じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

今は、少し、意識が変わって来ているのかもしれません。
歯医者、歯科医と言う表現で患者と対峙しております。

歯の治療に全力投球する私
歯科医として全身との関わり合いを考える私。

実は、今はこのような意識で物事に対峙するようにしております。

物事を同時に見る事が出来るほど、器用ではないというのが、長くこの咬合治療に携わさせていただいて、行き着いた結論です。

歯を触る(治療する)作業と、身体との整合化を図る作業、性質があまりに異なり過ぎて、同時進行は、同時間の中では出来ないと判断しております。
ですので、機会を分けて対応する事にしております。

今日は、身体だけど、次は歯とか…

ただ、もっぱら、身体を中心に関係性を作って行く作業を、顎位治療期と位置づけております。

ですので、この症例は、
顎位治療期(ポジショナーを主体に身体のバランスを作る)、
顎位・咬合治療期(今回は、矯正を主体に、求める関係性を渡す)
咬合治療期(虫歯と、ブリッジと、審美的治療)
そして、経過観察期間を(この一連の処置のトラブル及び、やり直しの可能性を見極める期間)をおいて、
メインテナンスに入っております。

不思議な事に、筋の関係性を回復していくと、身体が見違えるように健康になるのは、本当のようですし、健康的に維持できるのも、どうも真実のようです。
それと、やはり微妙に骨の関係性も変わって来ているのかなって、思う事もあります。ま、そんな話も、またいずれ紹介してみたく思います。

さらに、不思議と、個人的感想になりますが、噛み合わせと身体と言う話を聞き、身体が治ったという、患者の感想文の紹介を見る事もあるのですが、どこにもその苦労話や、どんな口に治ったかがあまりにも書いていない事、それがいつも、ギャップを感じる事があります。

また、それだけ、すごい治療で、すごいものであるのならば、中々、世の中に紹介されない理由はどこにあるのだろうとも、思う事があります。

 いくつかの原因が考えられるかもしれませんが、一つは、身体との関係性は無いというのが、多くの方の認識である事から、始まっているのかもしれません。

ですので、中々、その報告が出来ない側面があるのかもしれません。審美で、こういう口に生まれ変わったと、すごく分かりやすい、写真集をネットで見る事があります。インプラントで、長年患っていた悩みが解消したという写真集もあります。でも、事、噛み合わせ?といいますか、顎関節症?に関しては、もしかしたら、顎関節症と、噛み合わせ?に関しては、どうして、肝心の口の中は見かけないのだろうと思ったりもするのです。

分かりやすい紹介が中々、見受けられない原因は、まだまだあると思います。ま、よろしければ、考えられて見てください。

私どもが、取り組んでいる治療成績も、実は、このどうしてだろう?何が起きているのだろうという?そんな認識を改め、患者の叫びを一度、あり得ると聞きなおす、先入観からいったん離脱する、そんな自身の常識を覆す、言うなれば、価値観を壊す戦いからまずは、始めた事から、気付けば、変わっていったように思います。振り返ってみると…

長い紹介でしたが、実は、私どもが、特別な事をしている訳でもないです

今既にある歯科の技術を、必死に組み立てなおし、一つの収束する所に追い込んでいくように、そして、顎位が安定するように、そして、顎関節に来る過剰な負担を無くすように、などと、心がけた結果、例えば、この患者のように健康の維持をするのにつながっているだけにしか過ぎません。

基礎に忠実に、それでも、忠実に。

そして、筋の関係性が、疲労で崩れ始め、全身に影響を与え、結果、パターンジェネレーターの収束関係がおかしくなる前に、ポジショナーで、守る。デンタルサイクルに、陥らないよう、一日も長く自分の歯でいられるように維持に協力する。

これが、私どもが考える、ジャンル的にいうと、咬合治療になると思います。
そして、見方を変えれば、顎関節症からの回復をさせる行き着いた一つの方法になるのかと思っています。どうぞ、色々なHPと比較されてください。あくまでも、個人のHPにしか過ぎません。そして、何かをお持ち帰りください。そんな何かがあれば、嬉しく思います。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー