じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.02更新

そろそろ、この世界にあたしは飽きてきたようです。ですので、簡単に紹介をしておしまいとしたく思います。

セルフで行える工夫は、結構、素敵な意見も、ネット上に転がっている気もします。リラックスをしようとか…補完医療に頼ってみようとか…

 現状、これら疾患に対する社会的認知も低く、公の意識より、世代間の正義、立場の正義と、ちょっと、風紀委員が活躍しすぎの気配、中々、罹患した際は大変だと思います。

文字だけの個人のHPですので、どこまで真剣にお悩みの方が読まれているかは存じ上げません。ですが、確かに問題意識を持って取り組む医療の方々が、出現して来ているのは確かだと思います。
ですから、諦めないで欲しく思います。
もし、適当な模式図で表現した事実が本当であるならば(本当と思われるならば)歯を、触る行為は極力気をつけられる事を、紹介したく思います。

もし、慢性化をして(慢性化=痛みが落ち着くとは限らないと思います)、その活動性に障害が生じている場合、社会との接点が失われる事、これが一番の問題と思うのです。
ここから先は、時代が変わる事も待たねばならないかもしれません。恐縮します。

まして、繰り返しになりますが、現場教育において実際に引き金になる可能性を教えている訳ではありません。それに、引き金がどういった意味があるのか教えている訳でもありません。
医療はヒトが介在する存在である以上、生活障害や活動障害に発展する可能性は常にある気もするのです。(歯科治療に限らずに)しかし、この可能性について、教育されていないと思います。今はどうでしょうか?

歯科治療における罹患した患者と社会、そして歯科医との温度差はこんな所にある気もします。

その認識の下で患者への提言は下記の物に私の場合なってしまいます。一般論と言われればそれまでですが…
如何に基礎に忠実な治療に拘れているか?
病を診るのでなく、人を診ようとされているか?
そんな窓口探しではないでしょうか?

更に認識をして頂きたい事に、環境的側面か物理的側面か、その判断はやはり、委ねざるを得ません。

歯の治療をしなければいけないと、歯を触らなければいけないと無意識にライセンス者は刷り込まれます。多分。更に、制度的に歯の治療をしなければ生計が成り立たないという側面もあります。
もしかしたら、この(特定の疾患を指しておりません)病態は罹患者以外の社会の多くのヒトが、歯科の仕事は歯を触る事だという意識を変える事から始めないと難しいのかなって思う事すらあります。
学術的に原因が不明なら、余計、大事になる気もします。
ですから、果たしてライセンス者だけの問題に単純化するだけで解決なのか、私は時々疑問に感じます。
更に付け加えるならば、解決の糸口は、当たり前の常識が通用しないという変化を求める事が、従事者以外の全ての方々に求める必要性もでてくるのではと、妄想に駆られる時すらあります。立ち返るではなく、変えるという大変なエネルギーです。
この背景全体を変えるのは、本当に大変だと思うのです。

関係無いですが、選挙では、皆さん、“医療負担は増大させないが、医療は充実させる。”日本を引っ張ろうとする方々の医療に対する多くの共通の思いと認識しています。有難い事です。しかし、大事な事は、どうやって、医療を充実させるのか、ない理解力を一生懸命想像力に変えて私は、悩んでいます。

私自身を変える事、人を診るという意識を先鋭化させる事、病態を知るという作業を続ける事、現在進行中ですがとても苦しい作業でもあります。その持つ意味の、ご判断は委ねます。

”命綱” という存在であるべき医療(医科、歯科問わず)に対して共有化も前提とした合意の為の議論に発展するのか、差異だけを強調する対立構図に戻るのか、それは、これからなのでしょうが、どうか、まとまらずに言い合いだけで、公務に携わる人々は慣例を守るという作業を続け、結局は、あたかも振り出しに戻るという愚かさだけは避けて欲しく思います。
ごめんなさい。
あたしは、結局、まとまりきらない意見で、今回も終始してしまいました。
でも、どこか、こんな知恵がお役に立てば、嬉しく思います。
もし、最後まで読んでいただいたとしたら、感謝します。

また、何か気が付けば、何かを触れてみたく思います。
そんじゃ。

HP上で、はたまた、診療室で。
また、気が向いた際にでも。

では。

前のページへ 医院案内ページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

ま、勝手に図を描いてみました。
空想な世界なので、どうか適当に…

さて、議論を戻します。
まずは、おかしくなった場合、月並みですが、落ち着来ましょう。(精神的に)

リハビリ的考えの影響もあるかと思いますが、私の考えを少しだけ紹介します。きっと、歯科的な事は歯科治療に一日の長がある先生方が素敵な見解を、私以上にお持ちだと思います。国家試験で習った知識しか無いあたしは、そんな大それた意見など持てるはずなどありません。だから、歯の事は主治医の先生や、ネットの相談は結構いけていると思いますよ。

で、今回は別の視点で一つ。そんな感じでいかがでしょうか?

ただ、今の段階では絵空事と言われるかもしれません。それに、これは、患者が行える物ではないと言われるかもしれません。でも、一つの見解として受け入れて頂ければ幸いです。

歯の(感染症から主に来る)痛みは除外します。あくまでも参考程度にされて下さい。治療方針に対して、意見を申し述べようという趣旨ではございません。

・全身的に急性症状が出てしまった場合は、不可逆的な行為は控えるべきでは無いでしょうか?(歯を削るとか、歯を移動させるとか)

・そして、その処置は最小限に納めるべきと思います。
(痛みに対する緩和行為とか、マニュピレーションとか、モゼリゼーションとかになっていくのではないでしょうか?あるいは、補完医療に頼る事、決して過剰な医療行為を受けるべきではないと思います。そして、場合によっては痛みの専門家を頼るというのも一つの解決案になるのかもしれません)

・私らの仕事が自ずと生体に力学的負荷をかけてしまう側面がある為、急性化の際は、如何に通常の活動が出来るよう理解と協力を得られるよう考える必要性があるかもしれません。簡単な動きの指導と言う言い方も該当させられるかもしれません。その際は、積極的刺激の活用は臨床現場では避けるべきかもしれません
(口を長時間開け続ければ、筋に相当な疲労がたまるかもしれません。ミクロのレベルで筋が損傷する事もあるかもしれません。一方、咬合は機械的刺激と表現できる側面もあると思います。)
例えば、長時間口をあける可能性のある治療ですら、(根の治療や、歯を抜く治療が)該当するかもしれません。
その際、麻酔の利いていない側の咬合接触状況が同じかどうか、こんな小さな確認作業も、急性化を防ぐ現場レベルの知恵になり得るかもしれません。

・例えば、同じ咬合調整でも、削った際、頚部固有感覚にどんな影響が出るかあらかじめ予測できれば、その危険性を事前に察知出来るのかもしれません。
と言う具合に、急性化した際、如何に通常活動に回復できるか簡単なアドヴァイスと、簡単な運動修正と言う行為があれば、良いのかもしれません。

・一般に、リコンディションと言うようです。

・こんな側面から、おかしくなっている際は、歯を積極的に触れるべきではないという議論に発展するのは決して不思議ではないと思います。

 そして、現場も共通の認識を持てれば素晴らしいと思います。刺激による興奮を安静化、沈静化させようとしているのに、更に、歯を触ることで興奮状態に、活動状態に引き戻す事は…という言い方を成立させる事は許される気もしますが…如何でしょうか?

・問題は、慢性化をしてしまい、一つ縄で解決しない状況になってしまった場合だと思います。治療の再開も、検査も専門家が入れば解決でしょうが、現状では、メカニズム含めて?の状態ですのでここが、難しい所のような気がします。それに、何を持って専門家と言うのでしょうか?

・慢性化すれば、専門的に言えば、オクルーザルプログラミングは、例えば、食いしばるなと言っても、その行為は身体に異常興奮を与えても、平衡性の維持の為には必要になる時もあるようです。すると、その日常的に続く興奮から、新しい感作機構が働き、常に疲れているとか、ボーっとするとか、微熱が続くとか、身体の●●がどうだとか、そんな症状があらわれて来るようです。勿論、歯の異常な位置移動や、摩耗、咬耗も進むでしょうから、一つ縄では中々収まらない気もします。

・こんな相乗効果が、出世魚の如く病態が変化してしまう理由ではないでしょうか?
・これが、活動障害や生活障害まで発展をすれば最悪です。この社会的理解が、私には、時に大事な気がしてなりません。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

先に、繊維筋痛症を引き起こす引き金については、むしろ***をしたことで、結果、感覚系における@@@の感作が起こり、次に身体に+++と言う症状で現れているという言い方の方が、自然のような気がします。

 こんな書き方をしてみました。
違った書き方をしてみましょう。もしかしたら、△△的に、もともと@@@が起こりやすい状態だったが、(いつ起きても不思議では無かったが)***した事で、結果、感覚系における@@@の感作が起きてしまい、次に身体に+++と言う症状で現れてしまったという言い方も成立するかもしれません。

先の表現を、再び利用します。例えば歯列矯正でおかしくなったという直接的表現を患者は用いるとします。

矯正をしたことで、身体が+++になったのではなく、矯正により感覚系の@@@の感作異常が起きて、次に結果、+++が起きている、と言う表現の方が正しい気がします。

矯正で起きるという表現を成立させるには、矯正をした患者全てに起こらなければ、おかしいと、先ほど記しました。如何でしょう?

ですから、補完医療(と言うそうです)である、整体やマッサージ、カイロ、鍼灸で良くなった、あるいは、楽になったというのも、こう言った言い方に置き換える方が分かりやすいのではと思うのですが…

身体の+++は、###と言う手法を用いることで、@@@という感作異常を防いだ(緩和した)結果、良くなった、あるいは、楽になったという言い方に変換できる気がするのです。

そして、△△的な問題が、解決していないから、楽にはなるが、良くはなるが、(ヒトによっては、未だに…)という言い方まで成立する気もするのですが、如何でしょうか?

△△的と言う言葉を存在させなければ、多分、治療の解決の糸口は永遠に見つからないと思います。如何でしょうかね?
難しいですね!!

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

但し、もう一つ認識しなければならない事もある気がします。現場教育においても、実際、引き金になり得る可能性を前提に、教えている訳でもありません。そして、引き金がどういう意味を持つか教えている訳でもありません。

活動障害、生活障害まで病態が発展する可能性は、歯科治療ではないという事が今の所の前提ではないでしょうか?(あると教えてもいませんが、ないと教えてもいないと記憶しています)歯科医と病態を抱える患者のすれ違いは、こんな所にもある気がします。
ここで、始めの話題を終えてみたく思います。
ただ、この地点を原点にしなければ、おそらく、感覚がおかしくなる患者はなればなるほど、心身症と言う判断をあてがわれるのかもしれません。

難しいです。

次に、その下で、患者が対策を考えると求められた場合、以下の提言しか、今の所私は思いつきません。
一般論すぎますが…

患者が身を守る工夫となれば、如何に基礎に忠実な治療を歯科医が行っているか?
病を診るでは無く、人を診る先生に出会われるか?
そんな窓口探しではないでしょうか?

 最後に、更に、認識して頂きたい事もあります。
環境的側面か、物理的側面かは、判断は委ねます。
歯の治療をしなければいけないという意識を、ライセンス者は無意識に植え付けられ、そして、更に、制度的に歯を治療しなければ食べて行けないという側面もあります。

もしかしたら、この(特定はしておりません)疾患にかかった経験がある患者以外は、“歯科治療は歯を触る事だ”という意識だけしか、一般的にはお持ちのでないように感じます。

ですから、果たして、ライセンス者側だけの問題にして良いのでしょうか?時々、思う疑問です。
更に加えるのならば、解決の糸口には、当たり前の常識が当たり前でないという立ち位置を変える事まで要求される事になる気もします。立ち返る(戻る)でなく、変えるという事になると思うのです。

この背景を、全面的に変える事は、とても大変だと思います。

私自身意識を全面に変える事、人を診ているという意識をより先鋭化させる事、病態を知り続ける作業を怠らない事(未だ継続中ですが)、これら作業を行う事で、解決を図りました。(多分だし、まだまだ精進中かも)

それぐらい、引き金と言う意味を捉える事は、私達歯科医にとっては、非常に難しいのではと思うのです。

私の所ですか?

困りましたね?
説明に窮します。
と言う訳で、ここで、おしまい。
次の章は、今一度、整理をしてみたく思うのです。

あくまでも、あたし流ですので、お許しください。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

 このページを開いて頂き感謝申し上げます。個人の戯言、あくまでも斜めに読んで頂ければと思うのです。
感覚と言う言葉を用いる以上、実は、患者の対処もやはり、感覚に頼る側面が、あるように思います。

例えば、一番初歩的な要素に、患者は慣れるでは無く、自然にフィット感がある補綴物“ならば”と例えても良いのかもしれません。難しい表現です…

次に、もし、おかしいと感じたら、それ以上、治療を前に進めるのではなく(例えば根の治療等は、根の治療を終えるべきです)区切りのいいところで、善処すべきなのかもしれません。本着を選択するのではなく、仮止めにとどめておくとかね…

どんどん削っていけば、どんどんおかしいまま、変えていけば、それはそれで、何にトラブルがあるのか、どうしてトラブルが出ているのか、ますます、患者の感覚はおかしくなる側面は無いのでしょうかね?

むしろ、引き金については、むしろ**をしたことで、結果、感覚系における@@@の感作が、おかしくなって起こるという言い方で理解された方が自然のように感じます。

例えば、歯列矯正でおかしくなったという直接的表現があるとがします。(この意見を否定も肯定もする立場の者でもありません)

これにより、感覚系において、@@@が起こり、結果、身体に***が起きているという捉え方が、個人としては正しいように思うのです。

でなければ、例えに用いましたのでそのまま、矯正と表現しますが、矯正治療を受けた全ての患者がおかしく成らなければ、歯列矯正でおかしくなるという事象は成立しないと思うのです。

その一方で、整体(カイロ、マッサージ、鍼灸等:補完的医療などと、専門的には言うみたいですね)に通う事で、良くなったという表現ですが、これは、下記のように思います。身体の+++が、##の手法で改善される事で***が防がれ(緩和され)、結果、@@@を感作しないで済むという言い方に変わるように思うのです。

感覚の異常性が一時であれ収まった事で、緩和されたという直接的表現で良いと思うのです。

でなければ、カイロで楽になったとか、整体で落ち着いたと言う言葉は、賭け回らない気がするのです。(患者がこれ手法で治したという言葉を使うのは何も思いません。しかし、ライセンス以上に治せるという言葉を安直に医療補完の立場の物が使うのは、聊か疑問を呈す立場に私は立っております。これは、ライセンスのヒエラルキ-として、事実はどうであれ、“らしさ”には拘れてほしく思います。)

さて、議論を戻します。まずはおかしくなった場合、“如何に現状の構造の維持を積極的に肯定して、解決が見られない内は、後戻りが出来ない処置まで進めない事”これが一言で表した場合、大事になるのでは?と、経験を積むにつれ、ますます確信と言う立場に私は立脚をしています。

更に、問題が生じる場合は、可能性として複合に渡って、起こり得る気もします。遅発性か早発性かは別として。更に、後戻りの効かない処置を結果として受けてしまえば、病態は出世魚のように変わっていく可能性があるといえるのかもしれません。

感覚と言う言葉は表現にすると容易いですが、実に多岐に渡って、私達に影響を与えるような気がします。
この感覚系の力により、日常を無意識に、生きる糧だけを集中して過ごせる側面は多分にあるように、私は思いますが、如何でしょうか?

おしまい。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

ようこそ、興味を持って頂いたみたいで、感謝します。
前提を、勝手ながら、二つ置いています。
あくまでも、私が勝手に理解している世界観である事。
それと、治療法については、一切コメントがされていないという点。

メカニズムとしては、患者の受ける感覚系を主体に捉えてみればどうなるのかなって思ったりもします。
感覚系から、筋を主体に反応しているとするならば、血液、リンパという考え方が成立するかもしれません。
逆に、咬合感覚異常症を主体にしているのならば、歯と言う硬組織を主体に考えてしまうのかもしれません。
顎関節の異常感が主体なら、骨と言う意識になるかもしれません。(変形性、円板転位等)
顎位ならば、咀嚼筋を主とする違和感から、咬合なら咬合違和感なんて言うのかもしれません。

問題は、感覚系の捉え方が、どのように身体に広まっているか(行くか)で、見解が変わるのかなって思います。
顎関節なのか、痛みが広範に広がる繊維筋痛症なのか、首なのか、肩なのか…

例えば、こんな具合に視点を置きかえると、疾患の本質論は同じでも、出ている問題の感覚的捉え方で、いろいろな言葉が、ネットサーフィンでも成立するのではと思うのです。以下、患者の受け止める感じ?
血流・リンパ・筋肉VS歯・骨
顎位・咬合などの修正
これらの表現に自然と行きつくのでは?と思うのです。

その中で患者の受けてきた経験知と、会得してきた耳学問(失礼な表現かもしれません。ですが、専門家が持つべき知識を、私は患者が持つべきとは、“今は”まるっきり認める立場ではありません)から歯科治療VSセルフケア、自力VS他力まで発展していくのでは?

と、現象における我流解説はこれぐらいにして…
あ、そうそう、忘れてはいけません。
対峙する、歯科のネットでは、
従来の手法(咬合調整)VSスプリント
保険のスプリントVS保険外のスプリント
補綴治療VS補綴でない
スプリントVS矯正

面倒なので勝手に、対戦相手を、思いつくまま書いてみました。
後は、ブラキサーと、高さが低いという考え方と、あり得ないという考え方と,口外に行け、心療内科に行け、こんな所でしょうかね…

 でも、患者の訴えって、実は患者の感覚に、ネット相談自体でも、臨床でも既に、患者の感覚に相当依存している気がするのは、気のせいでしょうかね?

上記記載に関して、個人の偏見と、個人の思い込みで、好き勝手書いている世界です。あまり強く影響されないで欲しく思います。

ここらで、おしまい。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

あれこれ、好きに書いてしまいましたが、歯科の仕事の性質は器質障害なのでしょう。
これは、私自身反論する意思も微塵にもありません。
しかし、器質障害には、結果、いつの間にか、補うように機能が異常な働きを起こす事も、逆に機能が上手く動かない場合もあるかもしれません。
となれば、いわゆる、ジャンルにすれば活動障害の分野まで考慮に入れる事も大事になる事は無いのでしょうか?

異常感と言う表現に収束をさせますが、きっと、この問題って感覚の問題といっても過言は無いと思うのです。
この感覚の異常って、罹患した方はたまらんと思うのです。
慣れる物と言う認識では、慣れないのだったら、感じないよう当たらないようしてしまえと思うかもしれません。
あるいは、干渉をしているから(変に引っかかるような動きをするから)その場所を取り除いてしまえという発想をするかもしれません。取り除いた後、また、別の干渉が起きるという前提もなく。
*干渉を取り除けば、別の干渉が引き起きない前提に咬合調整は立っています。
*それが、本当かどうかは、不勉強故に、あたしは知り得ません。

でも、感覚の問題と捉えたら、色々な歯科の引き金と言う言葉はどのように解釈を変えるのだろうと、個人としては、すこぶる興味もあります。

如何でしょうか?

 例えば、感覚系の捉え方が、どの程度身体が情報として受け止めてしまうか(行くか)で、解釈は変わるように思います。

極論と捉えられるかもしれませんが、顎関節なのか、痛みが広範に広がる繊維筋痛症なのか、肩、首に限局しているとかと言う具合にね…

もし、現実、この事実が本当であれば、大変な事だと思います。ご判断は、読み手に委ねなければなりません。
信じない事が救われる場合もありますし、合点がいくと信じる方がいい場合もあるかもしれません。

慣れる事が出来ない(いろいろな現象は前述済みその1参照)場合、歯科と言えど、色々な現象が身体に症状としてあらわれる事もあるみたいですね。

因みにこれらを本質論は同じと見なして統合した疾患名すら存在するようですね。(今回は書きません)そして、その特異性から、部位ごとの病名を付けているという考え方もあるようです。顎なら、顎関節症と言う具合にね(論点を変えるつもりもないのでこれぐらいにします)

だから、勝手にこんな流れが生まれているのかなって思う現象から、勝手に分析をするとこんな感じなのでしょうか?勝手に、社会学とでも、理解して下さい。

まず、ここでの私の立ち位置は、感覚系から始まる病気と捉えている点だけです。

この先を読まれるあなたは、どの立ち位置かもお任せします。
①読み物
②嘘八百の小説
③実際あるのかも
④その他
⑤面倒故、これ以上は、読まない。

こんな所で、おしまい。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

戯言のお話ですから、一切、責任は取れません。ですので、暇な方以外は無視をしてください。

自分の、慣れる能力が足りないのではないか?という不安に襲われた時は、すかさず自己啓発本が出番です。「あほらしいな-」とか「どの本も同じような内容だよなー」と思いつつ、自己啓発本を読んでいる間だけは、自分の感じている問題から意識をそらすことが可能になるかもしれません。
でも、自己啓発本には意外な効用もあります。それは、読むだけでなく買うだけで安心できる、という効用です。多くの自己啓発本は、読むよりも買った瞬間に最もあなたを安心させるでしょう。あなたがいい人ならば、至福の時と勘違いさせてくれるかもしれません。どんどん不安が亢進して行けば、ついつい慣れる事の出来ない自分を考えてしまいます。慣れないから余計考え込んでしまいます。
ネットで相談しようものなら、解答は3パターン。勝手に認定!しちゃいました。

何でも、ブラキサー♪
噛み合わせに詳しい先生に診て貰いまひょ。

一見まともに感じるパターン。
診断せずに咬合調整を受ける事は避けましょう。そして、確実な診断の下、咬合調整を受けましょう。(診断はどの先生も一応していると思いますよ。でもね、急がないと原資が得られません。支援法は、時短がベースです。むしろ、この事実に目が行かないようにする責務があるのでしょうかね?ところで、100円で、どんな仕事を人は受けるでしょうね?that’s 支援法です。)

これを防ぐには、歯科医師の説明を聞いて理解できない治療は受けないことです。診断と説明がなによりも大切です。(説明とは何を意味するのでしょうね。仮に、販売マニュアルならば、こんな風に書いてある気もします。相手に、分かりやすく咬合調整を受ける意思に持っていきましょう。その分かりやすい説明をする為に、分かりやすい言葉を用意すべく真摯に診断を予めして置きましょう)

“ちょっと、待った!”

慣れられない、気になって仕方が無い!!それって、感覚の問題と思うのですけれど…
興奮して仕方が無い感覚を、如何に収めて、如何に落ち着かせて、収束させるかだと思うのですが…それが、起きている理由を探すべきで、どんどん見極める事なしに進めていけば、収束どころか、興奮の増進しか起きない気もするのですが…
確かに興奮が亢進しているという点では、ブラキサーもありでしょう。確かに興奮が亢進しているという点では、その知識がある専門家を探す事は成立するでしょう。確かに、診断力は専門家の方が優れているでしょう。

ところで、これら回答パターンに原因らしきコメントって書いてあるでしょうかね?ただ、方法論が一生懸命書いてあるようにいつも見えます。技術的なマニュアルの部分であるのならば、幾らでも方法論紹介はありだと思います。

ね?自己啓発って、結構、自分の内面と向き合って冷静になろう、と言う点では、成立しませんか?
焦らずに時に、動かない方が、もしかしたら、冷静な判断が出来るかもしれません。ここが、すこぶる大事な時もあるのではないでしょうか?

器質障害を補う為に何かしら行った行為から、機能に問題を感作した。あるいは、機能に元々問題があって、補う行為を行った際、引き金になってしまった。色々な解釈が出来る余地があります。
でも、この部分を通り越して、方法論と植え付けられた“削らなければ”という本能は、やはり、咬合調整をするか、あるいは、“補えば原資が得られる”という強烈体験は、まずは、ブラキサーと表現をしたくなる事にならないでしょうか?

動物であるヒトには、必ずそれなりに補償するという能力があります。その許容範囲を越して、いじられれば、いつの間にか、原因不明と言う扱いにならないでしょうか?
焦ったら負けだと思うのです。専門家が育たないように本能を目覚めさせ、強烈体験をさせる十分な側面が支援法に隠されているように感じます。

医療と言う存在に、あってはならないとしても、時に器質障害や、活動障害、生活障害を引き起こす場合があります。歯科も医療ですが、歯で身体がおかしくなる事はないのが通説です。
例えば繊維筋痛症のイベントに歯科治療がなり得るという表現があります。でも、まだ、医科に携る方々も、歯科治療で、活動障害や生活障害になる事は無いと、考え難いが、打ち破れない世間体になっているようです。
負担は増やしませんが、医療は充実させます。さて、素敵な枕木でこの国をゆっくりと、日出ずる国、“ぐっすりと眠らせてみましょう”プロジェクトが本当にあるのでしょうか?
身体が興奮をしてしまった初期症状であれば、あなたの噛み合わせに多少不自由感があっても、大きく問題を発展させないかもしれません。そんな考慮、支援法に配慮はありません。削る本能と入れる本能にどっぷりと支援法は、歯科を変えたように思います。個人の所感です。
“何とかしたい”=“削らなきゃあ”という掟を歯科界に提供してくれました。
だから、焦らず、考えてみる事が大事のような気がします。

 

 負担は増やしませんが、医療は充実させます、の使い回された言葉を、使い回された言葉として受け入れるではなく、空気のように変える仕組み担当をもっと、監視する必要があるのかもしれません。
空気にする浄化装置機関も、流石にそんな監視があると分かれば、揉める劇場をセンセーショナルに取り上げ続けるのでなく、まとまる事を、まとめる事に監視を始めるかもしれません。揉め事作りが仕事と思わなくなるかもしれません。毎週行う人気動向調査も、そろそろいいように思いますがね。
まとめなければ許されないと理解を、選ばれた人が原点に立ち返れば、正義でなく公の意識に立ち返るかもしれません。
公に立ち返れば、公務の方々も、正義でなく公の働きを、自信を持って行ってくれるかもしれません。
“らしさ“の原点を思い出す所から、色々と動きが始まるのではないかと、いつも私は思います。
焦らずに探す事、考える事から始めるしかないと思います。慣れずに考える事を選んだあなたは、がっしりと踏ん張るしかないのではと、思うのです。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

戯言のお話ですから、一切、責任は取れません。ですので、暇な方以外は飛ばされる事が大事と思います。
非の打ち所がない、すばらしい治療能力のある人の治療を受けた場合、どんなにそれが気に入らなくても、決して長々と批判をしてはいけません。長々と話せば、あなたには論理性も、業界ではあり得ない現象に常識が全くない事がばれてしまいます。

ばれない為に、公に選ばれた方々の選んだ方法は揉める。まとめる事が必要ではありません。それぞれの原理、原則と言う名の主張の押し問答が正義です。夜を明かして揉める。合議するとか、すり寄るとかではなく、感情の処理としての、我慢か、妥協でもなく、感情の赴くまま揉める。後は、空気作りの為に、ガス抜きの人気不満投票。公の精神では無く、主義と言う正義の精神で批判を相互に続ければ良いのです。テーマは、相手を追い込む。

すると、公務の方々は、淡々と事を運べる。(淡々と運ぶしかない?)
現状打破は必要ないのです。現状維持の為には、公務の方々が正義という餌を、時々コンニチワをさせ、選ばれた人に揉める餌を提供すればいいのです。合議する産みの苦しみよりも、揉める方が楽です。仮に論理性も、議論の構築力が選ばれた方々になくても、あたかも、それ自体がセンセーショナルのように、正義の空気作りを演出する仕組みも完成しています。
諦める事、しらけた感覚で、希望を持たない生き方に慣れる大プロジェクトの最中と思えば、結構、合点と予測もしやすくなるという物です。

でも、慣れる事も出来ず、精神修行も選べないあなたは、話し合いをして理解して貰えると、思うかもしれません。最早、無理と悟ったかもしれません。
勿論、始めは真剣に訴えるかもしれません。分かりやすく修飾語を多才に駆使して、分かって貰おうとするかもしれません。

でも、それよりはただひとこと、「私の身体は、15分で対応出来る程、性能は良いのでしょうか?」とか「前提条件や確認事項をいくつも省いてはいませんか?」というようなコメントをするのがよい方法かもしれません。そう言われた相手は、あまりに意味不明な唐突な質問の為に、効果的、論理的に反撃することは出来ないかもしれません。

この方法は特に初めて経験をしてしまった歯科医との会話で訴えるには有効かもしれません。初めてなら、この方法によって相手は、“ハッ”とするかもしれません。

あなたが、支援法の盲目な信者と言う事は、まずバレないでしょう。ただし、既に信者と、バレている場合は、健保法は、入れる事、とりあえず、噛めればいいのと、冷笑を浴びるリスクもあります。
器質障害(歯を失う、歯が欠ける)に対して、最低限の事をしていただければ良いのです。理想は、健保法では追求しないで良いのです。これ、公務で指導して頂いた方の分かりやすい表現。ま、要約すれば、精密すぎる型の追求までは、支援法では出来ません。ある程度のレベルに収まる事は仕方ないのです。問題はここでは無いと思いますがね…

さて、急いでいそいそ事を構えなければ、原資は貰えません。とてもでは無いですが、機能まで確認できません。そして、機能は、両方で一応、とりあえず、噛んでいる事!です。何か、置き忘れていないのかな?でなければ、慣れるという言葉に、抵抗するあなたはいないはずです。

歯などで身体がおかしくなる事はあり得ません。医療と言う存在に、あってはならないとしても、時に器質障害や、活動障害、生活障害を引き起こす場合があります。歯科も医療ですが、歯では起こらない事になっております。
医療の、いつの間にか誕生している常識。多くの医科に携る方々も、活動障害や、生活障害になるなどは、無いと、受け入れがたいと、歯科界の慣れる派の素敵な味方です。無意識な味方と言う表現が正しいのかもしれません。諦める事、しらけた感覚で、希望を持たない生き方に慣れる大プロジェクトの中、慣れる事を受け入れる事の出来ないあなたは、どう考えましょうか?だって、今を生きています。今を生きたいじゃないですか?

負担は増やしませんが、医療は充実させます
さて、この音は、どう響きますか?

とはいえ、かしこい人は余裕があるため、そういう批判を大声ではせずに、慣れる派から、冷笑はあびても悠然として乗り切る方法を見つけに入ります。彼らは、こんな言葉で騙されません。(括弧)は、彼らが理解する本質の世界かもね。
勉強をしている(勉強をするのは当たり前で、しない方がおかしい)歯科医ならば、適切な判断をして(経験や、専門知識をどこまで持っているのか、それが大事だろう)分かりやすい治療方針があり(表現が豊かなだけで、根底は薄っぺらいのか、知ったかぶりをしているのか、実際、臨床を積んでいるのか)完治させます。

 その前に、何故、起きているのか、あるいは、今の段階でどこまで回復可能か?今時点をどれだけ分析できるのだろうか?可級的に私の求める再現性を、その場で見出すのだろうか?但し、取り返しが付かない処置は願い下げだ。
だって、私の感覚が受け入れないと本能が叫んでいる結果、苦しんでいるのだから。

ブラキサーや、思い込みで何でも、解決をしないで欲しいって、なりませんか?

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.02更新

戯言のお話ですから、一切、責任は取れません。ですので、暇な方以外は飛ばされる事をお勧めいたします。
自分は効率的に、慣れる事など出来ない。慣れる能力が欠けていると思われた場合、頼るべきは“根性”と、通院期間の延長と言う時間の長さを選びましょう。この二つの武器を持てば、考える能力のある人に少しだけ近づくことができます。
彼らが寝ている間に、彼らが人生を楽しんでいる間に、彼らがのんびりとつぶやいている間に、調べ続けましょう。ネットサーフィンがどこまで役立つかがなど悩んではいけません。
役立つ物も沢山あるはずです。自己知識と言う意味では満足をさせる側面もあるかもしれません。歯医者はぼったくりと思えれば、立派な、批評家に育つ資質すら得られました。
尋常でない時間にわたり慣れる理由と、疑問を探す、いわば、 “精神論”に特化すべき通過儀式も経験できるでしょう。

くじけそうになった時は、「この我慢はいつか誰かが理解してくれる」「私だけが、苦しんでいる」と、理解不能な人にとっては意味不明な呪文かもしれませんが、口にだして復唱するしかないでしょう。
死ぬほど調べれば、能力のある人達が紹介する(ありもしないと、心の絶望が拒絶するかもしれませんが)成果に、ほんの少しだけ希望と相当の絶望が持てるでしょう。

ヒトを診るのが医療のはずですが、医療費の負担はさせません。そして医療は充実させます。どこかに、ヒトは置いて行かれたみたい。気に入らなければ、政権交代です。話し合いでは無く、合議と言うものよりも正義と言う解釈合戦を蔓延させて、後は、空気を作る作業で現状を維持して完了。決めようとはしないで、とかくこのループに収まるように、演出をかませば、大丈夫です。

 だから、歯科も現状維持です。となれば、精神修行を受け入れるしかありません。
本来なら専門家が育つ環境も必要でしょう。もしかしたら、咬合に於ける専門家なぞは育たない仕組みなのかもしれません。15分で、どんな仕事が出来るのでしょうね?無駄をなくせという呪文を蔓延させる事は成功しました。でも、一致団結して百家百鳴の時代。瞑想から迷走を呼び起こさせたいのか、何があっても差異強調を繰り返し、凶兆作りにあこがれて。空気担当が、現状維持を上手に演出。これで、全てはOK!!

あやしきはバッシング、不正気味は眉をひそめながら、小さな正義を見つけるのが正しい生き方。小さくこじんまりまとまって行きましょう。
謙虚と言えばそれまでで、歯を削らなければお金にならず、歯石をはがさねばお金にならず、物にしか対価を渡さないで、経営原質は、無理をするか、急いで解決を図るか、抜本は、また何時の日に。別の機会に。つけをちょっと残して、後に苦労かな。

治療の意識は、いつの間にか決められた枠の中の物を当てはめようとする始末。受ける方も、治療する方も、削る事、剥がす事、詰める事、ふと気が付けば、身体の一部だけれど、身体には影響が無いという解釈蔓延。となれば、分かって貰うまで、満足を得られるまで、何度も足を運ぶしかないでしょう。本当に、そこまで分かって貰えるか?何事も経験です。解決する場合もあるでしょう、余計ややこしくなる場合もあるでしょう。さて、如何しましょう。百家百鳴の時代ですから、情報を好きなだけ、くみ取れる時代は、もう大変です。沢山、情報が乱れています。汲み取る能力が無ければ、ただ、一つ、何度も足を運ぶのです。その何時かを求めて。

ブラキサーと、呪文を唱える人々もようやくライセンス者に出てきました。あれ?もしかしたら、補綴処置してから気が付いたの?まさかね?いえいえ、「意識改革」と「自己暗示」を行う事で寝ている時のブラキシズムも(ある程度)コントロールしてみまひょうか?
一つずつ解決を図る事は大事だと思います。でも、むやみやたらでも無いはずです。さて、深呼吸をしてみませんか?

本当に慣れる事って出来るのでしょうか?慣れない理由があるのではないでしょうか?
“ブラキサーと、慣れる”はところで、どんな関係があるのでしょうね?

歯などで身体がおかしくなる事はあり得ません。医療と言う存在に、あってはならないとしても、時に器質障害や、活動障害、生活障害を引き起こす場合があります。歯科も医療ですが、歯ではありえない事になっております。何回も訴えれば、何回も通えば慣れる物なのかしら?理解してくれるものかしら?自分以外の誰が理解すれば、良いのかな?

負担は増やしませんが、医療は充実させます。さて、この言葉を形骸化させる為に、後、何回協調出来ない理由探しに付き合わされるのでしょう。形骸化の完成まで、後何年、形骸化が終了した責任を取るという流行り言葉の維持を続ける事が決まっているのでしょうね?解決させなければ許さない意志をぼかす為のガス抜きとして、毎日、毎週人気投票に勤しむ空気作りは、可能性が無い事を知っているのかしら?
通う事も、やはり、精神修行と受け止めるしかないのかもね。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー 24hWEB予約 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC