いますので。

ちょっと、学術的なお話も入れてみます。
歯と体と脳とでも、言いましょうか?

単純に2つの回路があります。
歯から直接脳へ行くシグナル。
歯の周囲の筋から、身体全体へ送るシグナル

二つが合い重なりあって、身体を維持しているとします。
安易な咬合調整は、もしかしたら、このシグナルの回路を、おかしくする可能性は無いでしょうか?

そして、この結果、構造的には、身体が歪む事は、動物実験では既に、実証されています。
歯周病学的にも、この咬合の崩壊が歯の喪失をもたらす早道になる事も、分かって来ています。

ストップを守った上での、咬合調整が、あるいは、言い方を変えれば、このシグナルを壊さず、逆に、活性化するような咬合調整ならば、逆説的ですが、問題はないという言い方が出来るのかもしれません。

咬合調整顎関節症が関係あるか、あるいは、無いのか、という事を知っていただくよりも、咬合調整の本来ある難しさを知る方が、私は、早道と思います。

それを、考えるのが資格者である私達で、その診断を、どう解釈するかが、患者となる可能性があるこの読者の方々では無いでしょうか?

 だから、多分、私は、この議論は、意味はないと思います。
永久に交わることのない次元の問題が大きすぎる事、そして、咬合調整をされた事のない患者、咬合調整がうまくいった患者、咬合調整に神がかりの腕をお持ちのドクター、現実的にそのリスクを知り過ぎているドクター、全く関心が無いドクターと、混在する限り、価値も解釈も、結局の所、決して混じり合う事はない、そのように思うのです。

だから、“咬合調整と顎関節症”という、センセーショナル的に受けやすいお題目を、一つの世界に押し込めた議論は、どうしても好きにはなれません。

そして、私自身は、よほどの事が無い限り顎関節症においては、選択をしない、オールドテクニック(勝手に決めているだけです。そんな、名称はありません)と位置づけています。

顎関節症という疾患に対してはですがね。
実際、咬合調整は、仕事上、当り前のように行っております。

歯科医ですから。(こう書くと、派手に行っているようですが、慎重に、冷汗をかきながら、ちびりちびりみたいな所です)

咬合調整は危険です、させてはいけませんといって、自身が実は行っている歯医者よりも、(仕事である限り避けては通れません)正直者でいたく思います。

ですから、知識に裏打ちされた説明と結果にこだわりたく思います。
そこが、プロとしてのこだわりのような気がするのですが…

一口に咬合調整と称しましても、実は、色々な、リスクがあり、その必要性と、安全を守れる目を持つドクターを見定める目を患者であるあなたが持たれる事なのかもしれません。難しい問題です…

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

歯の高さを失うと、何を失うかという話でしたね。一部を紹介してみます。

これを失う事は、逆にどうなる可能性があるかと考えてみましょう。
歯の高径を、乱すと、歯の位置が移動を起こし、***などと、咬合調整の物の本には書いてあったような記憶があります。(***は割愛)

この現象が起こるという事は、歪むという現象を、引き起こす何かにはならないのかなって思うのです。

ここで、考慮しなければならない事に、もともと許容範囲を越して歪んでいたならば、どう考えるかという問題も、合わせてある気もしますが、何でもかんでも、咬合調整は、もしかしたら、リスキーなのかもしれません。程々を無視したりすればもしかしたら、下のような事が起こるのかもしれません。

逆に、身体がこわばるとか、そんな現象が起こるかもしれません。
逆に、顎が奥に入ったという現象が起こるかもしれません。

急に噛む位置が変わるって、見方を変えれば、急に知らない土地にいきなり置かれたというぐらい、衝撃的な事かもしれませんよ。そうなると、恐怖とか、戸惑いでこわばりませんか?そういった想像をされてみると、面白いかもしれません。あまり、いい趣味ではないでしょうが…失礼しました。

息が苦しいと思うあなたがいるかもしれません。
立てなくなる自分がいるのかもしれません。

あまり想像したくないですが、そういった防御的な反応を起こすのかもしれません。

 これが、長く続くと、もしかしたら、どこで噛んでいいのか分からなくなるかもしれません。その内、噛む場所が定まらなくなるかもしれません。

前の自分と違うのだもの。前の自分の感覚と違うのだもの…

まだまだあるかもしれません。でも、今回は省きます。
筋肉は、実際の所、顔の前にはありません。
顔の後ろにあります。

低くなれば、引っ張られません?後ろに。
だから、下がるのかもしれません。

この高さを変える状況は、セントリックストップを(噛み位置を守る機能)落とすことで発生するようです。

咬合調整はこのストップを落とされないよう気をつける事が必要みたいです。
この部分が、大事だと思います。

ですが、問題は、既にセントリックストップが、壊れている、あるいは、無いと思われる場合まで発展してしまっている場合、どうするかです。

位置覚を失う、位置覚が壊れる、こんな現象に落とし込まれてしまった場合です。

どういった、防御反応を示すのでしょうか?

難しい話になって来たので、今回はここまでとします。

補綴にしろ、修復の治療にしろ、矯正にしろ、この配慮なしに行われた治療結果は、私は芳しくないと思います。15分治療(それで、済む場合もあります)で、それが、可能か、時に患者の立場になる可能性がある皆さんにも、問題意識を持っていただければ嬉しく思います。

結果、歯を触れば触るほど、おかしくなったという声に変わる可能性すら出てきます。

歯科治療は、それぐらい慎重に取り組むべきだと、現場に立っている私は思います。

先に使った言葉をそのまま使うと、高径の維持を失う事で、顎位も変わる可能性もあるでしょうし、結果、歯の無理な当たり方で、歯の顔も変わるでしょう。歯の顔が変われば、平面も変化してしまうでしょう。そして、力の分散がうまくいかなければ、アーチも変わるかもしれません。

補綴物、修復物一つで、大きな変化を口に、ゆっくりと起こす事があります。
適正幅を越し、でも、その生体の許容域値であれば、時間軸の変化とともに、押しやられる可能性が、含まれるのかもしれません。

怖い話になってしまいました。

ですから、良く主事医たる歯医者さんと話し合われて、納得の元、始められると素敵かもしれません。参考までに…

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

難しい話になりますが、「入れ歯で痛い」といった場合、噛み合わせを整えると治ることがままあります。多分、この解釈では、咬むべき位置と、入れ歯の咬み合わせが違う場合に多いという言葉をあてはめる気がします。

これが、対処療法的ものか、あるいは、根を断つかという議論をここで、しようと思っている訳ではありません。

実際、私は、ほとんど、今は、考えがあって行いませんが、入れ歯で噛めるようにしようとした場合、(食事が出来るよう噛めると、咬合紙の世界全体で、当たっている事を噛めるというものは、私は違うと思っています)咬合調整という技術科目でギリギリ、ガリガリと、まさにゾーンで、当たるようにさせる事が多いように思います。

そして、全体が当たっている事で、噛めると歯科医側が理解しているのかなって思う事があります。

 ただ、この行為で、いつも不思議に思う事があります。

何故、精密に高さを決めた後に、歯を(人工歯)といえ、そこまで、削っちゃうのかなって。決めた位置より、低くならないのかなって?

技工作業で、よほどの新人技工士が作成したものかなって。

それと、やはり、ギリギリと、食事をする入れ歯の方を、見た事が無いので、いつも不思議に思うのです。

分かりませんよ。おかしい事を書いているのかもしれません。
義足で例えるのなら、引きずって歩く練習も合わせてさせるのかなって。

専門的な話から入ります。
入れ歯になると、顎関節間のルーズニングが起こる為、人工歯の傾斜はすでに緩めに最初から設定されています。
というのも、顎の動きの、そう、モグモグの横の動きは、天然歯時代よりも広く入ってくるわけです。だから、最初から歯の傾斜角は、緩めなのに、なぜ故、そこまで、真っ平ら運動に燃えるのだろう。ほどほどっていう世界もあるのになって、思うのです。

歯ぎしりをするがごとく、食事はしないが故、何故、そこまでゾーンにこだわるか、面白く感じます。

このルーズニング(周囲靭帯が緩くなる)が、加齢につれ起きる事が、根拠となり、加齢とともに顎関節症が、落ち着くという説明になるわけなのでしょう。言うなれば自然の摂理的な捉え方です。でも、高齢者であれ、入れ歯でも(総義歯とは書いておりません)顎関節症にはなるようです。

もし、この行為に疑問を感じると、また、変な事を考えるわけですね。

顎が痛いのは、全体が噛まないせいだと、入れ歯のノリで歯をギリギリ、ガリガリかカチカチかと調整をするとします。

全体は当たるものの、何かを失う事にもなっている気がします。
元々あった歯の高さです。

失わせる事には、正直気をつけたいと、私は思います。

 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー