じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。
じっくりと事を進め、急がず、確実に。これが当院のスタンスです。

2014.12.04更新

もし、あなたが、顎関節症になって、顎も痛いが、***と言う自覚を持ったとされても、臨床所見を、保険解釈上では、(少なくとも現行では)残念ですが、該当する科が違う事になる気がします。

前のページ参照。

この訴えを一つの病態と捉えられるか?そして、時に他科との連携も考えながら行うのか、ここに大きなポイントが生じる気がします。
あるいは、一つの病態と捉え、何かが始まる場合もあるかもしれません。

Aと、Bを一つに捉える事も難しいさなか、どうしてCという所まで、絡めて考える事が出来るでしょうか?

全く関係性がこの表記の仕方、図示の仕方では、関係性はない事になってしまいます。

どうも、私自身、現場の混乱は、図示をすると、こんな風になってしまう所から、患者と(もしかしたら、興味があるだけのあなた自身の)歯医者の、すれ違いが生まれるのでは無いかと、考えるようになっております。私自身、何度もこんな図を書いて、苦笑いと、ため息の連続でした。

この図示した捉え方で、現場サイドが捉える限り、必ず、答えは一つになると思います。

噛み合わせと、顎関節症に関係性はない。
あるいは、
噛み合わせと、顎関節症は、関係性が強くあるとは言い難い。

こんな表現に、集約されていくような気がします。

付随症候群を、首まで認める場合(この頃の研究成果では、その関係性を示唆するところまで来ている)、首が、その秘密だというセンセーショナルな見解も出てくるのかもしれません。

その一方で、例えば、繊維筋痛症と言うくくりの中では、この付随症候群は,飲み込まれて、病態としては存在し得る事も出来ます。

果てはて、困り切りませんか?
こんな、文章が目の前にあれば。
なら、悩んでいる、苦しんでいる患者は、どうすればいいの?

一つ、ここで確認をしておいてください。
これは、あくまでも、個人のHPでしかないです。
目的は、知識なり何かを、持って帰ってくださいというスタンスです。
また、縁があり、興味があれば、どうぞ、訪ねてくださいというスタンスでしかないです。

だから、あくまでも、知識と言う世界で捉えて欲しいのです。
もしかしたら、ヒントになる何かを書いてあるかもしれません。

 話を戻します。この図示で、また、別の疑問も、私には出てきました。
顎関節症の場合、スプリント(総称ですので、器具名は、ここに違うかもしれません)を、入れるというのが、一つの開放と歯医者の共有している方法です。(その治療法に精通しているか、あるいは、採用されているかと言う議論ではありません)

但し、このスプリントは、必ず、この装置を介して、噛み合っているという事実があります。

では、何故、この噛みあっているという事実は、取り残されるのでしょうか?

ここが、大きな当時の疑問でした。

今回は、ここまでとします。
結構、長い世界を読んでいただき、ありがとうございます。
飛ばし読みのあなたにも、最後までお付き合いしていただけたあなたにも、感謝します。
そして、やはり、同じ事を入れます。気分で、またお付き合いください。

前のページへ 次のページへ

投稿者: こすが歯科医院

顎関節症の症例 噛む絵本 当院の読み物 ポジショナー