じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

医科のみならず、歯科、薬科、鍼灸等まで解放している稀有な学会だと個人的には思っています。それだけ、難疾患故、あるいは、他ジャンルまで連携していくべき疾患故、このような形で間口を広げる道を選ばれたのかと私は思っています。

さて、私ごとです。
会員になりました。
参加してきました。
発表を聞いてまいりました。

なかなかどうして大変な疾患のようです。

この疾患には、歯科がその誘発因子(引き金)になるという事が分って来ております。

実は、機能障害という見地に立ったのも、まずここから紹介してみたく思ったのも、実際は経験からだと思います。

機能障害と言う見地に立ち、体軸筋骨格系の問題が直接的に身体にどうも影響を与えるようだと言う経験は患者をみるにつれ如実に出来た事が、私の探し物をしている最中に気がついた内容です。

構造のお話をしてみたくなったのも、体軸と、筋骨格を歯牙の部分から発展させてみたくなったのも、実はそんな所に動機があります。

この分野のお話を触れずして、先に記したように、顎の問題が何でも病を引き起こすというお話に私はしたくなかったのです。

この構成なら、顎の動きのシェーマと、組織学的見識を入れて、後は、解剖の絵を挿入して、あたかも、顎のずれにより、全てが起こるという捉え方をさせれば多分、物語は完成です。

私はパラメーターと言う言葉をここでは用いてみたく思いますが、実際は、たくさんのパラメーター(次元)の関わりの中で、身体の不調が起こる物と思います。

複雑に絡み合うパラメーターを単純な構成で、全てが立証されるような見せ方は、あまり好ましくないと考えます。

不定愁訴と言う物を集めるだけ集め期待を持たせる見せ方も、眉唾ものと思いますし、苦々しく感じる側面があります。

学会で、市民フォーラムを行う事は啓蒙活動をする上でも貴重な行為と思います。専門家でなくとも、賢くなれます。尊い事です。

しかし、無料説明会や、ネット上で規制のない健康食品のように大々的に医療がポピュリズムに迎合する行為は、果たして道徳的に許されるのだろうかと、密かにつぶやく事があります。あくまでも独り言です。
医療の可能性を、例え、自由が無い規制の中にいるから、規制のないネット上でカタログのように唄う行為は悲しい事のような気がします。カタログなら相当数購入する事もあるでしょう。だから、問題があれば、被害者の会も簡単に結成されると思います。
しかし、歯科クリニックの場合、一時に被害者の会が生まれるほど、扱う訳では無いように思います。この盲点を、是非とも今一度、確認してもらいたく、囁きたく思います。

ネットは情報を得るためのものですが、同時に、情報の過多は情報から確認したいあなたの居場所を迷子にする可能性もある気がします。どうぞ、賢くなられてください。

最後です。
私が、繊維筋痛症学会で、自分なりの的を射られた言葉を置いて、この章はお終いとしたく思います。

この疾患は、筋の問題から起こるもの。
この疾患は、体軸筋骨格系の疾患である。

歯牙骨格系

医科はこの考え方が正しいとすれば、体軸を支える筋骨格系のうち、歯牙骨格系は、カヤの外にある気がしてなりません。
しかし、神経、筋骨格系は、もしかしたら歯科には結構遠い事もあるのかなって思う時もあります。

今の所、何とか解決できるようしております。しかし、私の経験のお話で恐縮ですが、医科の提携や、鍼灸師の提携、カイロプラクターとの提携が出来たとき、その効果は、実は、すこぶる有効な気がしてなりません。

ですから、是非とも、“賢くなりませんか?”サイトに、ご賛同いただけるとこれほど心強いものはありません。 詳細は後日、当サイト上で告知いたします。

では、また。

*顎のずれと診断されて、うまく身体が治っている患者各位、先生各位を否定するものではありません。あくまでも、個人のHPです。一つの考え方として書き記しているに過ぎませんので、これも、一つの情報としてどうか、流されていただけると幸いです。

*もし、その診断等で、逆におかしくなった場合、どうか、今一度考えられて見てください。今の私の経験では、俗にいう好転反応という言葉自身、顎ずれに関しては(この言葉を今回は使います)あまりした事が無いです。ですので、今一度立ち止まられて考えられる事もいるのかも知れません。

*これから、顎に問題があるとお考えになられて、治療に取り組まれようかとお考えの方は、どうか、情報の植え付けと言う怖さも同時に深呼吸をされて考えられて見ると良いかと思います。

*情報は時に共有し、時に拒絶し、時に部分を受け入れてと、どうか情報に踊らされない事を強く願う次第です。

前のページへ 医院案内ページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

医科のみならず、歯科、薬科、鍼灸等まで解放している稀有な学会だと個人的には思っています。それだけ、難疾患故、あるいは、他ジャンルまで連携していくべき疾患故、このような形で間口を広げる道を選ばれたのかと私は思っています。

さて、私ごとです。
会員になりました。
参加してきました。
発表を聞いてまいりました。

なかなかどうして大変な疾患のようです。

ふと思い出されました。

学会で、症例発表をずっと見てきました。
そこでの症状を聞く限り、かつて、そして、今も出会う患者の主訴と同じように感じました。

当時は意味も分らず、考えられる事をただ、やみくもにトライをして来たように記憶しています。今は、大分、その点は、落ち着きを持ってトライしているように思います。

こんな感じだよな、とか、ここがポイントではないかと、おそらく見極める目が経験と、勘所を知ることで、あるいは、色々な文章と出会う事で、大分、今は平和に診療をしております。

しかし、私は、今もって医科との、他科との協力がスムーズに言って欲しいと常に思います。相互に必要な際、提携が出来ればどれだけありがたいことか、心よりおもうのです。

浅学故に、もしかしたら、解釈が違うと医療関係者の方々にはお叱りを受ける事になるのかもしれませんが、コンサルテーション・リエゾンと言う関係や、提携が組めたらどれだけありがたいことかと心よりいつも思っております。

さて、繊維筋痛症学会に私が行った理由は単純です。
どうも、病名を付けるとすれば、この病気の罹患者がいるのではないかと、考える方が妥当と思う臨床経験を、ここまでしてきたこと。
では、実際のこの疾患は、何?

それを知りたく思い始めたこと。

リンクを張らせていただいている、山田歯科医院のおかげか、実際、医科で繊維筋痛症と言われた患者が来院するようになってきたこと。

そして、同時に、私なりの混乱を解決しに行きたかったこと。

そして、大きな納得点を私は貰って、会場を後にしました。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

医科のみならず、歯科、薬科、鍼灸等まで解放している稀有な学会だと個人的には思っています。それだけ、難疾患故、あるいは、他ジャンルまで連携していくべき疾患故、このような形で間口を広げる道を選ばれたのかと私は思っています。

さて、私ごとです。
会員になりました。
参加してきました。
発表を聞いてまいりました。

なかなかどうして大変な疾患のようです。

色々と考えました。
色々と思いだしました。

この疾患の誘発因子に歯科治療があります。
確かに当院に来られる患者の中には、従来、私が国家試験で学んできた歯科治療では説明が出来ない病態をお持ちの方々も多かったのです。

歯科治療を受けて、すぐにと言う方もいました。
徐々にと言う方々もいました。

歯科矯正の治療を受けている最中からと言う方もいました。
あるいは、その後、あからさまにおかしくなったという方もいました。
気がつけば、徐々におかしくなったという方もいました。

歯を抜いてからと言う方もいました。
歯が欠けてからと言う方もいました。

歯科にまつわる、あるいは、治療にまつわるお話をしても、切りがないのでこれぐらいで割愛をしますが、その事実があると事を、まずは受け止めるべきだと思っています。

そして、否定できない事は、この疾患の引き金に、歯科治療があるという事です。
これは、当時の僕には、ゆゆしき問題でした。

唯、一つ良く分かる事は、歯科医が良かれと色々と手を加えた口腔環境ほど、難しい状況に患者は追い込まれているように、当時思いました。瞬間的に理解できた事は、それだけです。

言い方を変えれば、それ以外に、主観としてとらえる術が無かった分です。客観視する上で、何を持って異常があるという言い方をすればよいのか、当時、“丸っきり”と言っていいぐらい未知な病態でした。

咬合病と言われる解釈領域を越していたという方が正しいのかも知れません。

顎関節症と言われるものとは、全く持って違うものだったからかもしれません。
もっと、頭に来ると申しますか、悲しい事は、顎関節症の臨床的定義は、どうであれ、3つです。(疼痛、運動障害、音)ですが、それ以外の顎関節症と訴える患者がいる。そこで、いわゆる顎関節症と言う言い方で、患者を分けて考えようともしました。言い方を変えれば、顎関節症は、従来考えられている保険の手法で十分なのかも知れません。しかし、いわゆる顎関節症と区分すべきとされている考え方は、保険制度完成後、カスタマイズドする為に提言された物です。しかし、今の所、明確な答えは成立していない。そんな所でしょうか?

しかし、現場サイドでは、顎関節症と言う言葉でその症状はひたすら独り歩きをしている。

その証拠に、色々なHPを探検してください。
肩こり、頭痛、冷え、首、腰、背中、消化、生理痛、書き連ねると大変な量があります。パニック、鬱、メニエールの解放と唱っているものすらあります。

これでは、規制のない健康食品(今は表記の仕方には規制があります。念の為に)の何でもござれの世界になっているようにも感じます。

本当に真実なのでしょうか?
本当にこれが、成立するのでしょうか?

関係者の方々には、是非とも、治外法権の如くの振る舞いではなく、医療と言う職業に照らし合わせて、常に慎重に考えて欲しく思います。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

2014.12.03更新

医科のみならず、歯科、薬科、鍼灸等まで解放している稀有な学会だと個人的には思っています。それだけ、難疾患故、あるいは、他ジャンルまで連携していくべき疾患故、このような形で間口を広げる道を選ばれたのかと私は思っています。

さて、私ごとです。
繊維筋痛症学会の会員になりました。
参加してきました。
発表を聞いてまいりました。

なかなかどうして大変な疾患のようです。

そこで、一つの企画を試みたく思うのです。
同じような事をお考えの先生に、是非ともお力を借りる事は出来ないだろうかと考えたのです。
提携や、相談ごとに発展が出来るかも知れません。

私の知り得る情報を入れることが出来るかも知れません。

よろしければ、情報交換をしてください。
患者さんの声も歓迎したく思いますが、はっきりと申しまして、不精です。書かれても、中々返信などしないかもしれません。期待に添える文章は書けないかも知れません。そこまでの文才と情熱はない可能性があります。合わせてご了解ください。

このコンセプトはただ一つ。
賢くなりませんか?

あくまでも個人サイト故、管理の都合上、文字数は限定します。そこは、どうぞ、お許しください。また、個人の主観で、不適切と考えた文章は、躊躇無く削除する非常に身勝手な主(あるじ)ぶりはどうぞ、笑ってお許しください。

そして、マナーとして、誹謗中傷だけはどうぞ御遠慮下さい。その時は、傍若無人に閉鎖をするような気がします。一杯一杯の人間の性と、寛容な目で受け入れてください。

 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー