じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2016.06.27更新

始めに
身体と歯の関連性が云われて久しいかと思います。
この関係を“そうなのかなって”受け止められる方も、“絶対、関係ある”と実感されている方もいらっしゃると思います。違う捉え方も有るかもしれません。

この厄介さは、『日常生活動作』;ADL(Activities of Daily Living)を著しく阻害する場合がある事だと経験上考えています。

では、なぜ起こるのか?(原因論)
では、どうすべきなのか?(方法論)

このような課題を瞬間的に捉えられたとすれば、とても感性が鋭い方だと思います。

少し、話題を変えたく思います。
経済に詳しい訳でもなく、金目の算段が上手な訳でもありません。

そんな訳ですから、この問いかけもあまり得意ではないようです。

“しつこい慢性の痛みでお困りではありませんか?”
“噛み合わせがうまくいかないと、お困りでありませんか?”

と、具体論を訴えたいと思っている訳でありません。

医療は必要と感じられた方が、受けられる物と思っています。特に歯科はその位置付であるべきだと個人の私は考えます。それ以外の医療について、私は門外漢である限り口を挟む物ではないと考えます。

それが、私の中で“かもしれません”と呟く理由です。これについては、いつか紹介してみたく思います。

ところで、『合成の誤謬』という言葉があります。
私は、この考え方の中に、先に取り上げた課題の本質的な秘密があると思っています。

ご挨拶から、始まりを迎えたく思います。

興味を引く何かあれば、引き続きご覧ください。(平成28年6月20日記載)

 

次のページへ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー