じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

顎関節症は、噛み合わせは関係ないという結論を述べる方を否定する気も、特にありません。
顎関節症に特化して、顎関節だけを考えるのならば、関係が無いという言い方も成立すると思います。
そして、そのコントロールだけで、十分、落ち着く方もいると私は思います。私どもでも、認知行動療法や、生活指導で、落ち着かれる患者もいます。
ポジショナーだけでも、落ち着く患者もいられます。

しかし、これしかないという(関係はない)という、硬直した考え方には、どうなのかなって、個人的には疑問を投げかけたく思います。

顎関節症と、噛み合わせは関係しているという考え方を同時に、否定する気もありません。
ですが、むしろ私は、逆に噛み合わせが、顎関節症に大いに関係しているという考え方の方が、実は、大事なのではないかと思う事があります。

少し、言葉遊びをしてみたく思います。

例えば、噛み合わせと顎関節症は関係が無いという事象を、臨床医が語るとします。
問題は語る対象かと思います。
今回は、患者であるあなた、あるいは、お悩みのあなたと言う所で、捉えてみたく思います。いうなれば、素人相手へのロジカルな展開とでも、言うのでしょうかね?

この場合の納得させる手順は、臨床医の知っている世界を、羅列して、結論はだから、噛み合わせと顎関節症は関係が無いという言い方に終始させる事に大事なポイントがあるのかなって、思う時があります。

しかし、この場合、一個矛盾している事象に、その臨床医も出あう事があるかもしれません。噛み合わせの調整で、いえ、言い方を変えると、少しの咬合調整で、痛みが緩和してしまった場合、この時、何と表現するのだろう。意地悪な発想かもしれませんが、すごく気になる私がいます。

この場合、咬合調整は、有効だが、噛み合わせは関係ないという言い方に、変えるのでしょうか?

では、彼が指す、あるいは、言わんとする噛み合わせとは何か、私は、時々考えます。

咬合調整噛み合わせは関係がない。このように、論理を展開するのかなって思ってしまうのです。

言葉遊びです。
話を変えます。

顎関節症という、顎関節周囲組織に限局させる見方におけば、噛み合わせは絶対に関係はないと、言い切って良いと私も思います。

 しかし、医科においては、繊維筋痛症の中に、顎関節症を含めている事実もあります。そして、その角度から、考えるべきと提唱している歯科医もいます。(リンクを張られている先生です)私は、今の垣根で縛られた世界では、歯科界にある病名から適応病名、あるいは関連化した中で病態を把握すべきと考えています。これは、性格ですから、そんなものと受け止めていただければと思います。

繊維筋痛症とか、自律神経失調症(これも、繊維筋痛症に入る場合もあるから面白いものです)、パニック障害(道場)等々を併発されて、噛み合わせでは無いかと、私どもを訪ねていただく患者もいます。

多分、根は同じもので、人間が勝手に、今立っている地点を、指し示す上で、病名を渡すのかなって考えるのです。(この病名を診断しない事には、治療を開始する事は出来ません)

そんな愁訴をお持ちの方々に、噛み合わせは関係ないという言い方をする事は、当時の私には出来ませんでした。
関係があると受け入れる方が、自然と思いました。そして、言葉遊びをしてみたわけです。実際、受け入れる事は、個人としては大変でしたが、声に耳を傾けると、個人の思い込みは捨てた方が良いと考えたわけです。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー