じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

 例えば、ひたすらプレートを高くする手法があります。
例えば、小さな形で、口の一部にだけ置いて行く方法があります。
例えば、上下に入れて、持って行こうとする手法があります。

例えば、選択的に上に入れてみたり、下に入れてみたりと、言葉にすると、自由性とでもいう方法もあります。

カップをしっかりさせて、位置を固定する方法もあるかもしれません。

何で、こうも色々な方法が、生まれては、消え、そして、また生まれる。

ドン臭い、私は、当時、色々と考えました。今もそうかもしれません。

そして、どれも、強く有効性が出てこないのだろう。あるいは、気が付いていないだけだろうか?

目的や共通点は何かないのか、考える事、そこから何かが始まるのかなって思った事もあります。

当時、思った事は、単純でした。
まずは、歴史を辿ってみよう。

そこに、何かがあるのかもしれない。
そんな運動の何かが、こんなHPの世界をつくるきっかけになったのかなって、考える事もあります。

ま、個人的所感はさておき。

ま、色々と考えて行くにつれ、経験を深めるにつれ、筋骨格系の疾患で、そこに関連する構造体全てについて、見識を深めていかなければ、この疾患は太刀打ちできないという、結論に今はなっております。

そして、この認識は、深まる事はあれど、変わる事はないと、個人的には思っております。

最後に、この症例について、触れておしまいにします。
無理な生活はしないですむならば、これほど素晴らしい事はないと個人としては思います。
でも、生きるという事実を目の前にすれば、人はその中で、頑張らなければならないと思います。

その中で、歯科医が協力できる事があるとすれば、やはり、健康への貢献と、私個人は思います。

健康な身体を、生きると言う行為が壊す方向に走らせ、結果、再び、パターンジェネレーターを、ポジィティヴ フィードバックの方向に、もたらすのならば、歯科医は、全力を持って、ネガティヴ フィードバック、すなわち、ある一定の収束関係に戻すことが要求されると、個人としては思うのです。

 

だから、その顎位の関係性を忘れない為に、インプットをさせ続ける装置として、私どもは、ポジショナーの管理を患者には、完治後も勧めさせていただいております。

その理由は、もう一つ。
歯科治療費は、決して、お安いものではありません。ですので、結果、相互が良好でいられる為にも、この健康の維をする事は、大事な運動と私どもは考えております。

人生のうち、1分~5分お付き合い(装置を入れる時間です)して頂くだけで、口が壊れないのならば、実は、安い治療にもなる気がします。

医療と言え、医業で生計を成り立たせている側のHPです。その事実は、変えようがありません。

だから、あなたが何を、その治療に求められ、期待するのか?
だから、あなたが、どういった考えの治療をお求めになられるのか?

そういった所が大事なのではないかと、思うのです。

何を持って、正しいのかと言うのかは分かりません。
ですが、何かを伝えたいと思っている世界は、多分、何かをあなたに提供できるのではないかと、個人として思うのです。

その何かが、私どもにあるのかは分かりません。

でも、その何かがあればと思うのです。

 毎回、書こうというテーマは正直適当です。ただ、何か触発された時、衝動で書いている気もします。

非定型性歯痛と言う話になると、急に歯切れが悪くなるそんな、お悩み相談を読んだことがあります。もしかしたら、その診断と言う切り口を変えると、また別の世界が、あるかもしれませんよと、紹介してみたくなったのが、去年の話だった気がします。

今回は、たまさか、顎関節症噛み合わせ咬合調整、そんなキーワードを目にしながら、別の見解もあるような気がして、ならば、全く違う見解の異なる世界を紹介してみたら、そして、それが、何かの大きなヒントになれば面白いかもと、思って紹介してみようと思ったに過ぎません。暫くは続けて出してみようと思います。全く違う世界かもしれません。それを、どうお感じになるのもあなたの自由かと思います。目的は、正解を紹介する事ではありません。何かを感じ、知っていただくという世界でしかないです。

当時の悩んだ記憶、悩んだ記録、そういったものを整理しながら、表現をしています。

所詮は個人の世界でしかないです。それが、HPです。
縁があれば、訪ねてください。
知識として感じる物があれば、上手に利用していただければと思うのです。どれを選択するであれ、あなたの責任で判断されれば良いと思うのです。他の見解と比較しながら、考えるもよし。いずれにしろ、あなたの持たれる疑問の何かのヒントになればと思うのです。

そんな気持ちで作っています。
いずれも、許可をいただいた中での世界を紹介しております。
決して、あなたを変えようと思っているのではありません。
考えて、何かを感じる、それで、十分です。
長くなりました。

本当にここまでお付き合いいただき、ありがとうです。

それでは、診療室で。
それでは、また、HPの世界で。

そのうち、また。

んじゃ。

前のページへ 顎歴なはなしトップページへ 医院案内へ

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー