じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

多分、この話を触れる際、では、自律神経のお話は?なんて、感の鋭い方は思われているかもしれません。どこかで、気が向いたら、その神経系のお話も、サクッとではなく、どしっと、触れたく思いますが、暫くは触れずにいたいと思います。(この世界もまた、どうして、ディープな世界です。紹介は本当に大変かもしれません。)

さて、何に着目をしているかと言うお話でしたね。
先に、咬合を構成する因子、咬合に関連して起こる機能性の因子、咬合に影響を及ぼす可能性のある関連因子等々を考えるべきだと言うお話をしました。

咬合を構成する因子には、5つ(顎位、平面、アーチ、高径、歯の形態)と言う、口腔組織を見てみると、存在します。
例えば、矯正する際、その歯牙がどの形質をお持ちか考える必要性が出てくる事もあります。
例えば、進化、あるいは、ルーツ(この場合ルーツの方が適正かもしれません)を探った場合、私達は、縄文系と弥生系の二つの種の混血と言う事が出来ます。この混血性が故に、歯牙に与える負担性も、実は、決める必要性がある場合もあります。

言い方を変えれば、限界があるという言い方の方が正しいのかもしれません。ルーツにより、根の長さに、歯の大きさに、実は、様々な個性があるのですね。

歯の高さを作る上で、引っ張り出す事は、出来ない。もともと、初診時は、噛み込みが深かったのですね。その中で、どういった、方法を取るか悩んだわけです。
歯は小さい。
高径を上げる際、(噛み込みを浅くする為に)顎位関係をコントロールして、帳尻を合わせるか?
根は短い。
歯冠、歯根比においては、慎重に見極める必要性がある。

 短い根に過重の負荷を与え難い。
免疫的側面に立てば、早速にでも歯、あるいは、歯周組織にトラブルが出る可能性がある。
モレキュラーミミクリーの世界かもしれません。
デンタルコンプレッションシンドロームの世界かもしれません。
用語については、その内に、また。ま、さておき…

咬合に関連する因子には、口の筋(咀嚼筋、表情筋等々あるのかもしれません)顔を構成する骨も、頭を支える骨、etc. (ごめんなさい。この世界の表現と、言葉探しに挫折してしまいました。ですので、またの機会に、挑戦します。今回は雰囲気と言う事で…)

唯、一個だけ。
歩くとき、良しければ、後ろに手を回して、手の位置は、そうですね。頑張って肩甲骨の下あたりに手を置いてみてください。歩く際、そこいらの筋肉、ぴくぴく動きませんか?面白くありませんか?

動き

この理由をスポーツ工学(運動工学)に精通されている方、整体の方、勿論、そのエキスパートのドクターも語れると思いますよ。専門家であれば…

興味深い事に、例えば、食べる時(座って普通に)ひざより下に手を誰かに当ててもらって、実は、膝から下の筋肉がピクピク動く事、御存知でしたか?触る場所、見つけ方にもよりますが…

調子が悪い、俗に言うトリガー近辺も、誰かに触ってもらって、食べてみると、面白いかもしれません。そこだけ動かないとか、異常に変な動きをするとか…
これ以上は、今回は内緒。また、気が向いた時にでも。

筋・骨格系の疾患と言う表現も、あながち、間違いではないと思いますよ。
こんな現象を、見てしまうとね。そして、当然、筋・骨格系の疾患と、いい着目をされている歯科医の先生方にも、当然ながら知っておいて欲しく思うのです。

そういった現象も知られずに、筋肉の疾患だとか、首だけに着目されても、その実、波及範囲が身体に拡がっている場合、なかなかどうして難しいのかもしれません。

問題は、何故、拡がり、そして、どのように対応していくか、多分、ここいらがポイントなのだと、私は思っております。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー