じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2015.07.24更新

梅雨もいつの間にか終わり、それにしても暑い。そんな日々が続きます。

”日本の夏"なら受け入れるけど、”アジアの夏”は嫌だなって、ご都合主義の今日この頃です。

 

四季の国なのに、熱帯の夏というのはいただけない。

 

どうにかならないか~なって、思います。

どうにもならないから、猛暑なのでしょうが…

 

暑いつながりで熱い?というべきか、魑魅魍魎と思いたくなる”I am not ABE”ですか?

正直、何が何だか個人のあたしにはわかりません。

 

色分けをして、戦争になるか、いやか、そこらにこの言葉の意味はあるのでしょうが…

 

個別も集団的も自衛権として国連憲章で認められていて、この国は、集団的自衛権はいかん。

となれば、”I am not ABE"の前に国連離脱と、要求する方がデモするにしても正しい気がしてなりません。

    ↑

これが受け入れられるかは別でしょうが。

 

だって国際ルールを守らないと宣言したい以上、国際社会から離脱することしなきゃ。(あたしは、もっぱら御免ですが)

そんな前提もなく、感情だけですべてを解決しようとする勢いって、どうなのだろう?

 

平和が一番と誰でも思います。

でも、サンゴ礁の泥棒事件、拉致事件、全て縛りのおかげでただ、やられっぱなしを受け入れろが、この呪文に隠されているなら、

寂しいですが、呪術の域を出ていない気がしてなりません。

それで、侵略のアジアからガスまで奪われて、どうして平和が保障されるといえるのでしょう?

 

そこまで侵略(と評価せざるを得ない)が国是の中国や、卑日(と言わざるを得ない)が国是の韓国に

迎合したくなるのでしょうか?

左巻きの思いこんでいる世界感は、どうにも違う価値観で育ちつつあるようで、どうなのだろう?

 

色分けではなく、現実から見える国益というものは考える事は出来ないものなのでしょうか?

自分さえ、今さえよければ、そんなエネルギーの集合体のような感覚すら覚えます。

 

おかしいのでしょうか?

 

そういえば、ラブレターの続きが生まれます。

レポートを書くことになってしまいました。

どうなる事やらです。

 

ま、公にしていくための作業と手前勝手に粛々と進めたく思う事にしました。

出来るだろうか?

これが、目の前にあるリバイアサンにしてはいけない課題の様です。

 

咬合は本当に難しい物と思っています。

敵はc繊維なのでしょうが、このコントロールはたやすいものではないようです。

おしまい。

 

 

 

 

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー