じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2017.06.01更新

連絡は突然来ます。私の中では、私が議員や請願書に関わる事は無いと思っていました。諦めという感覚?近いかもしれませんが違う気がします。悟りの感覚?近いかもしれませんが違う気がします。

多分、自分が経験してきた人生という歴史が静かにいる事を欲求するのだと思います。

自身が捉えている鍵に、顎位という言葉があるかと言えば確かにあります。只、全てではありません。昔”ふと”行動した事があります。これが分かる検査法が存在すれば、楽に(安全に)事が進むのではないか。
*これの具体像は当時ありません。

そうだ、〇次医療機関に相談しよう。
今日都合悪いから、無理だ。 ⇔   相手にも事情が有りますから仕方ない。
今どこにいる?門の前?ちょっと用が入って。⇔ 3次医療機関です。仕方ない。

頸部固有感覚をコントロールできる手法を顎位から導ければ、検査法の相談が出来るかもしれない。

誰に話せばいいのだろう。
⇒タイの教授が、この1次医療機関に話してごらんと縁を頂きます。

何を話したいですか?⇔何を聞きたいですか?
特に        ⇔じゃあ、話しません。
十分ですよ。    ⇔結構です。
お疲れ様      ⇔貴重な時間頂戴し、ありがとうございました。
では、また     ⇔(手は付けませんでしたが)お茶ありがとうございました。

検査手法があればこの臨床の苦しみから解放されるかもしれない。こんな事を思っていたような気がします。今の歯科の検査で私の疑問の解放があるのかないのか。ここに拘るしかない。精度を上げれば見つかるのだろうか。自分の人生観を壊すと決めるまではこんな所で留まっていました。

新居先生との出会いから、八茶ける感覚を覚えるしかなくなります。ま、人は色々あります。私の履歴書でもないですからこれぐらいに留めます。そんな中、捨てる神あれば拾う神ありという具合ではないですが反射を運動という側面で教授して頂く経験を頂戴した事もあります。生き方として前に進めと背中で教えて下さる方もいました。必要な経験でした。

価値観は向こうに分かっている事を世に問いかけようと決める訳です。私からすれば価値を壊すという方が感覚的には近いですが。学会に発表する事を決めました。

今度は意見書を頂戴したいとその方から言われます。路傍の石という視点では違う感覚ですが公の精神の尊さを優先する事を決めます。

そして、この請願書は場合によっては私でない人間が意見を言うのだろうなと自然と思っていました。今までが今までですから。そんな中、その方から声がかかります。公の精神だろう。何が何でも恥ずかしくない話をしなければならないのだろうと思うに至ります。その理由を問う事など男ではありません。

勿忘草の言葉と抽象的な表現を用いましたが、その方にもその方へ想いを託された方々の重さを私のせいで台無しにすることは出来ないと知ります。でも主役になってはいけない。私程度にとっては難しい役割です。そんな程度の人間です。当日、始めてみる請願書の束を見て、そう、たまげる以外ありませんでした。尻の穴が震えるぐらいたまげました。お役を努められたかは正直、今もって分かりません。只、伝えるべきことは伝えました。

考えます。
その方に言われたお願い事も大事にしなければなりません。
「裏で先生と繋がっているように思われたくない。」
その方は、医科と歯科が垣根を越えてこの疾患に対峙する事を求めているだけで、この1点が具現化する事を求めているにすぎません。

考えました。
HP上で公開して良いと思われる(これは私のフィルターになりますが)事を載せる事が公正と考えるに至ります。その先は、読み手にお任せする以外無いと思っています。

これが全てです。これが私の文章力で表現できる内容になります。きっと、文章力がある方であればもっと、適切に的確に事実を表記できるでしょう。ですが、私にはこれが一杯です。

もしかしたらその方のブログからこの文章に目を通される機会がある方もおられるかもしれません。早回しかもしれませんが、こんな時間があったという事を少しだけ知られて頂ければと思います。

後は、議員の言葉を信じるしか無いと思います。

私は勿忘草の花言葉を信じる以外無いと思っています。
私を忘れないで。
真実の友情。
誠の愛。
こんな意味合いを持っていた気がします。

長い文章を読んで下さり、心より感謝します。
                        こすが いちろう

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー