じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2017.05.13更新

私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥ってしまいました。いえ、正確に言うと必要に迫られました。
こんな表現を使うのも滑稽な事なのですが、一つ読み手の方に共有して頂きたいことがあります。
口を支配する神経に三叉神経があります。で、口の治療と言えば歯科が担当します。その一方で、姿勢制御反射は三叉神経が関与する事が分かっています。この姿勢制御は医科の担当になります。これは、制度設計上の課題と言えるのかもしれません。

ここで、問題があるとすれば姿勢制御に関連する疾患に罹患した患者が、仮に歯科の治療を受けた場合、歯科治療を行う度に三叉神経に対し嬉しくない影響を渡す可能性がある事があげられる事だと私個人は考えます。

見方を変えれば、三叉神経に嬉しくない状態を薬でコントロールしようとすれば、逆説的ですが歯科治療には芳しくない影響を渡す事がある。

こんな命題に対し考えてみたいというのが今回のお話。

舌には空間把握能という生理学的能力があります。この能力に対し、長年悩んできたというのが私の経験。

2016年になりますが、日本全身咬合学会、日本線維筋痛症学会にこの舌の空間把握という視点で発表をさせて頂きました。

線維筋痛症Fibromylgiaに対する現症変化の報告になります。詳細は割愛しますが、動画にて変化の様を観察できるかと思います。反射テストという位置づけになります。

 

痛みの軽減が確認されます。線維筋痛症患者、あるいは咬合を主体に関連症を訴える方々にこの反射テストをすると、面白いぐらいに変化が確認できます。信じられるか、信じられないかは観手のご判断次第になりますが、実際に消失・軽減をするから不思議なものです。

☆どう考えましょうか?
口腔内には様々な反射系が存在します。この様々な反射がどのように関わっているか、その実あまり探索されていないのではないかというのが私の認識。もう少し、深く入れば身体との影響という視点での相関関係が見いだされていないのではないかというのが私の見識。勿体ないなと思う所です。この反射が「あるか、ないか」その研究を諸研究機関がされたら如何だろうか、これが開業医の背一杯の訴え。

学会で発表するも、線維筋痛症学会ではこの現症は、治療費の質問、この紹介したい反射は向こうに別の見解の質問。全身咬合学会では、静寂とまた新しい見地を紹介してほしいという辞令。そんなものなのでしょうね。

反射という定義だけを紹介します。
動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として意識される事なく起こるものを指す。

これが、口の中に蝋を入れるだけで肉体に与える影響となれば価値がある事象と思うのですが、どうにもそうはならないようです。蝋を貼ってみようとなれば(貼り方は別に)すぐに反応が出ます。安全な可逆反応試験を紹介しても中々難しいようです。

昨年の発表の抜粋という位置づけです。

咬合と身体は関係ないという考え方に対して、関係あるという側面を反射という視点でかつ、舌の空間把握能という生理反射を利用して紹介してみました。

次へ

投稿者: こすが歯科医院

2017.05.13更新

私自身、長年結果論ですが咬合と全身の関わり合いを研究する(ような)状況に陥り、いつしか歯牙の形態は身体に影響を与える事は無いのか考えるようになりました。

こんな表現を使うのも滑稽な事なのですが、一つ読み手の方に共有して頂きたい事があります。

歯科治療で歯科医が納める歯牙の形態は何を持って正解というのでしょうか?基準を用意出来るならば、その基準が備わるべきというのが私の立場。基準が明確であればあるほど、規格化がされてより、安全性が確立するのではないかというのが私の考え方。

筋反射という言葉があります。歯科領域で一番重きを置くべきというのは、咬筋反射と考えます。これについては、歯科の先生には色々意見があるかもしれませんが、この咬筋反射が大事というのが私の立場。

この咬筋反射が上手く起きないと“どうなる”のか?ここが課題と思います。パニック障害Panic disorderをお持ちで、身体の節々が痛かった患者の動画を紹介したく思います。身体がふらつくという自覚症状もお持ちでした。今は治療途中です。身体が動かなくて無職が働けるようになったという事で、働くことが楽しいみたいで連絡待ちという患者です。

昨年日本全身咬合学会に発表しました。歯牙をある視点で計測して作った物です。この計測視点は学会で発表していない事、もう一つ考える事があって詳細な基準は紹介しません。

歯が有る・無いの現症の紹介になります。

 

 

身体のふらつきの差が確認できると思います。線維筋痛症患者、あるいは姿勢制御系の疾患に罹患し、咬合に問題があると訴える方々に、この筋反射テストを行うと、面白いぐらいに変化が確認できます。信じられるか、信じないかは観手のご判断次第になりますが、実際に変化するから不思議なものです。この筋反射テスト法は、考える事があり学会では紹介はしておりません。従い、ここでも紹介しません。

☆どう考えましょうか?
口腔内には様々な反射系が存在します。この様々な反射がどのように関わっているか、その実あまり探索されていないのではないかというのが私の認識。もう少し、深く入れば身体との影響という視点での相関関係が見いだされていないのではないかというのが私の見識。勿体ないなと思う所です。この反射が「あるか、ないか」その研究を諸研究機関がされたら如何だろうか、これが開業医の背一杯の訴え。

学会で発表するも、日本全身咬合学会では、静寂とまた新しい見地を紹介してほしいという社交辞令(と解釈)。そんなものと寂しく微笑みました。

反射という定義だけを紹介します。
動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として意識される事なく起こるものを指す。

これが、口の中に咬筋反射を誘発させ、その後肉体に与える影響を図れば価値がある事象と思うのですが、どうにもそうはならないようです。反射を誘発させようと試みれば(誘発法は紹介していませんが)すぐに反応が出ます。安全な可逆反応試験法を歯科医の先生方に興味を持っていただけない事には紹介したいという気持ちが湧く事は私の場合、中々難しいようです。

昨年の発表の抜粋という位置づけです。

咬合と身体は関係ないという考え方に対して、関係あるという側面を反射という視点でかつ、咬筋反射と舌の空間把握能という側面で生理反射の紹介をしてみました。

 戻る | 次へ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー