じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.03更新

噛み合わせ顎関節症は関係ないという捉え方は疑問に思う事があります。
その筋の関係性でおかしくなる顎関節症もあります。
噛む位置関係の崩れで起きてしまう顎関節症もあります。
代謝の衰えで、あるいは、体力の衰えで、潜在化していた顎関節症が顕在化する顎関節症もあると思います。

 噛み合わせと顎関節症は咬合調整で治るという考え方に疑問を持つ事があります。
口の開閉ならば、干渉の除去で変わることもあり得ると思います。
しかし、咬合調整と言う言葉を、少し、解釈を広げて、咬合の調整で、足し算も引き算もあり得ると捉えれば、もう少し、違う解釈も起こり得ると思います。
でも、咬合のルールや、咬合の知識を持たず、挑む愚かさに自身を置きたくはないと今更ながらに考えております。
既に歪んでしまった、口腔内状況では、その広義に解釈した咬合調整でも、ドンキホーテに終わる可能性もあります。
しかし、また、矛盾していますが、モレキュラーミミクリーとか、P物質と言う捉え方をすれば、逆に、咬合調整が、相当に有効になる事もあるような気がします。(この解説は、またの機会にします)

顎関節症が顎に限定した疾患と言う捉え方と、筋骨格系の疾患と言う捉え方ならば、私は筋骨格系の疾患と捉える方が自然と考えます。

でなければ、担当でも無いカイロにせよ、整体と言われる方々に、いかれる事はないと思うのです。

不必要な存在と申し上げたいのでは無く、逆に、彼らからも認められるよう、歯科医がもっと、研磨、研鑽していく事が必要なのでしょうね。

何かの参考になれば、それはそれで、嬉しいと思います。

また、縁があり訪ねていただく事があれば、私どものこだわる結果と言う世界を、共に、歩ませていただければと思います。

長い章、最後まで、お付き合いいただきありがとうございます。
途中から、読んでいただいた方にも、感謝です。

それでは、また、気が向いた時に。
それか、診療室で。

前のページへ 顎関節症のおはなし:トップページへ 医院案内へ

投稿者: こすが歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー